カテゴリー別アーカイブ: 自転車競技部

自転車競技部 細中・高校2冠達成 えひめ国体

 「第72回国民体育大会」の自転車競技が10月1~6日、愛媛県を会場に開かれ、細中翔太(電3)がスクラッチで優勝。インターハイの4km速度競争に続く全国優勝で、高校2冠を達成しました。

【高校2冠を達成した細中】

 

 スクラッチはトラック競技のロードレースとも呼ばれ、最終着順がそのまま順位に反映されます。決勝戦は予選を勝ち上がった20人で行われました。レース開始から優勝候補の選手がアタックを連発して集団をかき乱しますが、細中は集団後方にとどまり冷静に対処。スピードが上がった中盤には8人の逃げに乗り、積極的な動きも見せます。残り4周、ほかの選手に疲れが見え始めたところで単独アタック。後方の選手が牽制している間にリードを広げ、圧倒的な力を見せつけてゴールを駆け抜けました。

【スクラッチ表彰式】

 

 1kmタイムトライアルには晝田宗一郎(土3)が出場。22組中16組目に出走した晝田は、目標としていた自己ベストには届かなかったものの1分8秒029という記録で暫定トップタイムを塗り替えます。しかし、その後に走った強豪選手らに記録を塗り替えられ、最終順位は6位入賞となりました。

【6位入賞の晝田】

 

ケイリンには、インターハイでもこの種目に出場した橋本凌汰(土2)が挑みました。敗者復活戦を落ち着いたレース運びで勝ち進んだ橋本でしたが、続くレースでは全国のトップ選手に力及ばず、2回戦敗退となりました。

【力強くペダルを踏み込む橋本(中央)】

 

そのほか、細中は「4km団体追い抜き」、晝田は「チームスプリント」のメンバーとしても奮闘。本校OBの成年メンバーとチームを組み優勝を目指しましたが、4km団体追い抜きは12位、チームスプリントは20位となりました。

【4km団体追い抜きを走る細中(先頭から3人目)】

 

【チームスプリントを走る晝田(先頭から3人目)】

 

 国体を持って3年生が全員引退となり、橋本主将のもと新チームが始動します。続く大会は春の選抜大会の出場権がかかった「岡山県高校新人大会」です。本校から一人でも多くの選手が選抜大会に出場できるよう、気を緩めずこれからも頑張って参ります。

 

今後の予定を掲載します。興味のある方はぜひお越しください。

11月12日 「岡山県高校新人大会」(会場は玉野競輪場)

自転車競技部細中 大森雅夫岡山市長にインターハイ優勝を報告

 「平成29年度全国高等学校総合体育大会 自転車競技大会」(7月・福島県いわき市)の4km速度競争で全国大会初制覇を成し遂げた本校の細中翔太(電3)が9月13日、岡山市役所に大森雅夫市長を訪ね、優勝報告を行いました。

赤木校長、自転車競技部顧問の川口先生と訪問した細中は「春の全国大会で優勝した同級生に負けないよう、努力しました」と話し、川口先生が動画を用いてレース展開などを説明しました。大森市長からは「これからも頑張り競技を続けてください」と激励をいただきました。

 

 今後は、愛媛県で開かれる「国民体育大会」(10月1~5日)に、自転車競技部からは細中を含め3名が出場する予定です。今年最後の全国大会をよい成績で飾られるよう頑張って参ります。

自転車競技部 細中君 えひめ国体優勝!

第72回国民体育大会「2017笑顔つなぐえひめ国体」で、、少年男子スクラッチに出場した本校自転車競技部細中翔太君が、初優勝を飾りました。
細中君は、インターハイ男子4000m速度競走優勝に続いての高校2冠を達成しました。
また、少年男子1000mタイムトライアルに出場した晝田宗一郎君は、6位入賞を果たしました。

自転車競技部細中君 インターハイで優勝、教育長を表敬訪問

7月26日~7月30日に福島県いわき市のいわき平競輪場で行われた平成29年度全国高等学校総合体育大会自転車競技4km速度競走において、細中翔太君(電気科3年)が予選、準決勝、決勝全て1着と他の選手を圧倒し、見事に優勝しました。(このレースの模様は配信中の動画(インハイTV)http://www.inter-high-school.tv/sports/top?sports=20でご覧になれます。)

そして、8月29日には赤木校長、自転車競技部顧問 川口先生とともに、竹井千庫岡山県教育長を表敬訪問しました。細中君は大会を振り返り、「チーム競技での入賞を逃したので、個人競技では絶対に入賞したかった。」と語り、教育長は「高校から競技を始め、全国優勝できたことは素晴らしい。才能と努力に敬意を表したい。」と栄冠と努力を称え、さらに「周囲への支えへの感謝を忘れず、さらなる高みを目指して精進してほしい。」との激励もいただきました。

