カテゴリー別アーカイブ: 機械科

【機械科】「高校生技術・アイディアコンテスト」最優秀賞!

課題研究で川口先生指導のもと取り組んで来た「自転車競技用トレーニングマシーン」が、第12回 全国高校生技術アイディアコンテストで頂点の「最優秀賞」に選ばれました。
このコンテストは、柔軟な発想と優れたアイディアを持つ生徒作品を発表する場として、全国工業高等学校長協会が主催しているもので、従来に無い新しいアイディアが盛り込まれているかどうか、すでに商品化されていないかどうか、特許認定がされていないかどうかなど、特許庁職員や大学教授などの外部審査員も含めて厳密な審査が行われるものです。今年度は全国から56件の応募がありました。
作品を紹介する1分間ビデオは、課題研究発表会でも紹介されましたが、近々、全国工業高等学校長協会のホームページにアップされる予定です。

作品の概要
一般的に市販されている筋力トレーニングマシンは競技特性に特化したものは少なく、筋肉の各部位別にトレーニングを行うように設計されているものがほとんどである。
この作品は自転車競技に特化したトレーニングマシンで、自転車を直接トレーニングマシンに組み込むことで、自転車に乗車した状態で必要な筋肉のみを効率良く鍛えるように工夫したものである。
ベースになるトレーニングマシンはウエイトスタック方式によるもので、トレーニングはペダルを所定の可動範囲内(約180度以内)で往復運動させることによって

→動画はこちら

作品の特徴

① 普段から乗り慣れている自転車を使用してウエイトトレーニングを行うことが可能になった。これによりサドルの高さやハンドル位置などの乗車ポジションを崩すことなく、必要な筋肉のみを鍛えることができるようになった。このようなトレーニングマシンはこれまでには存在せず、トレーニング方法を工夫することにより、トレーニング効果もこれまでには無いものが得られるようになった。
② ペダル位置(クランクの角度)の変更はペダルの逆回し操作によって行う。これは主軸とギヤ板の間にラチェット機構を組み込んだことにより可能になった。これによりハンドルから手を離すことなくペダルの位置の変更を瞬時に行うことができる。

③ 自転車の組み付けはカム機構によるクランプを採用しており短時間で着脱ができる。またフレームサイズの異なる自転車においても、取り付けステーが前後にスライドする構造を採用したことで幅広く対応することができる。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【トレーニング】

このトレーニングマシンを使用したトレーニングの一部を紹介する。9
10
11

(写真9)は座った状態で上死点下死点の力の打ち消し合いを意識してトレーニングしている。
(写真10)はサドルから腰を浮かせた状態でスタートの場面を意識してトレーニングしている。
(写真11)は自転車のペダルから左足を外し、トレーニングマシンに取り付けた別のペダルに固定し、右足のみを引き上げるトレーニングをしている。

 

機械科 高校生ものづくりコンテスト(旋盤作業部門)岡山県大会予選会優良賞

大会名:高校生ものづくりコンテスト(旋盤作業部門)岡山県大会予選会
日 時:平成27年1月24日(土)
会 場:岡山県立倉敷工業高等学校 機械科実習室

本校機械科からは、1年生と2年生からそれぞれ1名ずつ参加しました。
2名とも慎重に作業を進め、規定時間内に作業を終えることができました。
有吉晃之助君(2年)君は、優良賞を受賞し、県大会に出場することが決定しました。


開会式(午後の部)


県大会出場を決めた有吉君(機械科2年)

機械科 技能五輪全国大会見学ツアー参加

11月29日、愛知県名古屋市の吹上ホールで開催された第52回技能五輪全国大会見学ツアーに参加しました。
本校機械科からは、生徒10名(1年6名、2年4名)と教員3名が参加しました。
 技能五輪は、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会で、全国大会の出場選手は、各都道府県職業能力開発協会等を通じて選抜された23 才以下の技能者です。
国際大会が開催される前年の大会は、国際大会への派遣選手選考会を兼ねて行われます。
 本校の卒業生も各企業を代表してこの大会に臨んでいます。また、企業に所属する選手がほとんどですが、一部工業高校生の姿も見ることができました。高校生の限りない可能性を再認識して岡山に帰ってきました。本校卒業生が技能五輪で活躍できるよう期待しています。

