カテゴリー別アーカイブ: 国際交流

【国際交流】カンボジア姉妹校とビデオ通話で交流

 11月29日に、カンボジアにある本校の姉妹校「バベット高校」の生徒約100名と、デザイン科2年の生徒約40名が、ビデオ通話で交流活動を行いました。活動は英語の授業で行われ、両校の生徒たちは英語で自己紹介をしたり、お互いに質問をしあったりして約30分間の交流を楽しみました。以下に、デザイン科2年の生徒の感想を紹介します。

  • 話したときはとても緊張したけれど、真剣に聞いてくれたので嬉しかった。
  • 手を振ってくれたり、反応をしてくれたりしたので、気軽に話すことができた。楽しかった。自分は(代表者として)話してはいないけれど、すごく楽しい時間だった。自分ももっと英語が話せるようになってしゃべってみたいと思った。英語を話している人がかっこよく見えた。
  • 英語に少し訛りがあった。たぶん相手も日本の英語は訛りがあるように聞こえていたのだろうなと思った。
  • カンボジアの生徒はみんな優しそうで、英語がそんなに話せなくても大丈夫な気がした。
  • 英語を話すことができれば、他国の人と通じ合えるということを実感することができた。
  • (カンボジアの生徒は)みんなかわいかった。友だちになりたいと思った。
  • 場所が違うだけで、自分と何も変わらないと学んだ。たぶんカンボジアへ行っても現地の人と仲良くできると思う。好印象を受けた。
  • あまりカンボジアに興味がなかったけれど、実際にカンボジアに行ってみたいと思った。
  • 初めてこのような授業をしてみてとてもおもしろかった。海外の人とこんな形で通じるなんて思わなかったのでいい経験になった。

【グローバル】台湾三星中学校が再度訪問

 528日(火)朝9時に、高知県での研修から再度本校へ立ち寄っていただきました。この日の目的は、情報技術科の授業見学です。到着後、歓迎セレモニーを会議室で行い、本校を代表して吉田教頭が得意の英語と中国語で歓迎の言葉を述べると、緊張もほぐれ和やかな雰囲気となりました。三星中学校校長先生から沢山のお土産を頂き、本校からは各専門科が作ったお土産をプレゼントしました。

情報技術科2年生プログラミング実習の見学中、生徒の皆さんがとても熱心にパソコンの画面に見入っている姿が強く印象に残りました。

1時間半という短い時間でしたが、本校にとっても有意義な交流となりました。今後も、機会を見つけて交流を続けていきたいと思います。

 

 

【グローバル】台湾三星中学校視察団

 5月24日(金)放課後、台湾三星中学校の視察団が本校を訪問してくれました。この日は、視察団の生徒の中に野球をやっている生徒が2名いるということで、本校野球部の練習見学を行うことになりました。ピッチングを披露してもらったり記念ボールを頂いたり、記念写真など、ほんの一時ですが思いがけない国際交流の場となりました。この後高知県へ行き、また28日(火)午前中には本校の授業を見学して岡山空港から台湾へ帰る予定になっています。

 

【国際交流】第1回カンボジア姉妹校訪問研修(3~4日目)

平成31年3月23日(土)から3月26日(火)にかけて行われた、第1回カンボジア姉妹校訪問研修の三日目から四日目の様子をお伝えします。

三日目は、姉妹校であるバベット高校を訪問しました。早朝にホテルを出発し、首都プノンペンを出て、スバイリエン州にあるバベット市まで車で約3時間半の道のりです。

バベット高校に到着すると、校門から校庭まで教職員と生徒が集まって出迎えてくださいました。

校内見学、授業見学をした後、互いの文化や学校を紹介する英語のプレゼンを行いました。岡工の生徒は、分かりやすくパワーポイントで示しながら、堂々とプレゼンを行うことができました。

歓迎セレモニーとプレゼント交換を行いました。

昼食をご馳走になりました。とてもおいしかったです。

 

あっという間に時間が過ぎ、お別れの時間になりました。3日間の交流を通し、生徒同士はとても仲良くなっていたため、互いに名残惜しい気持ちでいっぱいでした。

 

研修の最後は、経済特区の視察です。日系企業を車窓から見学し、特区の職員の方から貴重なお話を聞くことができました。

いよいよカンボジアとお別れです。この日の夜のうちに経由地であるベトナムのホーチミンに到着し、夜中のフライトを経て、翌朝日本へ帰国しました。実り多き研修となりました。

 

参加生徒の日記の一部を紹介します。

 

「バベット高校に着いたら、ほぼ全校生徒が迎えてくれてとても嬉しかった。授業見学をして、教科書がない授業があったりして、まだまだ遅れていることを実感した。数学は日本と同じような内容だった。日本人とは違って、寝ずにまじめに勉強していた。これには感心した。」

 

「生徒と話せて写真も撮れて交流がしっかりできた。時間が短すぎた。もうちょっといたかった。」

 

「経済特区では、日本人の方の話を聞いて、今後の人生の参考になった。海外に出て、日本を見たい。海外で生活したいと思った。」

 

【国際交流】第1回カンボジア姉妹校訪問研修(2日目)

平成31年3月23日(土)から3月26日(火)にかけて行われた、第1回カンボジア姉妹校訪問研修の二日目の様子をお伝えします。

 

