カテゴリー別アーカイブ: 運動部

中国大会20連覇を達成(自転車競技部)

「第51回中国地域高等学校対抗自転車競技選手権大会」(中国大会トラック競技)が6月7~9日、山口県防府市の防府競輪場で行われ、学校対抗20連覇を達成しました。また、本大会はインターハイの選考レースとなっており、上位の記録を残した6名が7月に沖縄で開かれるインターハイの切符を獲得しました。

【20連覇を達成しました】

4㎞チームパーシュートには小西涼太(機3)、吉房暖人(デ3)、柏野健吾(土2)、橋本大和(土2)の4人が出走。大会記録を目指してスタートからハイスピードでラップを刻み、他校を圧倒します。この日は強風の影響でスピードを維持することが難しく、後半にかけてラップタイムを落としたもののゴールに向けてもう一度ペダルに力を込め、4分34秒140の大会新記録で栄冠を手にしました。

【先頭から小西、柏野、橋本、吉房】

ケイリンでは主将の吉野太晟(建3)が力の違いを見せつけました。残り2周で誘導員がいなくなると一度ペースを落ち着かせ、残り1周に入る手前で加速。ゴール前になってもスピードを落とすことなく、前年度5位と悔しい思いをした大会で自身初の優勝を手に入れました。

【先頭でラスト1周へ向かう吉野】

4㎞速度競走には橋本と吉房が出場。決勝戦では先に吉房が積極的な攻撃を仕掛け、集団を揺さぶります。吉房の攻撃で集団に疲労が見え始めると、カウンターで橋本がペースを上げ、他校の生徒とともに3人の逃げ集団を形成します。橋本はラスト2周を残して再びアタックし、後続を大きく引き離したまま先頭でゴールを駆け抜けました。

【3人の逃げ集団からアタックする橋本】

ポイントレースでは吉房と柏野が健闘しました。春の全国選抜大会で表彰台を獲得した選手に対し、柏野は逃げを打ってポイントを重ね、吉房も得意のスプリントを決めて有利に展開を進めました。しかし、最終盤に有力選手の逃げを許してしまい、吉房が2位、柏野が4位となりました。

【集団で走る吉房】

スプリントでは海野晃太郎(土3)が大金星を挙げました。予選は6位と出遅れましたが、準々決勝では予選2位の選手をロングスパートで破り、準決勝へ駒を進めました。準決勝では惜しくも敗れたものの実力を存分に発揮して3位の結果を残しました。

【スプリント3位の海野。写真は準々決勝のゴール前】

そのほか、チームスプリントで1位、スクラッチと1kmタイムトライアルで小西がそれぞれ2位と3位、3㎞インディヴィデュアルパーシュートで柏野が2位など全種目において表彰台を射止め、学校対抗20連覇につなげることができました。インターハイには吉野、小西、吉房、海野、柏野、橋本の6名が出場します。
今後は7月下旬から始まるインターハイに向けて日ごろの練習や合宿などで力を付け、優勝を持って帰られるように頑張ってまいります。今後も偉大な記録をつなげられるように努力してまいりますので応援のほどよろしくお願いいたします。

そのほかの写真をいかに掲載します。ご覧ください。

【1位を獲得したチームスプリント。先頭から小西、吉野、吉房】

【1kmタイムトライアル3位の小西】

【3kmインディヴィデュアルパーシュート2位の柏野】

【3kmインディヴィデュアルパーシュート6位の髙井銀河(機2)】

【ケイリン7位の西崎教太(化3)】

【スプリント6位の西崎】

【スクラッチ2位の小西】

【ポイントレース4位の柏野】

【野球部】⚾️毎年恒例のナイター戦

令和元年6月12日(水) 毎年恒例のナイター戦 (マスカット補助球場)

岡山工 6-4 笠岡工  18:00~  於:マスカット補助球場

各選手は燃えていた。気合いの入ったかけ声・息の合った動き・執念とも思えるプレー
どれをとっても、気持ちが漲っていた!!
試合が始まった。1-1で迎えた3回表。先頭バッター三村が四球を選び、1アウト後、香本も四球を選んだ。このチャンスに平岡・金谷涼の連続安打、さらに四球を挟んで2アウトを取られても、続く廣瀬と中川がまた連続安打を放ち、打線が繋がった結果、この回だけで一挙に大量5点を追加。まさに燃えたぎる気持ちと執念の安打であり、素晴らしい攻撃であった。このもぎ取った得点、計6点を先発三宅が3回を2失点、2番手時光が4回を2失点に抑えゲームを作り、3番手土師が1回を無失点、そして最終回に川野が1人のバッターを渾身のストレートで空振り三振に打ち取り、締めは金谷航が2人のバッターをなんなく抑え、結果6-4で快勝しました。

この試合を通じて、チームはさらに一つになった感じがしました。夏の大会がとても楽しみです。
熱い夏の大会に向けてより「投・攻・守・走」共にレベルアップさせます。一層全力で頑張ります。今後とも熱い応援方よろしくお願いいたします。

