カテゴリー別アーカイブ: LHR・総合的な探究

【人権教育】3年生人権教育LHR「ハラスメントを防ぐには」

 10月27日水曜日に3年生を対象に人権教育LHRを実施しました。 「ハラスメントを防ぐには」という演題で、岡山社会保険労務士会の鈴木様に講演をしていただきました。
 講師の方から「ハラスメントをなくすには、まず知ることが大切です。実はハラスメントに関する相談件数は年々増加しています。うつ病などの精神障害を発病し、労災補償を受けるケースも年々増加しています。つまり、誰にでも起こる可能性があり、どの職場でも起こる可能性がある。誰もが、加害者、被害者になる可能性があるので、誰もが、ハラスメントについて知っておくことが大切」と教えてもらいました。
 次に、ハラスメントをなくすにはどうすればよいかを考えました。加害者にならないためには、「思いこみに注意や相手の気持ちや立場を尊重することが大切」、被害者にならないために「意思表示をする(嫌な気持ちをしたことや、傷ついたことをはっきり伝える)、どんなことをされたのか記録する、周囲に相談する、外部の相談窓口に相談する(新卒応援ハローワークや、労働相談コーナー)」などがあります。意思表示をすることは効果的ではあります、しかし、できない人もたくさんいると思います。「上手に断れない自分を責めてはいけない、断れなかった自分は悪くはない」という考え方も知れて安心する生徒もいました。
 ハラスメントのない職場環境を、自分自身が作ることもできます。ハラスメントの起きている職場では、コミュニケーションが少ないという特徴があります。職場でのコミュニケーションとは、「挨拶をする、きちんと返事をする、必要な報告や連絡を忘れずにする、相手の話はさえぎらないでよく聞く、自分の思いや考えを伝えるときは、相手の気持ちや立場にも配慮する」などがあります。これらは本校の先生方や生徒のみんなも普段から心がけていたことでした。
 最後に、職場の人間関係の基本として、「お互いに、思いや考えを伝え合う。お互いを尊重する。お互いの違いを認め合うことが大切です。安心して働ける仕組みづくりを会社がするように法律で決まっています。つらいときには、一人で悩まずに、周りに相談してください。皆さん一人一人が大切な存在です。自分を大切に!相手も大切に!皆様の充実した明るい職業生活を心からお祈りしております。」と言っていただきました。
 生徒の振り返りでは、「みんな得意・不得意なことは違うから、自分が簡単にできることでも、できない人もいるということを、みんなが理解していけばハラスメントは防げると思った。」「コミュニケーションをとる際に、言葉遣いや態度に気をつける。社会の中で生きる上で気を抜かずに生活する。」「(相手の人が)自分の思い通りにならないのは当然なのだから、感情的にならず落ち着いて対処する。」「会社内で相談できる人間が多くなるように、職場内での交流を積極的におこない、お互いの思いや考えをしっかりと伝え合う。」などたくさんのことを生徒は考えてくれました。

【総合的な探究の時間】チームアイデアをより深いものに

令和3年10月27日(水)2年生の総合的な探究の時間はOCPです。前回の投稿では「各チームにおいて最も共感を得たアイデアを自分たちのチームアイデアとし、今後はそのアイデアに手を加えながら、12月の応募へとつなげます。」とお伝えしていましたが、今回はいよいよチームアイデアが決定し、クラス全員の前で行うプレゼンテーションのために、より深い内容のプレゼンテーションづくりに勤しんでいます。

このプログラムの特徴は、なんといっても生徒の主体的で対話的な学習ができることにあります。先生方は最初生徒の活動が軌道に乗るまでは様々なサポートを行いますが、今では基本は生徒の「困った」が発信されたときに対応したり、全体連絡をしたりするくらいになりました。主体的に取り組めている生徒の成長が嬉しいですね。
今日はアイデアコンテスト用のケント紙も配布され、いよいよ本格的に応募に向け、新たなスタートをきった一日でした。

【総合的な探究の時間】デザインコンテストのアイデアを提案します

令和3年10月6日(水)総合的な探究の時間ではOCP活動として取組んでいる、「デザインコンテスト」のアイデア発表を行いました。

先週までのこの授業は、12月に応募するアイデアコンテストに向けてまずは個人でアイデアを練っていました。そして今日からはこのプログラムの最も盛り上がってくる「チーム学習」へと移行し、各自で持ち寄ったアイデアをそれぞれ提案しました。各チームにおいて最も共感を得たアイデアを自分たちのチームアイデアとし、今後はそのアイデアに手を加えながら、12月の応募へとつなげます。

この総合的な探究の時間では、課題解決学習の手法や協働の手法について、体験を通して学んでいきます。その学んだ手法を3年次での課題研究やその他の活動で活かしていくようになります。「何を学び、どこで活かすのか。」学年を超えて学んでいく…持続可能な学びとなっていきそうです。

