カテゴリー別アーカイブ: 電気科

UFOキャッチャー製作中!(電気研究同好会)

電気研究同好会は、6月にある発輝祭でのお披露目を目指し、「UFOキャッチャー」を製作しています。1月から構想を練り始め、3月に組み立て作業を始めました。現在は、アームの取り付けなどを終え、配線を行っています。

枠組みはもちろんのこと、アームやコントローラーも全て手作り。生徒自らが設計し、3Dプリンターで製作したパーツも組み込むなど、細かな部分までこだわりぬいて作っています。完成後は動作確認を行い、より楽しめる作品を目指して改良を続けていきます。
発揮祭での一般公開はありませんが、7月のオープンスクール、11月の岡工祭などでも展示予定です。ぜひ、どこかの機会で遊んでみてください。

機械科・電気科 おかやまテクノロジー展見学

1月17(水)~18日(木)コンベックス岡山で開催された『おかやまテクノロジー展

(OTEX)』を機械科と電気科の2年生が見学しました。

県内企業がもつ高い技術を直接見学できる貴重な展示会で、将来の進路選択に大いに役立つものでした。

当日、会場では本校生徒と伊原木岡山県知事との対談がありました。

岡工ものづくり体験デー(サイピア)

ゴールデンウィーク最終日の5月6日、人と科学の未来館サイピアにおいて「岡工ものづくり体験デー」を開催しました。

岡工の専門科7科の展示や体験コーナーを設け、地域の子供たちとの交流を図りながら”ものづくり”の楽しさを伝えました。

化学工学科 人工いくらカプセルやアクセサリーづくり
情報技術科 ロボットカーを走らせよう
建築科   マイ箸づくり
デザイン科 ペーパービーズでアクセサリーをつくろう
機械科   表札づくり
電気科   電子オルゴールの製作
土木科   再生コンクリート活用のパネル展示

東日本大震災復興支援のアンテナショップが開店しました

P10209523月11日(火)、奉還町のイベントスペース「りぶら」に、東日本大震災の被災地を支援するアンテナショップ「虹の架け橋」がオープンしました。

「虹の架け橋」は、店内でのパネル展示などを通して被災地の現状を岡山の皆さんに発信することと、現地の方が作った各種のグッズを販売して、その売り上げを復興に役立ててもらうことを目的とするアンテナショップです。現在は電気科2年生が活動の中心となっていますが、4月からは岡工生全員に参加を呼びかけ、学校全体として取り組んでいく予定です。

P1020948P1020963P1020970

10時からのオープニングイベントでは、商店街の代表の方と、生徒代表があいさつ。さっそく、通りがかった親子づれの方などが店内を訪れ、展示パネルを見たり、支援グッズを買い求めたりしていました。

P1020974P1020977P1020982

「虹の架け橋」は、奉還町商店街のご協力を得て、これから毎月、1週間ずつ開店します。今月は、3月13、14、15日に開店します。多くの皆さまのお越しをお待ちしています。

3学期始業式、表彰式、壮行式を行いました

P1020404小雨模様となった1月8日(水)、3学期始業式、表彰式、壮行式を行いました。

始業式の式辞で、高柳校長は、「『工(たくみ)』という字には、工夫してものづくりをすること、またものづくりをする人という意味があります。高い技能を身に付けた「たくみ」となるのは容易なことではありませんが、工業高校でしっかりと基礎を身に付け、「工」に近づく努力をしてください。将来、どのような職業に就いても、その努力はきっと生きてきます。幸い本校の機械科には、「現代の名工」に認定されている小野田先生という良いお手本がおられます。ひとり一人の力が伸びる3学期にしましょう」とお話しされました。

続いて、表彰式、壮行式が行われました。内容は次のとおりです。

image

P1020409P1020415P1020431

マイコンカーラリー中国地区予選会に参加しました

DSC0665812月1日(日)、岡山県生涯学習センターで、「ジャパンマイコンカーラリー2014中国地区予選会」が開催され、中国地区の高等学校から、アドバンスの部96台、べーシックの部121台の合計217台が出場しました。

 

 

DSC_0103DSC_0105DSC_0107

本校からは機械・情報技術・電気の3科から、アドバンスの部4台、ベーシックの部15台が出場しました。ものづくりの難しさとメンテナンスの重要性を理解することができ、よい経験となりました。残念ながら競技成績ではふるいませんでしたが、多くの生徒が運営スタッフとして、今大会の運営に尽力してくれました。来年こそは全国大会出場に向け、頑張っていきたいと思います。

「税に関する高校生の作文」授賞式がありました

P102008911月27日(水)6時間目、生徒会役員選挙立ち会い演説会に先立って、「第52回 税に関する高校生の作文」の授賞式がありました。

情報技術科3年の村田晃啓君と電気科3年の森剛君の2人が、「第52回税に関する高校生の作文(国税庁主催)」の作文コンクールで税務署長賞を受賞し、岡山西税務署長の下野和徳さんから、直接表彰状と記念品を贈呈していただきました。お忙しい中、足をお運び下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

「みなしごハッチ」の贈呈式が行われました

P1020067奉還町商店街の一軒の店の前に置かれ、地元の子どもたちに約40年も親しまれてきた「みなしごハッチ」の遊具が、このたび商店街に寄贈され、11月26日(火)、夕方の買い物客でにぎわう奉還町商店街で、贈呈式が行われました。

 

 

40年の歳月で、「ハッチ」は塗装がはげ、電源を入れても動かない状態になっていました。寄贈にあたって、本校に修理の依頼があったのは今年の2月。機械科、デザイン科、電気科がそれぞれの技能を生かして、修理に取り組みました。

DSCN1843P1020036P1020042P1020049P1020073P1020064

鮮やかな塗装が施され、基礎部と人形をつなぐ鉄製の補強材も入れられて、すっかり生まれ変わった「ハッチ」。20円で約1分、小さな子どもを乗せて動きます。

ファジアーノ岡山のバナーや小判君神社とともに、「ハッチ」が奉還町の新しいシンボルとして、多くの人に親しまれる存在になることを願っています。