岡工野球部一同

【弓道部】県総体 女子個人優勝🏆

6月8日,先週の団体の部に引き続き個人の部が行われました。本校は支部予選を突破した男子10名,女子4名が出場しました。本戦は1回戦,2回戦ともに4射3中以上が決勝進出の条件です。本校は,1回戦を女子2名,男子4名が突破し,2回戦を終えて男女1名ずつが決勝に進出しました。決勝は1本ずつ射て外れたものから脱落するサドンデス方式です。女子はキャプテンの宮本さんが1本ずつ確実に的を射抜き見事に優勝しました。男子も福本君が順位決定戦で5位に入賞しました。この結果,宮本さんがインターハイ個人の出場権を獲得し,先週の団体アベック優勝に続き女子は完全優勝となりました。部員みんなで頑張った県総体でした。熱い夏の戦いに向けてこれからも一層精進していきたいと思います。応援に来てくださった保護者やOBの皆様方,本当にありがとうございました。

【大会結果】
女子個人 優勝 宮本愛子(化3)
男子個人 5位 福本恭輔(機2)

(次の大会)
6月16日(日) 国体県予選会 於:玉野市弓道場
6月21日(金)~23日(日) 中国選手権大会 於:キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター(山口県周南市)

応援よろしくお願いします。

 

【弓道部】県総体 男女団体アベック優勝🏆

6月1・2日,吉備津弓道場において標記大会が開催されました。夏のインターハイ代表を決める最も大きな大会です。1次予選は男女とも安定した的中で突破し,2次予選を女子2位,男子はトップで通過し上位4校による決勝リーグに進出しました。決勝リーグでは,女子は初戦を快勝しましたが,男子が劣勢で最後に追いつき際どく引き分けました。2試合目は女子・男子ともに勝ち,勝負の行方は最終戦に委ねられました。女子は相手に先行されましたが粘り強く追いかけ,後半に逆転しそのまま逃げ切って勝利しました。男子は前半もたつきましたが,後半を全て的中させ快勝しました。この結果,岡工初の県総体アベック優勝を飾ることができました。今回はいつにも増してたくさんのOBや保護者の皆様が応援に来てくださり,選手の背中を力強く押してくれました。また,大会の準備から片付けまで部員全員で一生懸命頑張りました。岡工の総合力で手繰り寄せた勝利だと思います。インターハイは8月7~10日,宮崎県都城市で開催されます。日本一を目指し,男女ともに精進していきたいと思います。今週末には個人の部が行われます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

【大会結果】
男子団体 優勝(2年連続9度目)
女子団体 優勝(5年ぶり2度目)

(次の大会)
6月8日(土) 県総体個人の部  於:吉備津弓道場                   6月16日(日) 国体県予選会 於:玉野市弓道場
6月21日(金)~23日(日) 中国選手権大会 於:キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター(山口県周南市)

応援よろしくお願いします。

【野球部】⚾️6/1~6/2近況報告

令和元年6月1日(土)
岡山工 1-1 興譲館  9:20~ 於:興譲館G
先発川野が5回を被安打1,四死球4でまとめ、無難にこなした。試したい変化球が精度良く決まり、今後に明るい材料となった。打線の方は、安打は出るものの、なかなかタイムリーが出ず苦しんだ。特に重要な場面でのサインミスが最後まで尾を引いた。内容で勝っていたが結果1-1で引き分けた。

岡山工 7-3 津田(香川県)  12:00~ 於:興譲館G
2試合目、1回に打線が繋がり、一挙4点を先制。しかし、なかなか追加点が奪えず苦しんでいた状態に、相手打線がじわじわと活発になって、3点を献上。接戦のまま終盤で相手を突き放す1打が飛び出し、勢いづくと、さらに加点し、結果7-3で快勝した。
2試合共、終盤で得点出来たのは大きい収穫となった。だが、まだまだ打線の勝負強さを発揮したい。

令和元年6月2日(日)
岡山工 13-8 藤井(香川県) 10:00~ 於:岡工G
先発川野が、序盤思い切り振ってくる相手打線につかまり、6点を献上。しかしここから自軍の心に火が付き連打が生まれ、四死球も絡み、中盤に一気に逆転に成功。終盤にやや追い上げを食らったが、そのまま結果13-8で逃げ切った。大量失点からの逆転ゲームに価値を見いだす。

岡山工 7-1 藤井(香川県) 13:00~ 於:岡工G
2試合目も先発杉山と金谷航が踏ん張って、最少失点に抑えた。打線の方は、先制点を挙げた後、着実に追加点を加え、危なげなく大差で勝利した。

熱い夏の大会に向けてより「投・攻・守・走」共にレベルアップさせます。一層全力で頑張ります。今後とも熱い応援方よろしくお願いいたします。

岡工野球部一同

【ラグビー部】県総体15人制大会Bブロック優勝

6月1日(土)2(日)美作市美作ラグビー・サッカー場にて【第58回岡山県高等学校総合体育大会ラグビーフットボール競技15人制の部】が開催されました。
本校ラグビー部は2日間で4試合に挑みました。結果をお知らせします。

