カテゴリー別アーカイブ: 土木科

土木科2・3年生 校外学習in玉島

428日(金)に土木科23年生は、今年初めての校外学習として、倉敷立体事業(倉敷市船穂)高梁川高潮・耐震対策事業(高梁川河口付近)の2カ所の現場見学を行いました。普段見ることのできない施工中の橋梁下部工事の特殊工法や護岸工事のコンクリート打設などを見学させていただけるだけでなく、建設業や工事の目的、やりがいなどわかりやすく説明してくださいました。
生徒は、スケールの大きさや難しさ、初めて見たり聞いたりする土木技術の奥深さを感じていました。
質疑応答でも生徒から、「これまで最も苦労したことは何ですか」「感動したことは何ですか」「失敗の経験とどのように対処したか教えてください」など進路の参考にしたいと多くの生徒が質問をしていました。
また各現場に本校卒業生の若手技術者を呼んでいただけるなど配慮していただき、進路を真剣に考えていかなければならない生徒に貴重な経験を多くさせていただきました。
最後にお忙しい中、私たちのために見学会を催してくださり親切丁寧に工事を御説明してくださいました国土交通省中国地方整備局 岡山国道事務所及び岡山河川事務所様、西松建設、三幸工務店、藤原組の企業の皆様ありがとうございました。本当に感謝を申し上げます。無事に工事が完成できますよう願っております。

 

土木科2年生 ものづくりマイスター派遣事業「鉄筋組立て作業」実技体験 

12月16日(金)、本校土木実習棟において、建設業の魅力の発見や進路選択の一考として「鉄筋組立て作業」の実技体験を行いました。

講師兼指導として厚生労働省「ものづくりマイスター」認定者(鉄筋施工)である大森将平氏(大組鋼材㈱代表取締役)、西村和久氏(同社)、畑安好氏(同社)をお招きしました。

生徒は鉄筋組立は初めての経験で、鉄筋の固定にハッカーを使って結束線で緊結する作業に多くの生徒が苦労していました。同時に当然ながら生徒全員が講師の方々の素早く正確で無駄のない作業に感銘を受けていました。

授業では伝えきれない内容を、「少しでも建設業の魅力ややりがいを感じほしい」という大森様のご厚意で難しくも楽しい講習をしていただいたことに生徒一同感謝しております。

この体験は必ず土木系の授業で生きてくると思います。本当にありがとうございました。

1-1 1-2 1-3 1-4 1-5 1-6 1-7 1-8 1-9 1-10

 

土木科2年生 第2回 未来のスぺシャリスト育成事業

12月14日(水)、本校土木実習棟において、土木科2年生対象に「第2回未来のスぺシャリスト育成事業」を行いました。この事業は、進路選択時の材料としてより多くの情報を得ることと意欲の高揚を目的に実際の建設業に従事している方から建設業界の現状や役割、使命を学ぶ取組です。そこで今回は県内の建設業数社の代表者をお招きし、講演や会社紹介、意見交換会を行っていただきました。

【1時間目】 講演
演題:「土木の仕事」
講師:小坂田建設(株)取締社長 小坂田英明氏

【2時間目】 「会社紹介」
◆㈱片山工務店  片山恭一氏
◆富田建設工業㈱ 富田章氏
◆㈱カザケン   田村謙治氏
◆㈱三幸工務店  熊代隆司氏
◆㈱暁工業    木下聖士氏

【3時間目】 グループ討議
◆1グループ
浅口建設㈱   平方謙二氏
㈱カザケン   田村謙治氏

◆2グループ
㈱奥野組    奥野一三氏
富田建設工業㈱ 富田章氏

◆3グループ
㈱片山工務店  片山恭一氏
㈱荒木組    大島隆正氏

%ef%bc%91-1 %ef%bc%91-3 %ef%bc%91-4 %ef%bc%91-5 %ef%bc%91-6 %ef%bc%91-7

土木科2年生 校外学習in 玉島笠岡道路

11月30日(水)に土木科2年生は、来年の進路選択の一環として、玉島笠岡道路『六条院東地区改良工事』(浅口市鴨方町六条院東)で現場見学を行いました。

現場見学をさせていただきながら、この事業の目的、最新施工技術の実演、今後の土木業界の問題についてなど本当に親切丁寧に説明をしていただきました。

安全、流通、地域の活性化など様々な役割を持つ玉島笠岡道路を学び、見ることで将来の自分の姿が具体的に想像できたようです。また、ICTと土木の融合である i-Construction(ドローンによる3次元測量や人工衛星を活用して重機を操るマシンコントロールなどのICT施工)の取組について生徒の驚きが授業では得ることのできない経験だったようです。見学後早速、求人票をチェックする生徒も多く、進路意識向上にも効果的な教材となりました。

最後にお忙しい中、私たちのために見学会を催してくださいました国土交通省 中国地方整備局 岡山道路事務所様、親切丁寧に工事を御説明してくださいました株式会社荒木組、株式会社ウエスコ、株式会社コマツの企業の皆様ありがとうございました。本当に感謝を申し上げます。無事に工事が完成できますよう願っております。

%ef%bc%91 %ef%bc%92 %ef%bc%93 %ef%bc%94 %ef%bc%95 %ef%bc%96 %ef%bc%97 %ef%bc%98 %ef%bc%99

