カテゴリー別アーカイブ: 野球部

岡山工業高校野球部(近況報告3)

平成30年4月14日 東部地区予選 県大会出場代表決定戦
岡山工業 対 岡山一宮(⑥-0)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
岡山一宮 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
岡山工業 6 0 0 0 0 0 0 0 × 6

Ⓟ川野(9回)完封勝利
初回先頭の古谷が左中間へツーベースヒットで出て、そして小野のタイムリーで1点。続く、小野とヒットで出た小橋をランナーに置いて藤澤がレフトへタイムリーを放ち2点、さらに満塁となり、前田の押し出し四球により1点を追加し、一巡した。再び1番に戻って古谷がランナーを2人置いてレフトへ2点タイムリーを放ち、合計6点を先制しました。
2回以降、集中力を切らさず、攻撃に挑んだが、やや淡泊になり、タイムリーがなかなか出なかった。
守備については、先発川野が緩急を巧みに使い、四死球が5つあったものの、無安打、無失点に押さえ、結果6-0で勝利しました。
この結果により、本校にとって10年ぶりの県大会出場の快挙となりました。さらに精進を重ね、県大会では1戦1戦全力で戦い、1つでも頂点に近づくよう最大限のパフォーマンスを発揮しますので、今後共応援方よろしくお願いいたします。
尚、4/18(水)にマスカットスタジアム会議室にて県大会の抽選会があり、次日の新聞で掲載されますので、ご覧下さい。

岡山工業高校野球部(近況報告2)

平成30年4月7日 東部地区予選 岡山朝日 対 岡山工業(⑦-2)

1

2

3

4

5

6

7

8

9

合計

岡山朝日

0

0

2

0

0

0

0

0

0

2

岡山工業

0

1

0

2

3

0

1

0

×

7

Ⓟ石下(8回)-川野(1回)
2回に先頭の小橋が安打、小野のタイムリーで1点を先制。
しかし、3回では相手の安打と四球をきっかけに2点を返されたが、4回では小野がランナーを1人置いてタイムリーで1点、さらに石下のタイムリースリーベースで1点を追加した。
5回には、古谷がランナーを1人置いてタイムリーツーベースで1点、さらに1アウト満塁の場面で相手のゲッツー崩れの間にランナーが2人返り、合わせて3点を追加した。
7回には先頭の古里と続く小野の安打、そして石下のスクイズバントで1点を追加し勝利しました。






平成30年4月8日 東部地区予選岡山工業 対 岡山東商(⑭-10)

1

2

3

4

5

6

7

8

9

合計

岡山工業

0

3

0

1

1

0

4

3

2

14

岡山東商

0

0

0

0

0

8

1

0

1

10

Ⓟ川野(5回2/3)-石下(3回1/3)
2回にランナーを2人置いて古谷のスクイズバントで1人かえり1点、さらに三浦の安打に続く小野のタイムリースリーベースで2点を追加し、合わせて3点を先制した。
4回にはランナーを1人置いて小野のタイムリーで1点を追加。
5回には古里に続く藤澤が安打し、バッテリーエラーにより1点を追加。
先発川野が粘投で5回を0に抑えていましたが、岡山東商の強力打線につかまり、6回に一挙8点を奪われ、石下にスイッチしてなんとか切り抜けました。
その後、日々の練習の成果で粘り強さを出し、7回ではランナーを2人置いて森下、前田がそれぞれタイムリーツーベースを放ち4点を追加しました。
続く8回ではランナー1人置いて古里のスクイズにより1点を追加、さらにはランナーを2人置いて石下がタイムリーツーベースで2点を追加しました。
9回ではランナーを1人置いて小野がタイムリーツーベースで1点、続く小橋のタイムリーでさらに1点追加し、結果14-10で乱打戦を勝利しました。
かつて岡山東商は春夏合わせて18回の甲子園を誇る名門校であります。その学校に我が岡工野球部が日々の精進と団結力を思う存分発揮し、チーム一丸となっての歴史的な勝利となりました。これで東部地区Dゾーン3勝1負で2位となり、4/14(土)12:30~岡山工‐岡山一宮(Eゾーン2位校)との対戦となりました。 於 邑久球場
この対戦は勝利すれば、春季県大会出場が決定する大切な試合です。
選手一同必死で頑張りますので、応援方よろしくお願いします。









岡山工業高校野球部(近況報告1)

平成30年3月11日練習試合① 岡山作陽 対 岡山工業(⑤-4)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
岡山作陽 0 0 0 0 0 0 2 2 0 4
岡山工業 0 0 2 0 2 0 1 0 × 5

Ⓟ川野(8回)-三浦(1回)
3回に古谷と小橋のタイムリーで2点を先制。5回には小橋がタイムリースリーベースで2点を追加し、さらに7回には小野の安打と藤澤のタイムリーで1点を追加して勝ちました。
今年最初の試合でしたが、気合の入った勝ちにこだわった試合となり、多くの収穫がありました。

