カテゴリー別アーカイブ: 学校行事

【学校行事】3年生人権教育講演会

 6月23日に3年生を対象に「就職差別」について、岡山県社会保険労務士会より講師の方を招き講演をしていただきました。まず、採用選考の際に「聞いてはいけない質問はどれか」を考えることで、「公平な採用」について確認しました。

 次に、「もっと人権に配慮した採用選考」というテーマで、「出身校の欄はあったほうがいいか?」「性別の欄はあったほうがいいか?」「写真を貼らないでもよいか?」の3つを考えました。生徒の考えとしては「出身校の欄・性別の欄・写真の欄は3つとも必要ないと思った。出身校が書いてあると、その学校のレベルが先入観として入ってしまって、その人自身の能力が正確に見られない可能性がある。性別の欄はLGBTの人が困ってしまう。写真があると見た目で判断してしまう。」「性別の欄の有無は、LGBTQの配慮としてはいいと思う。人は性別を書面上で判別できない。また、口頭で性別を聞くのも見た目で判断することになり、トランスジェンダーの方を傷つける可能性がある。性別の欄は任意欄として残しておいた方がいいかと思う。」とたくさん考えてくれました。

 次に、「差別はどうしておこるのか?」について考えてみました。就職差別は「採用する側はいい人を採りたいと思う」→「いい人と良くない人を区別する」→「良くない人を見つけるような質問をする」という経緯で生まれてくるものです。この「いい人と良くない人」という二元論的思考が差別を生むことに気づかされました。みんなそれぞれにいいところがあります。そのことを踏まえて、今度は採用する側に立ち、その人のいいところを引き出すためには、どのような質問をするのがよいかを考えました。生徒が考えてくれた、その人のいいところを引き出すための質問項目は、一覧にして配布する予定です。是非就職や進学試験の参考にしてくれたらと思います。

  講演後の生徒の振り返りでは、「みんな違ってみんないい、という言葉があるように、いろいろな人がいるからこその人生なのに、それを阻害するようなことがあっては絶対にいけないと思いました。」「面接の時はいい人と思ってもらえるような事を並べるのではなく、自分というものを前面に出し、自分には適正や能力があると思ってもらえるように頑張らなければならないと思った。」「出身地や家族の有無などの表面上の情報だけで、その人のことを良い人だ、悪い人だと決めるのは絶対に間違っている」など、生徒それぞれに講演を聴いて、何が分かるようになったのかを考えてくれていました。振り返りの中で、「就職差別」という言葉やその存在があることを知らない生徒もたくさんいました。これは、「公平な採用選考」に取り組んだ先人達の努力の結果だと思います。就職差別はなくなりつつあるかもしれませんが、なくなるよう多くの人が努力してきたこと、そして、差別をなくす努力をし続けることが大切だと伝えていきたいと思います。

【学校行事】主権者教育

 本日令和3年6月2日(水)総合的な探究の時間において「主権者教育」が行われました。本来ですと、体育館にて講師の先生からの講演を聴きながら進める予定でしたが、グーグルのmeet機能で各教室をつなぎ実施しました。

 今回は「法律(ルール)は誰の、何のためにあるのか。」が大きなテーマでした。ワークシートを用いて説明を聞き、自分の考えをまとめました。 その後、講師の肥田弘昭法律事務所の肥田様より、「コロナ禍における営業自粛」や法律についてのお話しを聞きました。                                                   生徒はその話を聞いた上で、「営業する権利」を尊重すべきか、はたまた「人の命」を尊重すべきか…など、かなり踏み込んだことを考え、周りの友達と簡単なディスカッションを行いました。                                             最後のワークは自分たちの身の回りにある「困りごと」を書き出し、その困りごとをどう解決するのかを考えました。「こんな法律があると嬉しい」という見方から、考えていきました。 ある生徒は、「髪型は自由がいい。長くてもOKにしてほしい。」ということを口にしていました。すると隣の生徒は「いや、長いのは衛生的にもよくないだろ、ツーブロックなら・・・。」などと、自分たちの生活に身近な校則について話し合ったりしていました。 また、「自分の通学路には街灯が少なくて危ない。カーブミラーを設置して欲しい場所がある」「自転車でのマスク着用はしないといけないが、苦しいときがある。何かいい方法はないか。」「現在経営が苦しい映画業界で、1日何回でも見放題の映画館を作れば、売り上げが伸びるかも」と困りごととその解決策をたくさん考えてくれました。生徒が考えた意見は、関係機関に提出して、その賛否を聞いてみようと思います。

