カテゴリー別アーカイブ: 国際交流

「発輝祭」について(グローバル係と社会科)

現在本館1階から3階にかけて文化部や同好会、専門科の作品が多数展示されています。どの作品も日頃の学習の成果が見られる、すばらしい作品ばかりです。この発輝祭は新型コロナウィルスの影響で2年間中止になっていたため、在校生全員が初めての参加になります。

今回グローバル係と社会科(地理の授業内容)で、「2年ぶりの発輝祭を少しでも盛り上げるため、我々も日頃の学習の成果を展示しようではないか」と初めて参加しました。

本校はカンボジアにある「ロタ高校」「バベット高校」と姉妹校の関係にあります。カンボジアでは長引く内戦(特にポルポト派による原始共産制は学校の破壊、教科書の破棄、教師の虐殺などがおこなわれ、都市住民は強制的に農村に強制移住させた)の影響で、多くの学校がなくなってしまいました。内戦終了後、教育再生を掲げたカンボジア政府は日本の工業高校に視察に来ます。そのとき本校にもカンボジアの方が来校され、岡山工業高校とカンボジアの繋がりが生まれました。これが姉妹校を結ぶきっかけとなります。

カンボジアをはじめ東南アジアの各地には、教育問題、貧困問題、ゴミ処理問題などさまざまな地球規模の課題があります。地理の授業では、東南アジアで起きている課題を調べるとともに、どのような解決策がおこなわれているのか、SDGsの視点から調べて発表しようという授業をおこなっています。今回の発輝祭では、生徒が調べ発表した内容を展示し、またその発表資料からクイズを出し、正解者には東南アジアグッズをプレゼントしています。生徒の発表では、「カンボジアで栄養価の高い食事を提供する日本のNPO団体を紹介」「カンボジアのゴミ処理には日本の技術が使われている」など多くのことを調べ、自分なら何ができるかと考えていました。

また、台湾にある「国立岡山高級農工職業学校」(我々は「台湾の岡工」と呼んでいます)とも本校は交流しています。これは、「台湾の岡工」が「日本にある岡工」と一緒に勉強したいという想いから実現したものです。

地理の授業では、「台湾とは国なのか?地域なのか?」「台湾の企業と特徴とは?」など、台湾の地誌について勉強した内容を、グループでプレゼンテーション発表するという授業をおこないました。今回の発輝祭では、このときの発表内容を展示し、そこからクイズを出し、正解者には台湾銘菓である「パイナップルケーキ」をプレゼントしています。

今回グローバル係と社会科によるはじめての発輝祭の展示は、デザイン科2年生遠藤さんと木多さんによって素敵な展示スペースとなっています。二人とも主体的に考え、見てもらえる工夫や見やすい工夫を各所に取り入れてくれました。デザイン科で学んだことが、「発揮」されていました。

来年も日頃の学習の成果が「発揮(発輝)」された作品を見るのを楽しみにしています。

【国際交流】12月はグローバル活動がもりだくさんでした!

●12月1日(水)グローバル講演会
 総合的探究の時間の中で、2年生を対象に、グローバル講演会を行いました。講師は、岡山県国際課で中国交流推進員をしている姚紹瓊(ヤオ シャオチョン)さんです。姚さんは湖北省恩施土家族苗族自治州のご出身で、ご本人も土家族という少数民族として中国で育ちました。少数民族という視点から見た中国について、貴重なお話を聞かせてくださいました。

●12月13日(月)台湾で建築を学ぶ高校生たちとオンラインでプレゼン交流
 以前より交流のある台湾・国立岡山高級農工職業学校の建築科の生徒と、本校の建築科2年生の生徒が、オンラインによるプレゼン交流を行いました。プレゼンの内容は、お互いの国の伝統建築や有名な建築家についてで、お互いの共通語である英語で伝え合いました。プレゼンに参加した生徒は、本番まで何度も発音練習をし、とてもよく頑張っていました。