【LHR】各クラスで防災避難訓練を実施しました

 本日令和3年9月15日(水)6時間目のLHRの時間に、全校生徒を対象とした「地震時における避難訓練」を、各教室において実施しました。 

 まずはクラス担任が資料を用いて、校内における地震時の避難方法や様々な側面から、安心安全な行動について説明がありました。その後、緊急地震速報(訓練)が鳴り、教頭先生からの指示放送が入り、机の下に体を入れて身を守る行動をとりました。どのクラスも真剣に取組んでいる様子でした。

 その後、校長先生から、日々できる「習慣」と様々な事柄に対して「想像力」を発揮することが大切であるというお話しをはじめ、工業高校ならではの、「危険予知」と「安全教育」についての講話がありました。「『これくらいならいいだろう、ばれなければいいだろう』が命取りになる」という言葉は、生徒も改めて考えさせられたことでしょう。 「自分たちひとりひとりが正しい知識をもち、日々の安全を確保することで、家族や大切な仲間を守ろう。」と締めくくられました。

 最後にクラスで振り返りと、その他の事象(津波や土砂崩れなど)での対応について、シミュレーションをして終わりました。 有事の際に今回の経験が活かされることを願うとともに、有事が発生しないことを心から願うばかりです。

【人権教育】LHR「ユニバーサルデザインという考え方」

 1年生対象の人権教育LHRは、「ユニバーサルデザインという考え方」という演題で、本校デザイン科の山形先生に講演をしていただきました。
 1950年代にデンマークの行政官であるエリック・バンク・ミケルセンが「ノーマライゼーション」の概念を提唱しました。「障がいのある人は、障がいのある人だけが暮らしやすい施設隔離すべきなのか。それでは収容所と同じではないか。障がいを持っていても均等に当たり前に生活できる社会こそがノーマルな社会である」と唱えました。
 1980年代にはアメリカの建築家・工業デザイナーであるロナルド・メイスが「ユニバーサルデザイン」の概念を提唱しました。「標準的な設備・製品と障害のある人が使う設備・製品を区別して作るのではなく、はじめから多様な人が使える設備・製品のデザインを考えるべきである」と唱えました。
 現在は、マイノリティのために考えられたデザインが一般化している事例があります。牛乳パックの凹みやシャンプーボトルのギザギザなど、たくさんの事例があります。今日の講演を踏まえて、日常の製品の中にどのような配慮がなされているか見つけてみようと考えてくれた生徒がいました。
 生徒の振り返りでは、「ユニバーサルデザインは、不自由な人のためにあるデザインだと思っていたが、誰もが使いやすいデザインであることを知りました。街に出てみていろんなところにきっとユニバーサルデザインがあるはずなので探してみようと思いました。」「世の中にはまだまだ実は使いやすくない製品や道具があると思うので、これから自分の力でみんなが使いやすい物を、いろいろな視点を持って考えていきたいと思った。」「日常にあるユニバーサルデザインの製品が誕生する話を調べてみようと思う。将来自分が「ものづくり」をする際に、すべての人に配慮した製品を思考・製作できる人材になりたいと思った」など、今回の勉強が将来の「ものづくり」への力に繋がってくれました。
 ユニバーサルデザインとは、これから「ものづくり」に携わるすべての人に必要な考え方です。将来おこなう「ものづくり」は、誰かに使ってもらう、誰かに見てもらう、誰かのために思考・製作することになると思います。自分だけの価値観や考え方を問い直すことが、「ものづくり」をおこなう上でも大切であることを伝えました。
 この講演で学んだことを活かすために、「片手で空けるペットボトルのデザインを考えよう」という課題を出しました。生徒達がどのようなアイデアを出してくれるか楽しみにしています。

【学校行事】主権者教育

 本日令和3年6月2日(水)総合的な探究の時間において「主権者教育」が行われました。本来ですと、体育館にて講師の先生からの講演を聴きながら進める予定でしたが、グーグルのmeet機能で各教室をつなぎ実施しました。

 今回は「法律(ルール)は誰の、何のためにあるのか。」が大きなテーマでした。ワークシートを用いて説明を聞き、自分の考えをまとめました。 その後、講師の肥田弘昭法律事務所の肥田様より、「コロナ禍における営業自粛」や法律についてのお話しを聞きました。                                                   生徒はその話を聞いた上で、「営業する権利」を尊重すべきか、はたまた「人の命」を尊重すべきか…など、かなり踏み込んだことを考え、周りの友達と簡単なディスカッションを行いました。                                             最後のワークは自分たちの身の回りにある「困りごと」を書き出し、その困りごとをどう解決するのかを考えました。「こんな法律があると嬉しい」という見方から、考えていきました。 ある生徒は、「髪型は自由がいい。長くてもOKにしてほしい。」ということを口にしていました。すると隣の生徒は「いや、長いのは衛生的にもよくないだろ、ツーブロックなら・・・。」などと、自分たちの生活に身近な校則について話し合ったりしていました。 また、「自分の通学路には街灯が少なくて危ない。カーブミラーを設置して欲しい場所がある」「自転車でのマスク着用はしないといけないが、苦しいときがある。何かいい方法はないか。」「現在経営が苦しい映画業界で、1日何回でも見放題の映画館を作れば、売り上げが伸びるかも」と困りごととその解決策をたくさん考えてくれました。生徒が考えた意見は、関係機関に提出して、その賛否を聞いてみようと思います。