これまで応援いただいた保護者、関係の皆様に厚く御礼申し上げ、これからも引き続き御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

自転車競技部 JOCジュニアオリンピックカップ自転車競技大会

「JOCジュニアオリンピックカップ自転車競技大会」が8月19、20日、静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームであり、ケイリンに出場した晝田宗一郎(土3)が、全国大会初優勝を達成しました。

[全国大会初優勝を果たした晝田]

 

 今大会は、東京オリンピックの自転車競技トラック会場に採用されている伊豆ベロドロームで開催。国内唯一の木製板張りの走路で、屋内のため雨風の影響を受けません。競技場の周長が1周250メートルと短いことから、選手のスピード感が増し、迫力あるレースを楽しめるのが特徴です。

 本校からは、ジュニア部門に晝田、細中翔太(電3)、服部幸之助(情2)の3人、U-17部門に橋本凌汰(土2)が参加。19日は、ケイリンが行われ、晝田は先行勝負を挑み、圧倒的な力を見せつけて予選、準決勝を勝ち上がりました。決勝戦でも残り2周半から仕掛け、力強いペダリングで先行。後続の追随をものともせず、大差をつけゴールを駆け抜けました。また、晝田と橋本は1kmタイムトライアルでも各部門で6位入賞となりました。

[積極的に仕掛ける晝田。写真は準決勝]

[1kmタイムトライアル。晝田 1分7秒394]

[1kmタイムトライアル。橋本 1分10秒878]

 

 今大会では晝田が優勝し、現3年生では3人目の全国大会覇者となりました。今後は、10月の国民体育大会に向け、練習に励んで参ります。

 

以下にそのほかの結果、写真を掲載します。よろしければ、ご覧ください。

 

[3km個人追い抜き。細中翔太(電3) 3分35秒371 10位]

[スクラッチ。細中 9位]

[1kmタイムトライアル。服部幸之助(情2) 1分9秒064 14位]

[ケイリン。服部 予選敗退]

[表彰式後、インタビューを受ける晝田]

 

自転車競技部 平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)

「平成29年度全国高等学校総合体育大会 自転車競技大会」が7月27~30日、福島県を舞台に開かれ、本校からは7人が出場。個人種目では細中翔太(電3)が念願の全国大会初優勝を手にしました。

[表彰台の頂上で笑顔を見せる細中]

 

27~29日はトラック競技がいわき平競輪場(福島県いわき市)で行われ、初日の27日は、一番力を入れてきた団体種目「4km団体追い抜き」の予選に岡﨑大志(土3)、岡村郁弥(土3)、晝田宗一郎(土3)、細中が出場。強豪校の好タイムに触発されるように序盤からハイペースを刻みますが、中盤に入ると疲れが見え始め、ラップを維持できず4分36秒119でフィニッシュ。全体でも14位となり、悔しい結果となりました。

[4km団体追い抜きスタート前。緊張した表情を見せるメンバー]

 

トラック最終日の29日は個人種目の決勝戦が繰り広げられ、「4km速度競争」に細中が挑みました。序盤から勝負を仕掛け、予選、準決勝ともに1着で勝ち上がった細中。決勝では戦法を変え、後半勝負のために集団内で息を潜めます。残り4周、アタックを仕掛けた他県の選手を追うように飛び出した細中は、勢いそのままに先頭に立ち、独走を開始。最後は後続を数十メートル引き離す圧巻の走りで全国大会初優勝を成し遂げました。このほか、選抜大会覇者として「スクラッチ」に出場した岡村は、集団スプリントの末、惜しくも9位。「1kmタイムトライアル」で優勝を狙った晝田も8位の選手に0.039秒及ばず、9位となりました。

[独走でゴールを目指す細中]

[スクラッチ決勝。集団で走る岡村]

[苦しそうな表情でペダルに力を込める晝田]

 

 今大会は、優勝者が出たものの、他の種目では力及ばず、下位入賞すら逃してしまいました。今後は大会を通じて感じた弱点を克服することが一番の課題になります。国民体育大会など、今年度の残された大会でリベンジできるよう、これからも頑張って参ります。

 

そのほかの結果や写真を以下に掲載します。ぜひご覧ください。

 

[ポイントレース。岡﨑 20位]

[3km個人追い抜き。安光大樹(電3) 3分42秒425 17位]

[ケイリン。橋本凌汰(土2) 2回戦敗退]

[スプリント。服部幸之助(情3) 11秒557 17位 予選敗退]

自転車競技部 第52回中国高校対抗自転車競技選手権大会(ロード)

 「第52回中国高校対抗自転車競技選手権大会」が6月18日、鳥取県倉吉市の特設コースで行われ、本校の細中翔太(電3)が2位となり、インターハイの出場権を獲得しました。

 

【2位でゴールする細中】

 