【機械科】非破壊検査セミナー

平成26年12月25日(木)、第7回「明日を担う次世代のための非破壊検査セミナー」が本校百周年記念会館、機械科実習室で行われました。
本校からは、機械科の生徒12名と教員3名が参加しました。
横浜国立大学客員教授 工学博士 荒川敬弘先生の講義のあと、実習室で実演を行いました。
赤外線サーモグラフィー装置による温度分析変化の実演や磁粉探傷試験、浸透探傷試験、超音波探傷試験、放射線透過試験など興味深いものばかりでした。
特にバルブの打音検査の体験では、人の耳の正確さを知ることになり、とても良い経験ができたと思います。

「全国製図コンクール」最優秀特別賞受賞

今年で31回目になる全国製図コンクールで機械科3年赤木秀駿くんが最優秀特別賞を受賞しました。
全国約3000人の中から選ばれたということでたいへん価値のある最優秀特別賞です。
製図コンクールは、三相誘導電動機で渦巻きポンプを駆動するときに用いるフランジ型たわみ軸継手を設計製図するもので、正確さ、明瞭さ、美しさ等を競い合います。出題で与えられるものはモーターの出力のみで、あとはすべて自分で形状や寸法を日本工業規格に則って設計します。
 この賞を受賞した本校卒業生が技能五輪で活躍しているように、更に上を目指して頑張ってほしいと思います。

 

 

「全日本ゼロハンカー大会」参戦

 12月21日(土)高梁川河川敷グラウンド(倉敷市西阿知町西原)で行われた「全日本高等学校ゼロハンカー大会」に、機械科3年生が課題研究で製作したOKAKO1号、OKAKO2号の2台のマシーンが出場しました。
 昨年の優勝トロフィーを返還し、競技スタート、決勝前の第3次予選まで進んだものの、エンジン不調のため決勝に進出することはできませんでした。
また、来年、リベンジし大きな優勝トロフィーを手にできるよう頑張ります。

平成26年度ものづくりコンテスト(旋盤作業部門)岡山県大会 第3位入賞

平成26年度ものづくりコンテスト(旋盤作業部門)岡山県大会が、5月24日(土)岡山工業高校を会場として行われました。
1月の予選会を勝ち抜いた10名が参加して、100分の1ミリメートルの寸法精度を要求される3部品の製作に取り組みました。
本校からは、機3A髙木隆義君、機2B有吉晃之助君の2名が出場し、段付き、テーパー、ねじと多くの要素のある課題を作り上げました。
審査の結果、髙木隆義君が第3位に入賞し、賞状と盾をいただきました。



機械科3年 課題研究「車椅子の整備」について

前年度に引き続き課題研究「車椅子の整備」を3年生79名に紹介したところ、平成26年度は10名(内女子1名)の生徒が1年間、岡山市内の医療機関に出かけて校外学習の一環としてボランティアをすることになりました。

 最初の取り組みは、5月12日(月)4校時から6校時で、岡山市北区伊島町の岡山中央病院に出かけました。比較的新しい車椅子が多く、一般タイプの車椅子を10台、電動タイプと介助タイプを1台ずつ計12台の整備に取り組みました。当日は、余裕を持ってマニュアルに沿って取り組むことができました。親切な病院のスタッフの方の応対にも感謝しています。

 5月は、19日(月)に岡山市北区清心町の福島内科医院、26日(月)に同北区伊島町のセントラルクリニック伊島へ課題研究「車椅子の整備」ボランティアに出かける予定です。

機械車椅子1 機械車椅子2