  「主権者教育」という言葉だけ聞くと、高校生とってはなかなか身近に感じることが難しいかもしれません。しかし、私たちの安心安全な生活を守ってくれる法律(ルール)の大切さを学ぶとなると、前向きにとらえられる生徒もいました。 18歳で選挙権を手にする彼らにとって、在学中に知っておくべき内容です。今回の時間をきっかけに、「他人事から自分事」に感じられる生徒が増えてきてほしいものです。

  次回の主権者教育は2学期です。今回の生徒の意見の中からユニークなものを数点選び、どれが最も賛同を得るのか投票によって決めていくというプログラムを予定しています。

【人権教育】3年生人権LHR

今回3年次を対象に、「働く上で起こりうる労働問題」という演題で、岡山労働局の労働基準監督官の方に講演をしていただきました。昨年からの新型コロナウィルス感染症の影響で労働問題に関する相談件数は過去最大となっています。利益が求められる会社において、しばしば不当な労働環境が出てくる時があります。そのような事態に自分達が陥ってしまったら、どのような対応をすればよいかを考えました。
まず、「最低賃金制度はどうしてあるのか」「有給休暇の取得がどうして原則義務化されるようになったのか」「仕事を辞めたいときや辞めさせてもらえないときはどうすればよいか」など、生徒同士で考えました。その後、何か困ったことがあれば、ひとりで抱え込まず、周りの人に相談することが大切であると学びました。各都道府県には労働基準監督署や総合労働相談コーナーなど、相談できる専門機関があります。また、一緒に働く同僚の助け合いが、「過労死」や「ハラスメント」など自分や仲間を不幸にしないために大切であると伝えました。

事前に生徒に質問したところ、「大卒の人と待遇に差があるか心配」「ミスをしてしまったらどうしようかと不安」という声がありました。そこで、「大卒と高卒の待遇差はない。正規社員と非正規社員にも待遇差はない。もしあればそれは法律違反である。」「ミスはあなたの責任ではなく、会社の責任。ミスをしても解雇されることはない。ミスが起こらないように分からないことは聞く。」など、法律を絡めて安心して仕事をすれば大丈夫と伝えました。

生徒の感想では、「労働者側の考えや行動にも企業の違反を助長する原因を与えてしまう可能性がある」「不安な気持ちもあるが、社会人になるという楽しみもある。(助けてくれる機関があるので)一生懸命仕事に励んでいきたい」「上司に言われたことがすべて正しいと思わず、人権を踏みにじられるようなパワハラがあれば誰かに相談する」「(労基違反を)周りがやっているからという理由で同調するのはよくない。自分で判断することが大切」と考えてくれました。
最後に3年生のみなさん、働くことは苦痛をともなうことではありません。働くことは元来、自分で考え自分で作ったものが社会に貢献する非常に崇高なことです。岡工で身につけた技術を大いに発揮して、助け合いの精神を持った社会人としてこれからも頑張ってください。

【総合的な探究の時間】主権者教育

2年生を対象に主権者教育をおこないました

2年次生を対象に主権者教育をおこないました。
山陽学園大学の澤先生と岡山市選挙管理委員会事務局の長谷川さんの両名を特別講師として、「地方自治体の仕組みと役割 模擬投票とともに考える」をテーマに授業をおこないました。以前の主権者教育の授業で「みんなが困っていることを考えよう。その困っていることを解決するためには、どのような条例やルールを制定すればよいだろうか」を考えました。今回はその問題解決のために生徒が考えてくれた3つの条例案を住民投票にかけ、各自のスマートフォンから投票をおこない賛否を問うことにしました。
 「被害者にも加害者にもならないために、自転車を運転する者は乗車用ヘルメットを着用しなければならない」という条例案は賛成28%、反対72%となり否決されました。しかし、本校の教職員にも同様の住民投票をしたところ賛成68%、反対32%と真逆の結果となり、このことから、10代の意見と全年代の意見の相違は異なることを指摘しました。異なるからといってその政策を諦めるのではなく、異なる意見と対話を続けていくことが大切だと伝えました。
また、「自転車専用通行帯の整備や通学時間帯の交通規制、ガードレールの設置、道路異常の解消など岡山県立岡山工業高等学校の周辺環境改善事業を実施することに、各自500円を毎月負担する」では、賛成19%、反対81%となり、「小学校の児童によるオンラインゲームなどのコンピュータゲームの利用時間を1日1時間に制限する」では、賛成44%、反対56%と拮抗した結果となりました。その条例を考えた生徒、賛成討論・反対討論をしっかりと理論立てておこなってくれた生徒の姿は実に立派なものでした。

主権者教育とは「投票行動を普及させていくものではなく、自分の周りで困っていることを解決するためにはどのような方法や手段があるか考える授業である」と伝え、今後有権者となる2年生達に、よりよい社会にするためには対話が重要で、みんなで作りあげることの大切さを勉強しました。