カテゴリー別アーカイブ: 土木科

【土木科】NEXCO西日本@中国道更新工事見学[エンバイロ④]

本校では今年度より3年間、岡山県教育委員会指定事業である「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」の指定を受けることになりました。この研究主題は「鉄鋼スラグを活用した高機能コンクリート部材の研究開発」です。
今回のNEXCO西日本の見学は先日、ピー・エス・コンクリート水島工場で製作過程を見学した類似のPC床版の中国自動車道(北房~大佐スマートインターIC間)での取替工事を見学し高機能コンクリート部材の使用例について高校生にも理解しやすく説明して頂く機会を設けました。

1 目 的 「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」についての理解を
深め、高機能コンクリート部材の使用例について学習する。

2 日 時 平成30年6月29日(金) 9:00~15:30

3 会 場 中国自動車道工事現場(新見市大佐布瀬)

NEXCO西日本中国支社の皆様からは「工事概要」や「床版架替工事の概要」や「床版架替工施工サイクル」について、熊谷組の皆様には、現場での「地覆・壁高欄切断、撤去」や「既設床版剥離」の説明・見学を詳しくして頂きました。お忙しい中、スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業のためにご協力いただいた西日本高速道路株式会社の皆様、熊谷組の皆様、橋梁工事関係者の皆様、本当にありがとうございました。




【土木科】岡山大学生とコンクリート工場見学[エンバイロ③]

本校では今年度より3年間、岡山県教育委員会指定事業である「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」の指定を受けることになりました。この研究主題は「鉄鋼スラグを活用した高機能コンクリート部材の研究開発」です。今回の見学はこの研究を進めるにあたり中国自動車道(佐用~北房間)に使用予定のPC床版を製作しているピー・エス・コンクリート(株)水島工場を見学しPC床版を例に高機能コンクリート部材について高校生にも理解しやすく説明して頂く見学会を設けました。
1 目 的 「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」についての理解を深め、高  機能コンクリート部材について学習する。
2 日 時 平成30年6月1日(金) 13:30~15:30
3 会 場 ピー・エス・コンクリート水島工場
㈱ピーエス三菱技術本部の皆様からは「PC部材の制作と高速道路の大規模更新」や「最新のコンクリート工法」について、ピー・エス・コンクリート㈱水島工場の皆様には、工場内の説明・見学を詳しくして頂きました。お忙しい中、スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業のためにご協力いただいた㈱ピーエス三菱技術本部の皆様、ピー・エス・コンクリート㈱水島工場の皆様、岡山大学空間デザイン学研究室の皆様、本当にありがとうございました。

【土木科】社会人講師&測量実習[エンバイロ②]

❶、社会人講師(人工芝の調査)
5月25日(金)本校にて、日本フィールドシステム株式会社(岡山県津山市)中国支店取締役支店長の津田和明氏、生熊壮氏による社会人講師「人工芝について学ぶ」が土木科3年生エンバイロ班を対象に開かれました。この社会人講師の目的は、本校の中庭整備事業の研究調査のために、人工芝を扱う企業で活躍されているスペシャリストにお話をうかがい、人工芝の性質や施工方法ついて学習する時間としておこなわれました。
種類の違う人工芝や人工芝に使用される砂や器具に触れたり、濡れた人工芝の砂の散布体験など、実物を具体的に説明していただいたことはとても大きな収穫でした。
ご協力いただいた社会人講師の方々、本当にありがとうございました。

❷、測量実習(中庭の調査)
土木科3年生が、測量器械のトータルステーションや電子平板を使用し、測量器械の講師の指導のもと、測量調査を開始しています。
ご協力いただいた講師の方々、本当にありがとうございました。

 

【土木科】岡山大学大学院綾野教授の講演会[エンバイロ①]

