作成者別アーカイブ: okako10

【弓道部】第74回国民体育大会

10月4~7日に茨城県水戸市の堀原運動公園武道館において,国民体育大会弓道競技が開催されました。本校から夏のブロック大会を勝ち抜いたメンバーが少年男子代表として出場しました。国体は遠的と近的の2種目あります。各都道府県ともブロックを突破してきたチームは県選抜で構成されている場合が多く,学校対抗のインターハイとは一味ちがった雰囲気があります。また,成年の部も同時並行で行われるため,オール岡山といった良さがあります。
初日の遠的予選と翌日の近的予選ともに今回は残念ながらあと少し及ばす敗退となってしまいました。選手にとっては悔しさが残る結果でしたが,少年男子の部において県勢10年ぶりの本大会出場ということで,新たな一歩を踏み出せたと思います。
 岡山県は成年男子が遠的で優勝,近的で準優勝という素晴らしい成績を残し,高校生たちに夢を与えてくれました。
 はるばる水戸の地まで応援に来てくださった保護者やOBの皆様方,本当にありがとうございました。 

【弓道部】表敬訪問に行きました

10月10日,インターハイ優勝の報告に,校長先生とともに岡山県庁と岡山市役所を表敬訪問しました。岡山県庁では鍵本教育長に報告しました。教育長も弓道の経験があるそうで,歓談も盛り上がりました。その後,岡山市役所を訪れ,大森市長に報告しました。市長からは高校時代にクラスメートが弓道部主将だったお話などをいただき,和やかに時間が過ぎました。県庁と市役所どちらにおいても,県勢初の結果に大変喜んでいただき選手たちも嬉しそうでした。

【社会貢献活動】あいさつ運動を行いました。

10月10日,今年度4回目の地域あいさつ運動を実施しました。さわやかな秋晴れの青空の下,約60名の生徒が小学生の通学路に立ち,あいさつと交通安全の見守りを行いました。「おはよう!」「グッモーニン!」。地域の人たちにも「おはようございます!」 心の中にも青空が広がりました。

※次回は11月12日になります。

【弓道部】県新人大会 男子団体個人優勝

9月21日,22日に吉備津弓道場において,県新人戦が行われました。 新チームになって初の公式戦 であり,また,11月に玉野市で開催される中国新人大会の県予選でもあります。初日の女子は的中が全体的に伸びない中,本校も苦しみましたが,Aチームが際どく予選通過し,決勝でも何とか踏ん張り入賞することができました。個人戦も1名入賞しました。翌日の男子は,開会式に先立って,インターハイの優勝報告会が行われました。高体連弓道専門部長の武内先生(新見高校長)に優勝旗を収納し,選手代表として前キャプテンの奥沢君があいさつをしました。試合は大降りの雨の中,前日の女子と同じく的中が全体的に伸びませんでしたが,Aチームが大崩れせず優勝し,Bチームも入賞することができました。個人戦では,加門君(機2)が優勝決定戦を制し,初優勝しました。この結果,11月に玉野市で開催される中国新人大会に男女団体と男子個人2名女子個人1名が出場権を得ることができました。あいにくの悪天候でしたが,会場準備から片付け掃除まで皆で頑張りました。OBや保護者の皆様方,応援ありがとうございました。

※当日は岡山放送(OHK)の取材があり,翌日夕方のニュースで取り上げられました。

【大会結果】
男子団体 優勝 Aチーム  6位 Bチーム
女子団体 8位 Aチーム
男子個人 優勝 加門亮祐(機2) 9位 笠原聖騎(建2)
女子個人 9位 早川 凛(電2)

(次の大会)
10月4~7日   国民体育大会  於:堀原運動公園武道館(茨城県水戸市)
11月2・3日     県選手権大会  於:津山市弓道場
11月15~17日  中国新人大会  於:玉野市弓道場

応援よろしくお願いします。

【学校行事】第70回体育祭が行われました

令和元年度第70回体育祭が行われました。前日より雨という予報で、全ての日程がこなせるか心配されましたが、朝から天気は曇り。生徒たちの熱気が曇天を払ったのか、午後からは暑いほどの好天に恵まれ、すべての日程をとどこおりなく終えることができました。多数のご来場、ご観覧をいただき、ありがとうございました。

【野球部】岡工野球部 2019年度秋の県大会出場ならず!

岡工野球部 2019年度秋の県大会出場ならず! 皆様 いつも岡工野球部に対しまして、熱い応援 誠にありがとうございます。

現在 岡工野球部は、9/7(土)時点で2勝1敗となり、Dゾーンの2位となりました。そして、9/14(土)12:30~ 岡山南高校(Cゾーン2位)と岡山県営球場 で行われる決戦に挑みました。この試合に勝利すれば、県大会に出場が決定しますが、敗者となれば、県大会の道は途絶える大一番です。

★県大会出場決定戦 (C・Dゾーン)
  ★9/14(土)   岡山工 0―3 岡山南  12:30~ S 於:岡山県営球場 

 先発大髙と相手投手が、互いに要所を締めて5回終了時点で 0-0 と緊迫した展開でした。 試合が動いたのは、6回岡山南の攻撃で、本校投手は5回から2番手左腕「杉山」にスイッチ。2アウトを取りましたが1.2塁にランナーを置くと、しぶとく右前打に運ばれ先制点を許しました。 しかし、最少失点で切り抜け、味方の反撃を待ちます。本校もチャンスを作りましたが、後一本が出ず。7回の岡山南の攻撃では、ランナーを置いて、味方のミスからピンチを広げてしまい、失点。 9回にもバッテリーミスから失点と、ここ一番での心の弱さが出てしまい、反省すべき点となりました。ただ、決して力負けではなく、声も良く出ていてチームの雰囲気も良く、勝機は幾度もありましたし、互角に戦えました。しかし、ここ一番での成果を出すために、さらなるチーム力のレベルアップと、個々の高いモチベーションが要求されます。 この悔しさを胸にもっと部員一人一人が緊張感を保ちつつ貪欲さを持って、練習に必死になって頑張ってもらいたいです。
 今まで必死になって、たくさん応援して頂いた皆様 本当にありがとうございました!! まだまだこれからも練習試合や一年生大会もあります。今後も変わらぬ熱い応援をよろしくお願いいたします。                  

岡工野球部顧問・生徒一同