●12月21日(火)初級中国語講座
 ここ数年、台湾を含め中国語圏の学校との交流が増えているため、校内で希望者を募って初めて初級中国語講座を開きました。講師は、グローバル講演会をしてくださった姚紹瓊さんにお願いしました。様々な学年・学科の生徒18名が集まり、みんなで簡単な挨拶や自分の名前を中国語で言う練習をしました。今後もシリーズで初級中国語講座を行う予定です。

【国際交流】台湾の高校生とオンラインで交流

 台湾の高校生とオンラインで交流 6月25日の放課後、以前より交流のある台湾・国立岡山高級農工職業学校の日本語クラブの生徒と、Google Meetを使用してオンラインで交流を行いました。有志を募っての活動となりましたが、本校からは様々な専門科の生徒28名が参加してくれました。

現地の日本語クラブの生徒は5ヶ月間クラブ活動として日本語を学んでおり、習った日本語を使って自己紹介と学校の紹介、台湾の食べ物の紹介をしてくれました。言語は主に日本語でしたが、時に英語や中国語を交えながら、とても楽しくコミュニケーションをとることができました。

【国際交流】台湾・国立岡山高級農工職業学校と教員同士のオンライン交流

一昨年度より交流のある、台湾・国立岡山高級農工職業学校の教員2名と、本校のグローバル担当の教員2名で、教員同士のオンライン交流を行いました。現地の学校ではちょうど日本語クラブの活動をしていたため、覚えたての日本語で自己紹介をする生徒の様子も見せてもらいました。今後は、生徒同士の交流を計画しています。

【国際交流】カンボジア姉妹校にマスクが届きました!

卒業したデザイン科3年の生徒が作ってくれたマスクなどの衛生用品が、無事カンボジアに到着しました。

姉妹校では、感染症流行により休校が続いていましたが、現在は授業が再開されています。現地の学校の様子を写真に撮って送ってくれました。卒業したデザイン科3年の生徒が作ってくれたマスクなどの衛生用品が、無事カンボジアに到着しました。

今年度は残念ながらカンボジア姉妹校訪問研修を実施できませんでしたが、マスクの寄贈やオンライン交流を通して、交流活動を続けることができました。来年度もオンライン交流を中心に、姉妹校との交流を続けていきます。

【国際交流】カンボジア姉妹校へ贈る手作りマスクなどを作りました

姉妹校交流の一環として、カンボジアにある姉妹校の生徒へ贈るマスクなどを再び製作しました。

今回マスクなどを作ってくれた生徒は、3月1日に卒業したデザイン科3年の黒住友理さんと熊谷美羽さんです。ハンドメイドが得意な二人は、卒業直前まで姉妹校へ贈るグッズづくりを頑張ってくれました。

今回製作してもらったマスクなどは、近日中にカンボジアの姉妹校へ贈る予定です。

【国際交流】台湾の高校生とオンライン交流

12月4日の放課後、台湾にある國立岡山高級農工職業學校の生徒たちとオンラインで交流を行いました。はじめは慣れないGoogle Meetに苦戦しトラブル続きでしたが、情報技術科の生徒に助けてもらいながら、なんとか30分交流することができました。 まず、参加者全員が自己紹介をし、それからお互いの文化や地域の魅力について紹介し合いました。交流は全て英語で行われました。英語に苦手意識のある生徒もいましたが、ひとたび交流が始まると、海外の生徒とリアルタイムでつながる楽しさに魅了され、いきいきと活動に参加してくれました。

【参加者の感想】
○とにかく楽しかった!時間があっという間だった。
○少し緊張したけれど、実際に話してみてとても楽しかった。
○(台湾の学校の)教室の雰囲気や服装など様々な情報が知れた。
○台湾の文化をもっと知りたいと思いました。中国語も勉強したいです。
○単語を聞き取れたので何を言っているのかが分かった。
○(台湾の生徒は)英語が流暢ですごいと思った。
○実際に英語を用いて会話をする機会はとても少ないため、とてもよい機会となった。お互い完璧(な英語)ではなかったので、いい刺激になったし、もっと上手になりたいと思った。