平成30年3月11日 練習試合② 出雲西 対 岡山工業(3-①)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
出雲西 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
岡山工業 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

Ⓟ石下(9回)
先発石下が四球でランナーを出し、連打で3点を先制されたが、4回に小橋のタイムリーで1点を返した。試合の後半、押しぎみで試合を支配していましたが、チャンスで後1本が出ず結果3-1で惜敗しました。

平成30年3月18日 練習試合① 岡山工業 対 倉敷鷲羽(5-5)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
倉敷鷲羽 0 1 0 3 0 0 0 0 1 5
岡山工業 0 2 0 0 0 2 1 0 0 5

Ⓟ川野(3回)-三浦(4回)-三宅(2回)
2回に先頭の廣川がスリーベース、それに続く小野がタイムリーツーベース、そして前田の犠牲フライで2点を先制。続く6回には小野がタイムリーで2点を追加。さらに、7回に古谷がタイムリーで1点を追加し逆転しましたが、9回に1点を取られ、5-5と引き分けました。この試合はチャンスでタイムリーヒットがよく出た試合でした。

平成30年3月18日 練習試合② 邑久 対 岡山工業(④-3)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
邑久 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
岡山工業 0 0 0 0 0 0 4 0 × 4

Ⓟ石下(4回)-金谷航(4回)-土師(1回)
先発石下が粘投で4回を0に抑えました。しかし、金谷航に交替して四死球と連打で3点を先制されたが、7回に小野がランナーを2人置いてタイムリーツーベースなどで3点を返した。さらに古里のタイムリーで1点を追加し、合計4点を取り、逆転で勝利しました。

この4試合の練習試合を通して、成果の出た内容となりました。 次の東部予選の公式戦に生かしたいと思います。

平成30年3月24日 東部地区予選 商大附 対 岡山工業(10-⓪)6回コールド

1 2 3 4 5 6 合計
商大附 1 0 0 0 2 7 10
岡山工業 0 0 0 0 0 0 0

Ⓟ川野(5回)-石下(1回)
先発川野は粘り強く投げてくれました。しかし、相手打線につかまり、石下に交替しましたが、相手打線の勢いを止める事ができませんでした。このような点差で負けてしまいましたが、この悔しさを糧にこれからも日々努力し、次の公式戦では結果が出せるように頑張りますので今後共応援のほどよろしくお願いします。

平成30年4月1日 東部地区予選 岡山工業 対 岡山芳泉(③-1)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
岡山工業 0 1 0 0 0 1 0 0 1 3
岡山芳泉 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

Ⓟ川野(9回)
2回に千田のタイムリーで1点を先制。6回には小橋が左中間へタイムリーツーベースで1点を追加。さらに、9回には押し出し死球で1点追加し勝ちました。

先週の敗戦から、多くの事を学び、改善を図りながら練習に取り組んできました。その結果、上記のような接戦を勝利に導く事ができました。さらに今後の試合に生かしたいと思います。引き続き応援のほどよろしくお願いします。

新聞部ログ5「黄金世代」を目指して(野球部)

野球部は3年生が引退し、1・2年生の新しいチームになったばかりです。今は8月の終わりにある秋の県大会に向けて、練習に励んでいます。キャプテンにインタビューをしました。

P1080253    P1080248     P1080249

Q.秋の県大会に向けて具体的にどんな練習をしていますか?
A.守備力の強化を図っています。エラーを無くし、守り勝つチームを目指しています。
Q.部の雰囲気は?
A.3年生の先輩が引退されて、やっと新しいチームとして動き始めたところです。雰囲気は楽しい雰囲気だと思います。
Q.部の良いところは?
A.メリハリがついていて、自分たちで考えて動けるところです。
Q.野球部は部員数が多いので、特に「自分で考えて動く」ことが必要なのでしょうね。人数が多いことで工夫していることがあれば、教えてください。
A.実は今、3年生がいた時に比べて部員数が約半分になっているんです。3年生は29人、1・2年生はマネージャーを入れて35人ですから。3年生がいた時は、部の中をチームに分けてローテーションを組んで練習していました。今は個人練習の時間が増えましたが、この人数でできるより良い方法を考えていきたいと思います。
Q.部の大変なところはどこでしょうか?
A.今はみんな暑くて、声を出しにくくなっているので、しっかり出すよう声掛けをしたり、部員をだらだらさせないようにしたりするところが大変です。
Q.様々なスポーツがあるなかで、野球を選んだのはどうしてですか?
A.注目されるスポーツであるということと、「走・攻・守」の3つがそろわなければならないスポーツなので、難しいですが、その難しさに挑戦したいと思って始めました。今は、「好き」なのでやっています!
Q.野球部は、経験者が多いのですか?
A.今のチームで、高校から始めたという人は1人です。中学生の時野球部だった人が多いし、小学生の時ソフトボールから始めた人もいます。
Q.部を色で表すと?
A.情熱・やる気の「赤」です。
Q.最後にキャプテンからひとことお願いします。
A.「自分たちの代を過去最高の世代、黄金世代にするよう、チーム一丸となって頑張ろう」という目標をみんなでたてました。本当に実現するよう頑張りますので、皆さん応援をよろしくお願いします。

