カテゴリー別アーカイブ: 野球部

【野球部】近況報告10月~11月

岡工野球部 近況報告 平成30年10月中旬~11月下旬
10/21(日)岡山工 7-11西大寺      於:創志学園赤坂グランド
        岡山工 3-4 創志学園B
10/27(土)岡山工10-2 岡山東商     於:玉島商グランド
        岡山工 2-8 玉島商
11/4 (日)岡山工 7-7 東岡工      於:岡山工グランド
        岡山工 0-10東岡工 
11/11(日)岡山工 3-4 東岡工      於:かもがわ球場 (1年生大会)
11/17(土)岡山工 2-2 三次(広島県)  於:おかやま山陽グランド
        岡山工 0-5 おかやま山陽
11/24(土)岡山工 4-5 倉敷商      於:どんぐり球場
        岡山工 6-2 笠岡工 

 師走に入り、日増しに徐々ではありますが寒くなってまいりました。皆様におかれましては、益々ご清栄の事と存じます。日頃より岡工野球部に対しまして、絶大なるご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。
 上記に示しました通り、今年も11月末日を持ちまして対外試合が全て終了いたしました。
この1年間を振り返りますと、春の県大会東部地区予選は初戦の岡山商大附戦に大敗してから始まりました。心機一転顧問・選手一同気合いを入れ直し、臨んだ次週の強豪校であり、伝統校でもある岡山東商戦。打棒が爆発し、大勝したのを皮切りに次々と相手チームを撃破して勝ち進み、県大会出場決定戦にて先発投手 川野がノーヒットノーランを達成し、6-0で勝利。そして7年ぶりに出場し、挑んだ春季県大会。初戦の笠岡工戦にて2-1で接戦を勝利に導いた。次戦は優勝候補の倉敷商戦。我々は一歩も引かず緊迫した投手戦を展開し、結果1-0で惜敗しましたが、春季県大会2回戦進出は創部以来初の快挙となりました。
 そして迎えた夏の大会。春季県大会予選・県大会と孤軍奮闘した川野が6月中旬より調子を落とし、変わって頭角を現したのが、3年生の 石下 である。初戦は、これまた優勝候補のおかやま山陽戦。終盤まで緊迫した投手戦を展開。粘り強い投球と気迫あふれる必死な守りで3点に押さえたが、相手投手を打ち崩せず 3-0 で敗退。しかし、随所に見せた好プレーの数々はとても印象強く心に残っています。
 新チームになり、野球部監督が東山から若い体育科教員の松岡にバトンタッチし、打撃向上を最大の目標に掲げ、磨いてきました。秋季県大会東部地区予選にて岡山城東高校を相手に大逆転勝利を収めるなど、成果も随所に見られたが、県大会出場決定戦にて邑久高校に延長サヨナラ負けを喫し、秋季県大会出場を逃した。
 その反省を下に、野球部顧問で話し合い、来年こそ 攻・走・守 整ったチームづくり、精神的に強いチームづくり、をめざして精進する所存であります。
 今年1年間本当にありがとうございました。また、来年も相変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。
                                 岡工野球部顧問一同

【野球部】近況報告⚾️

皆様大変御無沙汰しております。岡工野球部です。⚾️

今秋の岡山県高等学校野球大会東部地区予選に際しまして、多大なるご声援本当にありがとうございました。🤗📣

Eゾーンでの戦いは岡山城東に逆転勝利を収めるなど3勝1敗となり、2位でFゾーン2位の邑久高校との県大会出場決定戦に進出!🎉
相手校に先制を許し大量リードをされていましたが、劣勢状態にもかかわらず、一度は一気に追いつき勢いに乗りました。💪😃
しかし、結局延長で敗れるという誠に悔しい敗退となりました。😱💦

県大会出場に後一歩手前で敗れ出場出来ないのは秋季において3季連続となり、本当に悔しく、😢また改善を必ずしないといけないと痛感いたしました。

現在その原因をあらゆる部分から分析し、今後に必ずや生かしていく所存であります。
相変わりませぬ熱いご声援をよろしくお願いいたします!!🙏

🗓9/17(月) 岡山工0ー8玉野 岡山工5ー3玉野 於:玉野市民球場
🗓9/23(日) 岡山工9ー1水島工 岡山工3ー2水島工 於:水島工G
🗓9/24(月) 岡山工3ー2三田西陵(兵庫県) 岡山工4ー2三田西陵 於:岡山工G
🗓10/6(土)岡山工3ー0邑久 岡山工3ー0倉敷南 於:邑久高校G
🗓10/8(月) 岡山工1ー2東灘(兵庫県) 岡山工2ー3東灘 於:岡山工G
🗓10/13(土) 岡山工3ー1翠松 岡山工12ー6翠松 於:賀陽球場

