カテゴリー別アーカイブ: 授業・学習

機械科3年 課題研究「車椅子の整備」について

前年度に引き続き課題研究「車椅子の整備」を3年生79名に紹介したところ、平成26年度は10名(内女子1名)の生徒が1年間、岡山市内の医療機関に出かけて校外学習の一環としてボランティアをすることになりました。

 最初の取り組みは、5月12日(月)4校時から6校時で、岡山市北区伊島町の岡山中央病院に出かけました。比較的新しい車椅子が多く、一般タイプの車椅子を10台、電動タイプと介助タイプを1台ずつ計12台の整備に取り組みました。当日は、余裕を持ってマニュアルに沿って取り組むことができました。親切な病院のスタッフの方の応対にも感謝しています。

 5月は、19日(月)に岡山市北区清心町の福島内科医院、26日(月)に同北区伊島町のセントラルクリニック伊島へ課題研究「車椅子の整備」ボランティアに出かける予定です。

機械車椅子1 機械車椅子2

 

建築科3年課題研究 校外授業

 4月30日に、建築家3年課題研究の授業で(株)荒木組が施工中のリビングコートプライム京山新築工事の現場を見学に行きました。
 事務所で工事概要や建設業の仕組みについて説明していただきました。続いて現場に出て安全管理について説明を受け、3階の型枠・鉄筋組立の現場の説明を見学させていただきました。
 その後、事務所に戻り、質疑応答、建築現場での苦労や喜びがあること、現場での心構えなどの話をしていただき、授業では知ることのできないことを学べて有意義な時間を過ごしました。

 お忙しい中、現場見学を快くお受けくださった荒木組小林所長をはじめ、多くの関係の方々に心より感謝申し上げます。

睡眠に関する講演会を開催しました

1月22日(水)6校時に、1年生対象の保健指導講演会を開催しました。

P1080901  P1080907

  • 演題:「Mr.ほのぼのが脳科学からやさしく伝える 君の脳力、カッコイイ、カワイイをアップする!眠りの生活習慣はコレだ!」
  • 講師:保野(ほの)孝弘先生(川崎医療福祉大学医療福祉学部臨床心理学科教授)

講演中、生徒たちは手元の資料をほぼ見ることなく、壇上の保野先生とプロジェクターで映し出された映像にしっかり集中して講演を聞きました。保野先生の巧みな話術によって、1年生全体がぐいっと引き込まれていくようでした。

クイズや外国との比較を通して、日本の若者がいかに睡眠不足かということが分かりました。「1日学校で過ごして帰宅した際は疲れて眠くなることがあるだろうけど、できるだけ夕方に睡眠をとることは控え、その分、夜にしっかり睡眠をとるように」とのことでした。また、休みの日は起床時間が遅くなってしまいがちですが、いつも通り起床する方が身体のリズムをつくりやすいそうです。25時間のサイクルで動いている人間の体内時計は、朝の日光を浴びることによって、24時間のサイクルになるそうです。みなさん、朝しっかり太陽の光をあびて、自分の体内時計を調節していきましょう!

保野先生、とても楽しい講演をありがとうございました。

国語の授業で百人一首をしました。

P10808861年生の国語の授業で、百人一首かるたをしました。
百人一首の撰者や、内容についての説明を受けた後、かるたを並べると華やかな新春の雰囲気に。
百人一首かるたの取り方には、①個人戦 ②源平戦 ③ばらとり戦 がありますが、今回は源平戦をしました。
源平戦は数人が「源平」の2組に分かれ、双方の持ち札を50枚ずつにし、早くなくなった方を勝ちとします。自分のチームの陣地(持ち札)を自分のチームの人が取ればそのまま、相手チームの陣地の札を取った場合は自分の陣地から1枚相手チームに送ります。
最初は札を探すのが大変そうでしたが、すぐに慣れて熱い戦いが繰り広げられました。
3学期の始まりにあたり、日本の伝統文化に触れた1年生でした。

P1080887 P1080890 P1080889

P1080891 P1080896 P1080897

進路ガイダンス・講演会を行いました

11月20日(水)の午後、保護者の方への授業公開と、1・2年生対象の進路ガイダンスがありました。

P1020020  P1020015  P1020018

2年生は5、6校時、進学・就職それぞれの講演を20~30分聞いた後、各々の進路希望に分かれてガイダンスを受けました。1年生は、6校時に体育館で「進路実現を目指して」という講演を聞きました。

どの会場にも保護者の方が多数参加されていて、進路についての関心の高さがうかがえました。生徒の皆さんには、これを機会に進路への意識を高め、必要な情報を集めていってもらいたいと思います。

今回の進路ガイダンスにご尽力いただきました皆様、ありがとうございました。

 

デザイン科所蔵ポスターを使って授業しました

ポスタ29月24日(火)、デザイン科1年生の実習で、デザイン科に保管されている歴史的なポスターを使って、ポスターの起源、ポスター表現の過去・現在・未来について学ぶ授業がありました。

授業で使ったのは、昭和23年(1948年)戦後の復興祭ポスター、昭和37年(1962年)の最初の岡山国体のポスター、そして今から49年前、昭和39年(1964年)の東京オリンピックのポスターなどの実物です。

東京オリンピックのポスターは、当時の日本のグラフィックデザインの実力を世界にアピールした名作として知られています。デザイン科には、太陽をモチーフとした東京オリンピック第1号ポスターから、陸上競技・水泳・聖火ランナーの写真を使った第2~4号ポスターまで、全て保管されています。

ポスタ1

実際にポスターを見た生徒からは、「初めて東京オリンピックのポスターを見たが迫力があった」「約50年前のポスターなのに今見ても全然古く感じない」「1960年代の日本のグラフィックデザインの素晴らしさがわかった」という感想が聞かれました。

デザイン科1年生が池田動物園で校外学習

 

DSC_00359月11日(水)、デザイン科1年生が岡工近くの池田動物園へ行き、「デザインサーベイ(デザイン調査)」の学習をしました。これは、実習の授業の中の、「イラストマップ」と「ピクトグラム(絵文字)」をデザインする課題のための調査で、実際の園内の様子、施設の位置やマップに必要な情報は何かなどについて、写真を撮影したり、スケッチをしたりして調べました。

DSC_0041DSC_0042DSC_0043

この後、調査した内容からアイデア展開をし、イラストマップとピクトグラムを制作していきます。

詳しい内容についてはデザイン科ホームページでご覧ください。

デザイン科2年生「難波仁斎回顧展」を見学

7月12日(金)、デザイン科2年生が校外学習で岡山県立美術館を訪れ、「漆工芸家難波仁斎 生誕110周年回顧展」を見学しました。難波仁斎氏は岡工の塗工科(現デザイン科)の卒業生で、デザイン科の生徒にとっては大先輩に当たる方です。

DSCN2367insai-2

展示では岡工所蔵の手文庫「薫風」や、盆、なつめ等の作品のほか、ふだんは見られない制作のための下絵のスケッチや「手板」といわれる試作などの資料も見ることができました。

生徒からは「ふだん漆工芸品は見たことなかったが、繊細な絵柄に見入ってしまった」「機械のように正確に文様が描かれているのにびっくりした」「下絵スケッチを見て本当にデッサンが上手いと思った」・・という感想が聞かれました。