本校では今年度より3年間、岡山県指定事業である「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」の指定を受けることになりました。この研究主題は「鉄鋼スラグを活用した高機能コンクリート部材の研究開発」です。今回の講演はこの研究を進めるにあたり岡山大学大学院環境生命科学研究科 綾野克紀 教授より岡山大学で研究されている鉄鋼スラグを活用した高機能コンクリートについて高校生にもわかりやすく解説して頂く講演を設けました。研究指定を3年間受けていますのでこの講演を聞く土木科1年生から3年生の生徒一人一人がこの研究に関わることになります。
※「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」とは、廃棄物のリサイクル技術の研究・開発など環境教育を重点的に行う学校をスーパーエンバイロメントハイスクールに指定し、カリキュラムの開発、大学や研究機関との効果的な連携方策等について研究を推進し、課題に気付き、その解決に積極的に取り組むことのできる人材の育成を図るとともに、環境教育に関する教材を開発しています。

1 目 的 「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」についての理解を深める。
2 日 時 平成30年5月11日(金) 13:00~14:00
3 会 場 岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム)
綾野教授は、鉄鋼スラグについての説明はもちろんのこと、グローバルな視点から、日本の土木技術について詳しく説明して頂きました。お忙しい中、スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業のためにご協力いただいた綾野教授本当にありがとうございました。

土木科・建築科2年 おかやま建設企業ライブに参加

1月18日(木)ジップアリーナ岡山で行われた『おかやま建設企業ライブ』に土木科と建築科の2年生が参加しました。

県内の建設企業36社から、建設業の仕事内容や各企業の特徴などについて説明を受け、建設業の魅力を改めて知ることができました。

H29修学旅行 Bコース(土木科)

意気揚々と出発。

富士山が綺麗に見えて、皆興奮していました。

横浜市環境技術研究所では、横浜市がかかえている環境問題について学びました。直接土木に関連するものは、多くはありませんでしたが、土木構造物を造るときに、どのような問題が生じるのか、環境アセスメントの立場から学ぶことができました。また、環境測定に関する最新の機器を見ることができました。

ランドマークタワーのすぐ下に、明治29年にできた横浜ドックがあります。重要文化財にもなっている施設ですが、再開発事業の事例としても、土木学会で評価されている所です。風が強かった。

夕食場所は横浜中華街です。

横浜自主研修

東京湾横断道の、海底トンネルを掘削したシールドマシン先端部のカッターがモニュメントになっています。遠くに富士山も望めてなかなかよい景色です。

【土木科・情報技術科】第17回高校生ものづくりコンテスト全国大会

11月18日(土)~19日(日)に、「第17回高校生ものづくりコンテスト全国大会」が開催されました。

今大会は、岡山県では初めて開催される全国大会で、測量部門と自動車整備部門が県内で開催されました。特に測量部門は、本校を会場に開催され、土木科3年の橋本剛志君、伊藤裕基君、村上樹里さんが測量部門に出場しました。また、広島県会場で行われた電子回路組立部門に情報技術科3年山田大貴君が出場しました。昨年度の化学分析部門全国優勝に続いて上位入賞を目指しましたが、残念ながら入賞には届きませんでした。しかし、各選手とも健闘したと思います。

本校体育館では、岡山県会場開会式・閉会式が行われ、生徒会執行部や吹奏楽部による運営に高い評価をいただきました。

《測量部門》

【土木科・情報技術科】第17回高校生ものづくりコンテスト全国大会壮行式

11月18日(土)・19日(日)に行われる「第17回高校生ものづくりコンテスト全国大会」に出場する選手の壮行式を行いました。

本校からは、電子回路組立部門に、情報技術科3年 山田大貴君が出場します。

また、測量部門には、土木科3年 橋本剛志君・伊藤裕基君・村上樹里さんが出場します。

中国地区代表として、上位入賞が期待されます。

壮行式に引き続き、高校生のものづくりを応援する「未来設計士」の披露を行いました。

「未来設計士」は、岡山県内を中心に活動するボーカル・ユニット「シルバー・トーン」のMIYUKIさんが、本校吹奏楽部の活動や実習室の様子を見学され、吹奏楽部の生徒の思いをもとに、作詞。作曲してくださいました。

当日は、シルバー・トーンのメンバーである、MIYUKIさんとSOUTAさんが来場され、吹奏楽部と一緒に演奏を行いました。