この日は、まずNGO(NPO)法人のHeart of Gold(ハート・オブ・ゴールド)が行っている障害者アスリートの支援の様子を見せていただくため、オリンピック・スタジアムを訪れました。

それから、姉妹校であるバベット高校の教員及び生徒約20名と合流し、トゥールスレン博物館へ行きました。ポル・ポト政権の下で使用された収容所が博物館として保存されており、拷問や虐殺の痕が生々しく残されていました。

 

一通り見終わると、休憩がてら交流タイム。バベット高校の生徒は、普段日本人と接する機会がないため、研修中はいつでも岡工の生徒の周りに集まってきてくれました。

昼食場所のレストランでも、たくさん交流することができました。

午後は、国立博物館と王宮を訪れました。カンボジアの歴史や文化、芸術に触れることができました。

それから、イオン1号店を訪れ、ここで一旦バベット高校の生徒とはお別れ。互いの顔も覚え、好きな教科や将来の夢などいろいろなトピックで会話を交わしたことで、ずいぶんと距離が縮まったように見えました。

 

 

最後に、セントラル・マーケットを見学しました。現地ガイドのアドバイスに従い、英語での値段交渉に挑戦しました。いろいろな土産品や服、アクセサリーなどがあり、見ているだけで楽しめる場所でした。

 

この日の参加生徒の日記の一部を紹介します。

 

「トゥールスレン博物館は残忍な光景を(写真やイラストで)実際に見ることができ、ポル・ポト政権について深いとこまで知ることができた。途中で見るのがきつくなった。カンボジアに行く人は(この博物館へ)行った方がいい。」

 

「段々と積極的に話せるようになった。たまに、自分の言いたいことが単語として出てこない、もしくは分からない時、ものすごくもどかしかった。そういう部分が言えるように、英語を勉強することへの意欲がわいた。」

 

「カンボジアには日本にない考え方があるということが、全体を通して分かったように思う。寛容で、少し自由で、笑顔で溢れていて、とても良い国だと感じた。 

 

 

【国際交流】第1回カンボジア姉妹校訪問研修(1日目)

平成31年3月23日(土)から3月26日(火)にかけて、第1回目となるカンボジア姉妹校訪問研修を行いました。これは、昨年姉妹校締結をしたカンボジアにあるバベット高校という工業高校を訪問する研修で、今回は3名の生徒が参加してくれました。まずは、一日目の様子をお伝えします。

3月23日(土)は、早朝に岡山を出発し、新幹線とJRを乗り継いで関西国際空港へ向かいました。

関西国際空港から約6時間かけて、まずベトナムのホーチミンに到着。ここでトランジットです。待ち時間の間、ベトナムの空港内にあるショップを少し見ることができました。

飛行機を乗り継いで、ベトナムから約1時間でカンボジアのプノンペンに到着しました。プノンペン国際空港を出ると、姉妹校であるバベット高校の教員と生徒約20名から歓迎を受けました。姉妹校の生徒たちは、人懐っこい笑顔でたくさん話しかけてくれました。想像以上に流暢な英語で熱心にコミュニケーションをとってくれる現地の生徒に、少し圧倒されてしまいましたが、温かい歓迎がとても嬉しかったです。

夜は、レストランでクメール料理を堪能しました。日本人の口にも合い、とてもおいしかったです。

この日の参加生徒の日記の一部を紹介します。

 

「プノンペン市内は、日本、中国、韓国などの企業がたくさん入っているため、クメール語、英語以外の文字が多く見受けられた。…市内のいたるところで工事が行われており、今まさに発展していっている様子を見ることができた。」

 

「カンボジアに着いたとき、バベット高校の代表の方々が、温かく迎え入れてくださり、とても嬉しかった。生徒さんも積極的すぎるくらい、たくさん質問してくれて、楽しかった。今日はバベットの生徒さんに多く話してもらったので、明日は自分から声をかけたり、質問をしたりして、交流を深めていけたらと考えている。」

【国際交流】カンボジア姉妹校訪問研修の壮行会

3月20日に、カンボジア姉妹校訪問研修の壮行会が行われました。参加者三名は、「貴重な体験からしっかり学びたい」と意気込みを述べました。研修の参加者は、これまでに4回に渡る事前研修の中で英語の自己紹介やプレゼンの練習に取り組んできました。3月23日に出発し、3月24日、25日の二日間でしっかりと交流活動を行い、姉妹校との親睦を深めてきます。帰国は、3月26日です。研修の様子はfacebookやブログを通じて報告する予定です。

赤木校長より姉妹校提携の経緯についてのお話を聞きました。

生徒会執行部から、各専門科から姉妹校への贈り物を託されました。

最後に全員で記念撮影を行いました。

【国際交流】カンボジア姉妹校とのビデオ通話交流~クメール語を学ぶ異文化学習~

2月21日に、本校の姉妹校であるカンボジアのバベット高校の先生に、ビデオ通話を通してクメール語を教えてもらいました。日本語や英語とは全く違う発音に少し戸惑いましたが、聞こえた通りに発音しようと生徒たちは頑張っていました。カンボジアの先生に”Very good!”と言われた時には、みんなで拍手をして喜びました。