6月1日(土) 《15人制大会》
【1】  岡山工業 50 -  0 高松農業
【2】  岡山工業 27 -  0 合同B(城東・金光・倉敷)
6月2日(日)
【3】  岡山工業 43 -  7 津山工業
【4】  岡山工業 26 - 21 合同A(朝日・一宮・津山高専)

この結果、15人制大会でBブロック優勝になりました。
温かいご声援ありがとうございました。

【自転車競技部】県総体20連覇達成

第53回岡山県高等学校対抗自転車競技選手権大会(県総体)トラック競技が5月11,12日に玉野競輪場で行われ、学校対抗20連覇を達成しました。また、力を入れている4kmチームパーシュートでは大会記録を大幅に更新して優勝し、インターハイ出場の基準記録も突破しました。

【県総体20連覇を達成しました】

4kmチームパーシュートには小西涼太(機3)、吉房暖人(デ3)、柏野健吾(土2)、橋本大和(土2)で挑みました。序盤からチームベストタイムを狙うスピードで周回を重ね、途中少しペースが乱れたもののすぐさま立て直して後半へ。最終盤にかけてはもう一段階ギアを上げ、これまでの大会記録を5秒ほど更新する4分33秒13をマークしました。また、同じ団体種目であるチームスプリントでも優勝し、チーム力の高さを見せつけました。

【4kmチームパーシュートを走る(先頭から)柏野、橋本、吉房、小西】

【チームスプリント。メンバーは(先頭から)小西、吉野、吉房】

ケイリンでは主将の吉野太晟(建3)が力を見せつけました。スピードを上げて先頭に立つと他の先行を許さず、最終コーナーを立ち上がります。最後の直線で西崎教太(化3)も意地を見せ横に並びましたが届かず、吉野が1位、西崎が2位でゴールを駆け抜けました。

【ケイリン。ゴール前で吉野(真ん中)と西崎(左)が競り合う】

ポイントレース、4km速度競走ではレース競技を得意とする吉房が果敢に仕掛け、それぞれで優勝し、団体種目と併せて4冠。2年生の柏野、橋本も3年生に負けない走りを見せ、各出場種目で上位に食い込みました。

【4冠を達成した吉房(右)】

今大会では、4kmチームパーシュートで大会新記録を樹立するなど、好成績を収めることができましたが、今のままでは全国大会では通用しません。インターハイで上位入賞できるよう、今後も練習に打ち込んで参りますので応援よろしくお願いします。

以下に今後のレース予定を掲載します。ご覧ください。
5月26日 県総体ロード競技(広島県・広島県中央森林公園)

6月8、9日 中国大会トラック競技(山口県・防府競輪場)

6月16日 中国大会ロード競技(広島県・広島県中央森林公園)

7月28~8月2日 インターハイ

【野球部】近況報告

平成31年4月29日(月)
岡山工 10-3  東岡工  8:30~ 於:東岡工G
打線が繋がり、初回に2点、中盤に5点・2点と追加点を取り、結果10-3で快勝した。
岡山工  3-13 東岡工  11:00~ 於:東岡工G
2試合目、逆に本校投手が早々と相手打線に捕まり、投手交代をしても相手の勢いが止まらず、結果13-3で大敗した。
岡山工  8-5  東岡工(7回まで) 13:30~ 於:東岡工G
3試合目、1年生も何人か出場した。相手投手の乱れもあり、着実に加点して、計8点を取った。相手も踏ん張り、得点を5点取った。結果8-5で勝利した。

令和元年 5月3日(金)
岡山工 10-11 大手前高松 9:30~ 於:大手前高松G
初回から打線が爆発して、一気に7点を先制。さらに2・3回にも3点を追加し、一方的と思われたが、相手打線の粘り強さと勢いに会い、終盤に怒濤の追い上げで結果、10-11で逆転負けを喫した。
岡山工 11-12 今治工 12:30~ 於:大手前高松G
序盤はお互い静かな立ち上がりだったが、中盤にお互い打線が繋がり、点の取り合いになった。終盤まで取られ取りつつ結果11-12の惜敗に終わる。しかし、2試合とも新しい顔ぶれの選手が躍動した内容の濃い試合となった。

令和元年 5月5日(日)
岡山工 3-2 明誠学院 9:30~ 於:明誠学院G
2年生左腕杉山が先発。序盤2点を献上したが、粘り強く投げてその後は要所を抑えた。その粘投に打線も答えて終盤に3点を一気にもぎ取り、逆転に成功して3-2で逃げ切った。
春季県大会ベスト8進出 Bシードの明誠学院に勝利したのは、今後の糧になる。
岡山工 11-5 松山城南 12:30~ 於:明誠学院G
3年生金谷航が先発。本校は最近力を入れてきた打線が好調で、序盤から点を重ね5点を先制。相手も打線が踏ん張り3点を奪取。終盤に着実に追加点をもぎ取り計11点。結果11-5で快勝した。

この度は、春季県大会において熱い応援 誠にありがとうございました。
本校野球部の長い歴史の中で、県大会に2年連続で出場するという快挙を成し遂げた事、皆様の平素よりのお力添えと思っております。心より感謝申し上げます。
熱い夏の大会に向けてより一層頑張ります。今後とも熱い応援方よろしくお願いいたします。

岡工野球部一同