カテゴリー別アーカイブ: 土木科

【土木科】岡山大学大学院綾野教授の講演会[エンバイロ①]

本校では今年度より3年間、岡山県指定事業である「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」の指定を受けることになりました。この研究主題は「鉄鋼スラグを活用した高機能コンクリート部材の研究開発」です。今回の講演はこの研究を進めるにあたり岡山大学大学院環境生命科学研究科 綾野克紀 教授より岡山大学で研究されている鉄鋼スラグを活用した高機能コンクリートについて高校生にもわかりやすく解説して頂く講演を設けました。研究指定を3年間受けていますのでこの講演を聞く土木科1年生から3年生の生徒一人一人がこの研究に関わることになります。
※「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」とは、廃棄物のリサイクル技術の研究・開発など環境教育を重点的に行う学校をスーパーエンバイロメントハイスクールに指定し、カリキュラムの開発、大学や研究機関との効果的な連携方策等について研究を推進し、課題に気付き、その解決に積極的に取り組むことのできる人材の育成を図るとともに、環境教育に関する教材を開発しています。

1 目 的 「スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業」についての理解を深める。
2 日 時 平成30年5月11日(金) 13:00~14:00
3 会 場 岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム)
綾野教授は、鉄鋼スラグについての説明はもちろんのこと、グローバルな視点から、日本の土木技術について詳しく説明して頂きました。お忙しい中、スーパーエンバイロメントハイスクール研究開発事業のためにご協力いただいた綾野教授本当にありがとうございました。

土木科・建築科2年 おかやま建設企業ライブに参加

1月18日(木)ジップアリーナ岡山で行われた『おかやま建設企業ライブ』に土木科と建築科の2年生が参加しました。

県内の建設企業36社から、建設業の仕事内容や各企業の特徴などについて説明を受け、建設業の魅力を改めて知ることができました。

H29修学旅行 Bコース(土木科)

意気揚々と出発。

富士山が綺麗に見えて、皆興奮していました。

横浜市環境技術研究所では、横浜市がかかえている環境問題について学びました。直接土木に関連するものは、多くはありませんでしたが、土木構造物を造るときに、どのような問題が生じるのか、環境アセスメントの立場から学ぶことができました。また、環境測定に関する最新の機器を見ることができました。

ランドマークタワーのすぐ下に、明治29年にできた横浜ドックがあります。重要文化財にもなっている施設ですが、再開発事業の事例としても、土木学会で評価されている所です。風が強かった。

夕食場所は横浜中華街です。

横浜自主研修

東京湾横断道の、海底トンネルを掘削したシールドマシン先端部のカッターがモニュメントになっています。遠くに富士山も望めてなかなかよい景色です。

【土木科・情報技術科】第17回高校生ものづくりコンテスト全国大会

11月18日(土)~19日(日)に、「第17回高校生ものづくりコンテスト全国大会」が開催されました。

今大会は、岡山県では初めて開催される全国大会で、測量部門と自動車整備部門が県内で開催されました。特に測量部門は、本校を会場に開催され、土木科3年の橋本剛志君、伊藤裕基君、村上樹里さんが測量部門に出場しました。また、広島県会場で行われた電子回路組立部門に情報技術科3年山田大貴君が出場しました。昨年度の化学分析部門全国優勝に続いて上位入賞を目指しましたが、残念ながら入賞には届きませんでした。しかし、各選手とも健闘したと思います。

本校体育館では、岡山県会場開会式・閉会式が行われ、生徒会執行部や吹奏楽部による運営に高い評価をいただきました。

《測量部門》

【土木科・情報技術科】第17回高校生ものづくりコンテスト全国大会壮行式

11月18日(土)・19日(日)に行われる「第17回高校生ものづくりコンテスト全国大会」に出場する選手の壮行式を行いました。

本校からは、電子回路組立部門に、情報技術科3年 山田大貴君が出場します。

また、測量部門には、土木科3年 橋本剛志君・伊藤裕基君・村上樹里さんが出場します。

中国地区代表として、上位入賞が期待されます。

壮行式に引き続き、高校生のものづくりを応援する「未来設計士」の披露を行いました。

「未来設計士」は、岡山県内を中心に活動するボーカル・ユニット「シルバー・トーン」のMIYUKIさんが、本校吹奏楽部の活動や実習室の様子を見学され、吹奏楽部の生徒の思いをもとに、作詞。作曲してくださいました。