  「主権者教育」という言葉だけ聞くと、高校生とってはなかなか身近に感じることが難しいかもしれません。しかし、私たちの安心安全な生活を守ってくれる法律(ルール)の大切さを学ぶとなると、前向きにとらえられる生徒もいました。 18歳で選挙権を手にする彼らにとって、在学中に知っておくべき内容です。今回の時間をきっかけに、「他人事から自分事」に感じられる生徒が増えてきてほしいものです。

  次回の主権者教育は2学期です。今回の生徒の意見の中からユニークなものを数点選び、どれが最も賛同を得るのか投票によって決めていくというプログラムを予定しています。

【学校行事】学びの基礎診断

本日令和3年5月27日(木)考査終了後に「学びの基礎診断(解説)」について、株式会社ベネッセコーポレーションの担当者様と各クラスをmeetでつなぎ、それぞれのクラスで実施しました。

学びの基礎診断(解説)は、事前にマークシートによる基礎学力テストやアンケートを実施し、その結果を用いて今の自分自身の基礎学力の定着具合や、学習への取組み方などを考えるためのものです。

生徒は個人の結果シートを見ながら解説を聞き、大切なところのメモを取るなどしながら振り返っていました。

途中で「ふりかえり ビンゴ」というゲーム感覚で自分の学習特性がわかるプログラムがあり、生徒は楽しみながら振り返ることができていました。

学習はやって終わりではなく、その結果について、「振り返り・結果やプロセスを深堀し・どのように次回につなげていくか。」が大切であると実感しました。

また、担当者様からは「なぜ学ぶのか。それは納得のいく進路を決めるため。」「進路活動で必要な力は、コミュニケーション能力、自分で考え行動する力、基礎学力の3つである。」「学習習慣は1年生の秋までに身につければ3年間できる。」「知らないことから逃げない。」などの、多くのアドバイスもいただきました。

基礎力診断テストは1・2年生:年3回、3年生については年2回実施の予定です。自分自身の基礎学力の変化や進路意識を、客観的にとらえることのできる機会です。自身の結果シートを見ながら、真剣に話を聞き、メモを取っている生徒の姿が、彼らの今後の成長を物語っているかのようでした。

【学校行事】1学期中間考査

本日令和3年5月24日(月)例年になく早い梅雨入りを記録した今年も、今年度初めての定期考査となる1学期中間考査が始まりました。

1年生にとっては初めての考査になります。SHRにて取組み方や守るべき決まりなどを、担任の先生から説明を受けてから実施しました。また、考査はどの学年にとっても進路を決める上で非常に重要になります。(あのときもっと勉強してたらな…。)と後悔しないように、今できる精一杯の学習に努めていきましょう。

今日から4日間、頑張っていきましょう。

【校内行事】1年生校内研修

令和3年4月23日(金)1年生は校内において一日研修を行いました。

学校長のお話から始まった今回の校内研修目的は、まずは岡工を知ることが大きな目的です。今年度入学生より導入されましたChromebookについて学ぶことのほかに、仲間づくりのワークショップ、交通安全教室、社会貢献活動など様々なプログラムを体験する一日でした。以下その様子です。

校長・各課長・教頭のお話

校長・各課長・教頭のお話

校長から、「本物を目指す」本物には「価値」がある。では「本物になるためには、どうするのがよいのか」を、プレゼンテーション画像を用いながら説いていただきました。「自分で自分を磨く=自分で正しい判断ができ行動に移す。それを繰り返していくことで当たり前にできるようになる。」という言葉が印象的でした。磨き方は普段の生活の中に隠れている。高い夢(目標)をもって前向きに取り組んでいこう!

仲間づくりのワークショップ

入学して何度もやった自己紹介ですが、今回は手法を変えてプリントに匿名で必要事項を記入し集める。集めたプリントをシャッフルして返却することで、手元には自分以外の誰かのプリントが届く。そして、自分以外の誰かの考え方がわかる(伝わりにくくてすみません)という、「匿名自己紹介」のワークショップでした。手指消毒を徹底し生徒は楽しそうに取り組んでいました。先生方も3名生徒に混ざって参加し、生徒のプリントをもらって嬉しそうでした。発表してくれた3名はユニークな生徒で、切り返しも上手で、場が笑いに包まれる暖かな雰囲気の中、仲間づくりを終えました。

交通安全教室

外部講師としてJAF様から講師をお招きし、生徒参加型の安全交通講習を実施していただきました。「岡工ではものづくりを学ぶ。ものづくりは安全第一。交通も安全第一です。」から始まった今回の講習は、生徒が実際に自転車で並走するとどうなるかなどの体験もあり、とてもわかりやすい内容の講習でした。