【野球部】近況報告

4戦目 9/13(木)対岡山城東戦 10:00~ 於:邑久球場

先発川野が本調子でなく、コントロールに苦しみながらも粘り強く投げていた。8回が
終了した時点で3-7と劣勢状態。しかし本校野球部は、諦めることなく必死でボールに食らいついた結果、連続安打や四球も絡めて一挙に7得点を挙げ逆転に成功。盛り上がりが最高潮に達した。最終的に10-7で勝利し、甲子園経験校に勝ったため選手は勿論の事、保護者も含め喜びを爆発させました。
次のステップ(Eゾーンとの2位同志の県大会出場決定戦)へ駒を進める事ができた。

5戦目 9/15(土)対邑久高校戦 10:00~ 於:邑久球場
この最終決戦で勝利した方が、県下約60校出場する中、上位20校としての秋季岡山県高等学校野球大会に出場する事ができるとても大切な試合である。
前半緊迫した展開でしたが、本校の守備の乱れが出て一挙に5点を献上。その後劣勢が続き嫌な時間帯を過ごす。しかし、本校野球部の底力が8回に爆発。岡山城東戦と同様
、連続安打や盗塁・エンドランなどが成功し、一挙に5点をもぎ取り同点とした。
その後、延長に入り緊迫した場面で精神的な弱さが出てしまい、結果守備のミスで惜敗となり、今後のチームにとって大きな課題となった。

応援して頂いた保護者の方々を始め関係の皆様方には、大変熱心な応援 誠にありがとうございました。今後の励みになると共に、糧になります。この悔しさを胸に刻みながら、1年生大会と来春の県大会出場をめざして、必死に個々の能力向上とチーム力アップを図りたいと思います。
皆様熱き応援本当にありがとうございました!!

【野球部】近況報告

4戦目 9/8(土)対 岡山城東 戦 10:00~ 於:岡山県営球場
雨天の為、試合が中止となりました。

次回の試合は
4戦目 9/13(木)対岡山城東戦 10:00~ 於:邑久球場
となり、引き続き応援方よろしくお願いいたします

【野球部】近況報告

今夏行われた 第100回全国高等学校野球選手権記念岡山大会への熱い応援本当に
ありがとうございました。岡山工業高校野球部は、今年おかやま山陽との初戦 必死の
戦いで相手を慌てさせたのですが、あと一歩力及ばず3-0で惜敗しました。
保護者会をはじめとしまして皆様には、本当に熱心な応援ありがとうございました。
今後とも相変わらぬ応援方よろしくお願いいたします。

さて、本校野球部は新チームになりまして、監督が情報科の東山先生から体育科の松岡先生に代わりました。年齢も若く熱心に指導しています。今後とも応援よろしくお願いいたします

今年も秋季岡山県高等学校野球大会東部地区予選が始まりました。
初戦 8/25(土)対 岡山朝日 戦 10:00~ 於:邑久球場
先発金谷航が序盤ピンチを何回か迎えましたが、要所を押さえ2番手川野にスイッチ。川野は安定した投球を見せ、無難に抑えた。打線は爆発的な打線は見せれませんでしたが、コツコツと加点をし、結果4-0で勝利しました。

2戦目 8/26(日)対 関西 戦 10:00~ 於:関西球場
先発川野が1回に1点を失ったが、その後は緩急をつけ相手打線を翻弄。5回までに
1-0の投手戦を展開。しかし、6・7回と相手打線に捕まり一挙に6点を失った。
結果0-7の敗退となった。悔やまれるのは、6・7回に与えた四球が5つあった事である。今後の課題となりました。

3戦目 9/2(日)対 岡山 戦 12:30~ 於:明誠学院グランド
先発川野とリリーフの金谷航がきちんと相手打線を封じて完封リレーをした。打線も相手の守備の乱れに乗じて加点し、計7点を取り8回コールドゲームとなりました。