当日は、シルバー・トーンのメンバーである、MIYUKIさんとSOUTAさんが来場され、吹奏楽部と一緒に演奏を行いました。

【土木科】2・3年生 校外学習in玉島

428日(金)に土木科23年生は、今年初めての校外学習として、倉敷立体事業(倉敷市船穂)高梁川高潮・耐震対策事業(高梁川河口付近)の2カ所の現場見学を行いました。普段見ることのできない施工中の橋梁下部工事の特殊工法や護岸工事のコンクリート打設などを見学させていただけるだけでなく、建設業や工事の目的、やりがいなどわかりやすく説明してくださいました。
生徒は、スケールの大きさや難しさ、初めて見たり聞いたりする土木技術の奥深さを感じていました。
質疑応答でも生徒から、「これまで最も苦労したことは何ですか」「感動したことは何ですか」「失敗の経験とどのように対処したか教えてください」など進路の参考にしたいと多くの生徒が質問をしていました。
また各現場に本校卒業生の若手技術者を呼んでいただけるなど配慮していただき、進路を真剣に考えていかなければならない生徒に貴重な経験を多くさせていただきました。
最後にお忙しい中、私たちのために見学会を催してくださり親切丁寧に工事を御説明してくださいました国土交通省中国地方整備局 岡山国道事務所及び岡山河川事務所様、西松建設、三幸工務店、藤原組の企業の皆様ありがとうございました。本当に感謝を申し上げます。無事に工事が完成できますよう願っております。

 

【土木科】2年生 ものづくりマイスター派遣事業「鉄筋組立て作業」実技体験 

12月16日(金)、本校土木実習棟において、建設業の魅力の発見や進路選択の一考として「鉄筋組立て作業」の実技体験を行いました。

講師兼指導として厚生労働省「ものづくりマイスター」認定者(鉄筋施工)である大森将平氏(大組鋼材㈱代表取締役)、西村和久氏(同社)、畑安好氏(同社)をお招きしました。

生徒は鉄筋組立は初めての経験で、鉄筋の固定にハッカーを使って結束線で緊結する作業に多くの生徒が苦労していました。同時に当然ながら生徒全員が講師の方々の素早く正確で無駄のない作業に感銘を受けていました。

授業では伝えきれない内容を、「少しでも建設業の魅力ややりがいを感じほしい」という大森様のご厚意で難しくも楽しい講習をしていただいたことに生徒一同感謝しております。

この体験は必ず土木系の授業で生きてくると思います。本当にありがとうございました。

1-1 1-2 1-3 1-4 1-5 1-6 1-7 1-8 1-9 1-10

 

【土木科】2年生 第2回 未来のスぺシャリスト育成事業

12月14日(水)、本校土木実習棟において、土木科2年生対象に「第2回未来のスぺシャリスト育成事業」を行いました。この事業は、進路選択時の材料としてより多くの情報を得ることと意欲の高揚を目的に実際の建設業に従事している方から建設業界の現状や役割、使命を学ぶ取組です。そこで今回は県内の建設業数社の代表者をお招きし、講演や会社紹介、意見交換会を行っていただきました。

【1時間目】 講演
演題:「土木の仕事」
講師:小坂田建設(株)取締社長 小坂田英明氏

【2時間目】 「会社紹介」
◆㈱片山工務店  片山恭一氏
◆富田建設工業㈱ 富田章氏
◆㈱カザケン   田村謙治氏
◆㈱三幸工務店  熊代隆司氏
◆㈱暁工業    木下聖士氏

【3時間目】 グループ討議
◆1グループ
浅口建設㈱   平方謙二氏
㈱カザケン   田村謙治氏

◆2グループ
㈱奥野組    奥野一三氏
富田建設工業㈱ 富田章氏

◆3グループ
㈱片山工務店  片山恭一氏
㈱荒木組    大島隆正氏

%ef%bc%91-1 %ef%bc%91-3 %ef%bc%91-4 %ef%bc%91-5 %ef%bc%91-6 %ef%bc%91-7