Chromebookの使い方講習1・2

情報担当の先生が作成してくれたマニュアルを元に、担任の先生からChromebookのログイン方法やclassroomの使い方の説明がありました。生徒の足並みをそろえながら、先生方もドキドキしながらの使い方講習でしたが、大きなトラブルもなく終えることができました。生徒同士でわからないことを教え合っている姿が印象的でした。ちなみにプチトラブルに関しては、校長先生も一緒になって対応してくださいました。

社会貢献活動(学校周辺の清掃活動)

1年生320名が学校周辺の公道のゴミ拾いを実施しました。

生徒からは、「あんまり落ちてないなぁ。」「けっこうきれいじゃなぁ。」そんな声がこぼれていました。心の中で(きっと地域の人たちで気づいた人が清掃してくれているんだよ・・・。)と伝えておきました。

 さて今回の研修では、非常に多くの「学び」がある一日でした。「学び」は知識を頭に入れることだけでなく、「知恵」や「体験」も学びと言えます。今日はまさにその後者の方でした。入学して2週間、あっと言う間に過ぎました。授業も始まりましたが、研修や検診など様々なことがありました。そろそろ慣れが出てくる頃です。生活習慣が確立されるまでは適度に緊張感を保ち、それが当たり前になるように心がけましょう。

1年生の皆さん、本日はお疲れ様でした。

【学校行事】退任式

本校体育館で退任式を行いました。 3名の先生方がご出席いただき、 校長先生からのご紹介の後、お1人ずつからご挨拶がありました。

先生方、今までご指導いただきありがとうございました!!!
新たなステージでのご活躍をお祈り申し上げます。

【学校行事】令和3年度入学式

本日令和3年4月9日(金)風が春から新緑の香りを運んでくるのを感じられる今日この良き日に、本校へ320名の新入生を迎えることができました。
教室に入った新入生は初々しく、そして当然ですが緊張しているようでした。しかし担任からわずかな入退場の説明を聞いただけで、粛々と入退場できた姿は非常に頼もしく感じました。

学校長式辞より、「初心忘るべからず」「(校訓の)誠実勤勉」「授業を真剣に」という話がありましたが、中でも「創造的ものづくり」についての話が印象的でした。
本校で実施しているSTEAM教育では、単体でものづくりを考え実施するのではなく、「機械×英語」「土木×デザイン」のような様々なつながりの中から、新たな価値を見いだして形にしていく考え方の基礎を学んでいきます。その結果として「創造的ものづくりができる技術者」を目標とし、学校生活を謳歌してほしいです。


午後からは生徒会執行部主催の新入生オリエンテーションがありました。行事紹介のスライドショー、生徒がリポーターとなって校内を案内する動画、部・同好会の紹介動画、中でもストップモーションを用いた動画は非常にクオリティーの高いものでした。
その後は教室でホームルームを行い、下校となりました。ボリューム満載の一日だったので、生徒に疲れの色も見え隠れしていましたが、それを態度に表すことなく最後まで通せた新一年生に「アッパレ!」土日をしっかり休んで、月曜日からの学校生活に備えてください。

文末となりましたが、保護者の皆様におかれましては、奨学会(PTA)の役員選出に関しては多くの方に立候補いただきまして誠にありがとうございました。

【学校行事】1学期始業式

本日令和3年4月8日(木)晴れ渡るうららかな春空のもと、令和3年度新任式・1学期始業式が本校体育館にて行われました。3月の終業式同様、十分な感染症対策をとっての実施です。

久しぶりに登校した生徒もおり、「整列の際はざわざわするのかな?」と思いきや、時間厳守での集合完了、飛沫防止のための私語の自粛など、私たちが注意を入れる前に個々人の責において実施されている姿を見て、STEAM教育の効果がこういったところでも表れているかのように感じました。

まずは新任式です。3月末の人事異動で異動された先生方の代わりに、今年度から副校長をはじめ15名の教職員が本校の仲間入りをしました。新任の先生方、よろしくお願いします。

続いて始業式です。学校長からの訓示で印象的だったのは、「先言後礼」の大切さ、その実践方法についてです。先言後礼は就職試験やその後の人生において必ず役に立つこと、かつて本校も先言後礼が一般的に行われていたことなどを話されました。そして何より校長自身が生徒の前で実践し、やり方を説明したうえで、生徒・教職員全員で先言後礼を実践しました。生徒の先言後礼が素晴らしい。一発で身に付けることができました。あとはこれを日々実行、そして継続していくだけですね。

生徒・教職員の「先言後礼」の挨拶が、今日のようなのどかな風のように流れていく日が来ることを願う、一年の始まりの日でした。