 上位10人にインターハイ出場権が与えられる本大会は、1周11キロを7周する計77キロで争われ、本校からは県総体の結果を踏まえ、3年生5人が出場しました。平坦区間が長く、スピードが上がりやすいコースレイアウトはトラック競技を専門とする本校選手向き。上位入賞を狙い勝負に臨みました。

 レースは序盤、逃げ切りを狙う選手たちが集団からの飛び出しを図りますが、すぐさまメイン集団が追走して吸収。急こう配の登り坂1か所を除いては、落ち着いてレースが進みます。

 中盤になると、細中を含めた3人の逃げ集団が形成されます。ロードレースを苦手とする細中でしたが、持ち前の粘り強さを見せると終盤にかけても逃げ続けました。

 

[水島工業の選手と逃げを打った細中(中央)]

 

ラスト1周になると、逃げグループも細中と水島工業の選手の二人。水島工業の選手の何度も繰り返されるアタックに必死に食らいついた細中でしたが、最後は数秒引き離されてフィニッシュ。しかし、力強いペダリングで走り切り、見事準優勝を射止めました。

そのほかの選手も入賞こそならなかったものの、全員が完走。得意といえない種目でもしっかりと力を発揮することができました。

 

[メイン集団をけん引する本校生徒ら]

[岡村]

[秋山]

[今中]

[岡﨑]

[細中の準優勝を喜ぶメンバー(左上から右回りで、岡﨑、今中、岡村、細中、秋山)]

自転車競技部 第49回中国高校対校選手権大会トラック

「第49回中国高校対校選手権大会トラック」が6月10、11日の2日間、玉野競輪場で開かれ、本校は5月に行われた県総体同様、学校対抗18連覇を成し遂げました。また、力を注いでいた「4km団体追い抜き」では、7年ぶりに大会記録を更新し、目標としていたインターハイの出場権を獲得することができました。

【大会新記録で優勝した4km団体追い抜き。(左から細中、晝田、岡﨑、岡村)】

 

 中国地域5県が集った今大会は、インターハイの出場権がかかる重要な大会。初日の午前中に行われた「4km団体追い抜き」と「チームスプリント」の両団体競技では、それぞれ1位、2位となり、幸先のよいスタートを切ることができました。午後になって行われた「3km個人追い抜き」でも勢いを維持し、細中翔太(電3)が2位、安光大樹(電3)が3位となりました。特に安光は、県総体からの約1ヶ月間でベストタイムを7秒ほど上回る好走を見せました。

【県総体から急成長を遂げた安光】

 

 2日目はレース競技の決勝戦を中心にプログラムが組まれ、半周ごとの先頭通過回数に応じて与えられる〝先頭責任〟とゴール着順によって順位が決められる「4km速度競争」には、細中と今中敏博(機3)が出場。スタートから積極的に動いた今中が序盤に先頭責任を完了すると、残り4周からは細中が集団を飛び出し、集団を突き放してゴール。細中が1位、今中が3位となり、二人とも表彰台に上ることができました。

 

【後続を引き離し、一人でゴールを目指す細中】

 

【スタート直後から逃げを打ち、先頭責任を完了した今中(真ん中)】

 

 8kmを走った着順で争う「スクラッチ」では、岡﨑大志(土3)が逃げ切り優勝し、メイン集団のトップも岡村郁弥(土3)がスプリントで制し、見事1、2フィニッシュ。2人は続いて行われた「ポイントレース」でも躍動し、岡村が3位、岡﨑が5位となりました。

 

【スクラッチ。単独でゴールを目指す岡﨑】

 

【スクラッチ。メイン集団のスプリント争いを制した岡村】

 

このほか、短距離種目では晝田宗一朗(土3)が奮闘。得意の「1kmタイムトライアル」では疲れもあり6位と沈みましたが、「スプリント」では全国大会上位入賞者らを相手に2位という結果を納めました。この結果、心配していた学校対抗も2位に30点差をつけて優勝。来年に連覇の記録をつなぐことができました。

 

【スプリントで2位となった晝田(右)。写真は準決勝】

 

【学校対抗1位のカップを掲げる主将の岡村。左隣は細中】

 

 

以下に今大会の主な結果、その他競技の写真を掲載します。

 

1kmタイムトライアル ⑥晝田宗一郎(土3)1分8秒993⑦服部幸之助(情3)1分9秒155

4km速度競争 ①細中③今中

スプリント ②晝田⑤服部

スクラッチ ①岡﨑②岡村

ポイントレース ③岡村⑤岡﨑

ケイリン ⑥橋本凌汰(土2)⑨奥田大登(化3)

3km個人追い抜き ②細中 3分38秒078③安光 3分38秒682

チームスプリント ②岡山工業 1分19秒059

4km団体追い抜き ①岡山工業 4分35秒666(大会新記録)

学校対抗 ①岡山工業

 

 

【1kmタイムトライアル。7位となった服部】

 

【ケイリン準決勝を走る奥田(左)と橋本(左から2人目)】