 その後、前々から気になることがあったので、さらに聞いてみました。

Q.ところで、皆さんスポーツマンらしく、ユニフォームにところどころ土がついていますが、ユニフォームの泥汚れはどうやって落とすのですか?
A.特に汚れているところは、最初に手洗いをしてから洗濯機に入れます。ところが公式戦だと黒土になり、大変落としにくいです。「黒土用石けん」がスポーツ用品店で売られているので、それを使います。

「黒土用石けん」というものがあるとは知りませんでした。いろいろな質問に快く答えてくださってありがとうございました。
野球部の皆さん、私たちも応援していますので目標に向かって頑張ってください。
P1080250     P1080255     P1080252

 

夏の大会 岡工野球部、初戦を飾れず

7月16日(火)、第95回全国高校野球選手権岡山大会第3日、岡工野球部はマスカットスタジアムで玉島商業高校と対戦、善戦及ばず、0-10で敗れました。

P1080139P1080145P1080147P1080151P1080159P1080168

前日の雨のため、順延となった試合でした。岡工は1回表に1死2塁の好機をつかみましたがタイムリーが出ず無得点。逆にその裏に大量点を許す立ち上がりとなりました。セイフティーバントや本塁でのホースアウトなど、随所に好プレーを見せた岡工でしたが、試合の主導権を奪うことは出来ませんでした。

この試合での経験を、次のチームに引き継ぎ、活かしてほしいと思います。熱心な応援をいただいた保護者、卒業生の皆さまありがとうございました。

夏の大会を前に、野球部が練習試合

夏の大会を目前にした7月5日(金)、岡工野球部が倉敷天城高校と練習試合を行いました。昨日の大雨でグランドコンディションが心配されましたが、試合開始の15時にはきれいに整備も終わり、予定通り試合が始まりました。

立ち上がり、ヒットとエラーがらみで失点し、相手ペースでの試合となりましたが、最後まであきらめず、9回裏には、走者一掃の3塁打で一矢を報いることができました。結果は、岡工 5-7 天城 でした。

DSC_0009DSC_0010DSC_0012DSC_0019DSC_0021DSC_0024

全国高等学校野球選手権記念岡山大会は7月13日(土)に開幕します。岡工の試合予定は次のとおりです。皆さまの応援、よろしくお願いします。

岡山工業高校 vs 玉島商業高校 平成25年7月15日(月) 9:00~ マスカットスタジアム

部活動オープンスクールを開催しました

10月27日(土)、県内各地から約130名の中学生が参加して、以下の日程で部活動オープンスクールが開催されました。
9:00~ 9:30    受付
9:30~10:00    開会、更衣
10:00~12:00  説明、体験入部または見学
12:00~        更衣、各部ごとに解散

体験または見学を実施したのは、野球部、サッカー部、バスケットボール部、バレーボール部、自転車競技部、ハンドボール部、柔道部、剣道部、ボクシング部、弓道部、吹奏楽部、バドミントン部です。バドミントン部は、練習場所等の関係により、13:00~16:00の開催となりました。

好天に恵まれ、参加した中学生のみなさんは、顧問の先生や岡工の生徒たちの説明や指導を受け、それぞれの部活動の見学や体験を楽しんでいました。このオープンスクールへの参加が、中学生の皆さんが進路を決定する際の参考になることを願っています。

部活動オープンスクールは、この後、11月3日(土)9:00~12:00 に開催され、陸上競技部の体験と見学が実施される予定です。

岡工野球部 津山東高に惜敗 

7月16日(月)、第94回全国高校野球選手権岡山大会第3日、岡工野球部は津山東高校と

対戦、接戦を展開しましたが、惜しくも2-3で敗れました。

岡工は2回の表に1点を先取。その後も押し気味に試合を進めましたが、好機にあと1本が出ず、

7回に逆転を許し、1-3で8回を迎えました。この回に1点を返し、最終回も2死2塁と迫りました。

最後の打球は,抜ければ同点という左翼へのライナー性の大飛球でしたが、これを好捕され、

ゲームセットとなりました。

じりじりと照りつける日差しの下、スタンドでは控えの選手、保護者、OBがグランドの選手とともに

戦っていました。皆さん本当にお疲れさまでした。