土木科 第3回日本大学全国高校生土木設計競技 優秀賞、審査員特別賞 受賞

8月28日(日)日本大学工学部(東京都千代田区神田駿河台)において

『第3回日本大学全国高校生土木設計競技』の2次審査公開プレゼンテーが行われました。そこで本校土木研究同好会の土木科2年 橋本剛志君、伊藤裕基君、村上樹里さんのチームが完成度の高さと持続可能エネルギーのアイデアが評価され優秀賞、同じく笠井智仁君、斉藤壱星君、西野良君のチームが、日本の象徴を構造物で表現したことを評価され審査員特別賞である「グッドアイデア賞」を受賞しました。

このコンペは「レインボーブリッジを架け替えろ」をテーマに、2080年を想定した老朽化したレインボーブリッジの架け替え計画を、環境・材質・社会情勢を考慮しながら設計条件を満たす設計案を競技するものです。

そして一次審査の書類選考を通過した全国8チームが東京都や大学の橋梁設計専門家の方々8人の選考委員の前で15分間のプレゼンと質疑応答を行います。

当日は工業高校生だけでなく、普通科、農業科の生徒のなど様々な高校生が選出されており、発表内容を含めレベルの高い競技会が行われました。

そのなかでも本校の6人2チームとも受賞したことは非常に喜ばしいことです。限られた時間の中で、提出資料や発表資料、原稿の作成やプレゼン練習など精一杯頑張った成果と思います。おめでとうございました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8

土木研究同好会 第32回中国地区測量競技大会及び平成28年度ものづくりコンテスト中国地区大会 結果報告

8月23日(火)に岡山県立笠岡工業高校において第32回中国地区測量競技大会及び平成28年度ものづくりコンテスト中国地区大会が行われました。

「平板測量の部:1年」
Aチーム 野島 晨平  福岡 航  金田 尚樹・・・4位
Bチーム 村田 寛太  上田 崇弘 吉原 亜武呂・・3位

「水準測量の部:2年」
橋本 剛志  伊藤 裕基  村上 樹里・・6位

「トランシット測量の部(ものづくりコンテスト):3年」
小野 登生  小野 智章  杉田 康太朗・・2位

夏休み炎天下の中しっかり練習をしてきましたので、どのチームも自信はありましたが、思うような結果を残すことができませんでした。本当に些細なミスが結果に大きく影響してしまうことを実感した大会となりました。同時に測量の大変さと奥の深さが身にしみる貴重な経験ができました。
来年の測量の部のものづくり全国大会は岡山開催となります。
今回の反省を活かし、全国大会優勝目指して測量の極みを追及していきたいと思います。

 

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

 

 

土木研究同好会 岡山県測量競技大会およびものづくりコンテスト岡山県予選会 結果報告

7月28日(火)測量競技会が行われました。
第52回岡山県測量競技大会及び平成27年度ものづくりコンテスト岡山県大会in津山工業高校

「平板測量の部:1年」
Aチーム 野島 晨平  福岡  航  金田 尚樹・・・2位
Bチーム 村田 寛太  上田 崇弘 吉原 亜武呂・・1位

「水準測量の部:2年」
Aチーム 橋本 剛志  伊藤 裕基  村上 樹里・・2位
Bチーム 笠井 智仁  斉藤 壱星  西野 良・・・7位

「トランシット測量の部(ものづくりコンテスト):3年」
Aチーム 小野 登生  小野 智章  杉田 康太朗・・1位
Bチーム 磯辺 琉児  光岡 はな  山下 帆風・・・2位

2年生Bチームは緊張と焦りからかイージーミスで非常に残念な結果になってしまいましたが、結果の良否にかかわらず、測量の大変さと奥の深さを実感できる貴重な経験ができました。

他の4チームは8月  日に笠岡工業で行われる中国大会に進出します(ものづくり大会は1位のみの進出)。特に3年生Aチームは全国大会をかけた大会となりますが、全チーム優勝を目指して測量技術にさらに磨きをかけたいと思います。

01開会式 02ものづくり 02ものづくり2 DSC_0179 水準 (1) 水準 (2) 平板 (1) 平板 (2)

土木科2年生 『おかやまの建設産業人材プロジェクト』に参加しました

8月20日(土)岡山ドームにおいて、建設業の魅力を多くの方に知ってもらう岡山県主催によるイベント『おかやまの建設産業人材プロジェクト 体感・体験 建設現場へGO!』に参加しました。

会場には多くの小中高生が来場し、建設業の体験や建設車両の乗車、展示などを観覧していました。

本校土木科2年生は、津山工業高校土木科と連携しエコポットの体験コーナーのサポート、本校展示ブースの紹介、ステージや岡山シティエフエムの公開生放送などで学校PRを行いました。

非常に猛暑の中の活動となりましたが、普段の学校生活では経験できないことをたくさん体験させていただきました。

同時に岡工土木科としても、これから建設業の楽しさをもっと積極的にアピールしていきたいと強く感じた一日となりました。

最後に、岡工ブースにご来場していただきました皆様、本当にありがとうございました。

IMG_2350 IMG_2345 IMG_2332 IMG_2313 IMG_2311 IMG_2308