4戦目 9/8(土)対 岡山城東 戦 10:00~ 於:岡山県営球場
勝利すれば、3勝1敗となりFゾーン2位が確定しますので、次のステップEゾーン
2位校との県大会出場決定戦へ進めます。引き続き応援方よろしくお願いいたします。

【野球部】第100回 選手権記念岡山大会

平成30年7月14日 第100回 選手権記念岡山大会
岡山工業 対 おかやま山陽(⓪-3)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
岡山工業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
おかやま山陽 0 0 0 2 0 0 1 0 × 3

Ⓟ石下(7回)-川野(1回)
先発の石下は粘り強く投げ、守備もシード校の速い打球に対して、今までしてきた練習と同じように落ち着いてアウトを重ねていきましたが、昨夏の優勝校の投手陣を打ち崩すことができず結果3-0で敗退しました。夏の選手権は残念な結果に終わりましたが、春の公式戦で10年ぶりに予選を突破し県大会に出場、創部以来初の春季県大会一勝を飾り、岡工野球部の歴史を刻んでくれた69期生の思いを後輩たちが受け継ぎこれからの岡工野球部を作っていってくれると思います。8月末には新チームの公式戦が始まります。岡工野球部一同、全力で頑張りますのでこれからも応援よろしくお願いします。






【野球部】岡工 対 城東・岡工 対 天城

平成30年6月16日 練習試合① 於邑久球場
岡山工業 対 岡山城東 (⑥-6)
序盤に先制点を奪い試合を優位に進めて迎えた7回、投手を継投してから相手に4本のヒットと3つの四球で逆転を許しました。しかし9回先頭の小橋がレフト線へのツーベースヒットで出塁すると、相手のバッテリーエラーのあと藤澤のタイムリーで同点としました。

平成30年6月16日 練習試合② 於邑久球場
岡山工業 対 岡山城東 (③-2)
相手の四死球に送りバントを絡めてチャンスをつくるものの得点につなげることができない展開の中、6回に福明のスクイズで先制点を挙げました。9回、先頭の日下部がヒットで出塁しチャンスをつくると森下が押し出しの四球を選び、1点を勝ち越しました。その裏、四球とヒットでピンチを招きましたが、後続を抑え3-2で勝利しました。

平成30年6月17日 練習試合① 於岡山工業グランド
岡山工業 対 倉敷天城 (⑥-2)
初回、相手の3本のヒットで先制されますが、2回に沖田のスクイズで同点とすると続く石下もタイムリーを放ち逆転しました。3回にも小橋、藤澤にタイムリーが飛び出し、追加点を奪いました。守備ではランナーを背負いながらも投手の石下、川野が踏ん張り、6-2で勝利しました。

平成30年6月17日 練習試合② 於岡山工業グランド
岡山工業 対 倉敷天城 (③-2)
初回にツーアウトから廣川がスリーベースヒットで出塁すると古谷の内野安打の間に先制点を挙げました。その後3回に逆転を許したものの中盤の6回、7回でチャンスをつくり逆転しました。第二試合も第一試合同様、投手陣が追加点を許さず、3-2で勝利しました。

【野球部】岡工 対 商大附・岡工 対 津山工業

平成30年6月23日 練習試合① 於岡山商大附グランド
岡山工業 対 岡山商大附 (④-6)
2回、エラーの間に先制点を奪われますがその裏、日下部のタイムリーですぐに同点に追いつきました。4回にはランナーを三塁に置いて森下の2ランホームランで2点を勝ち越しました。先発の石下は6回投げて1失点と好投しましたが、投手が代わった7回にエラーと四球などで4点を失い逆転を許しました。その後、チャンスをつくり得点したものの相手投手を捉えきれず4-6で敗戦しました。

平成30年6月24日 練習試合① 於岡山工業グランド
岡山工業 対 津山工業 (④-3)
1回、三浦、小橋、森下、小野の4連打で3点を先制しました。その後ヒットで2点を奪われ1点差となった7回、四球のランナーを三塁まで進めると3番の森下がレフトへタイムリーを放ち貴重な追加点を挙げました。8回の守りではタイムリーのあと、なおも一死満塁と攻められますがダブルプレーで切り抜け、最少失点で抑えることができました。9回の守りでもランナーを背負ったものの土師が抑え、4-3で勝利しました。