カテゴリー別アーカイブ: 専門科

建築科 第53回工業高校建築設計競技会

 夏まっ盛りの8月9日(水)、東岡山工業高校を会場に岡山県内建築系学科4校から各校3年生5名が選抜されて設計競技会が開かれました。今年の課題は「校外の駅前通りで暮らす家」~中庭をプランする~という内容で、敷地形状も細長く、設計条件の厳しい課題でした。本校から参加した5名は、夏休みに入ってから毎日のように設計に取組み、自信を持って競技会に臨みました。

 結果は、

   最優秀賞 山﨑 真愛(真備東中出身)

    優秀賞 佐藤 歌弥(岡輝中出身)

    優秀賞 北口 幸輝(竜操中出身)

    佳 作 瀬藤 舜太(御南中出身)

    佳 作 青井央太郎(玉中出身)

 

昨年に引き続き、2年連続で最優秀賞受賞、そして参加者全員が入賞という結果となりました。この勢いで、進路決定ならびに卒業設計製作に向けてがんばります!!

情報技術科 高校生ものづくりコンテスト中国地区大会優勝

6月18日,広島県立広島工業高等学校において『平成29年度 高校生ものづくりコンテスト中国地区大会(第17回全国大会プレ大会)』が、開催されました。

電子回路組立部門では,5月の岡山県大会で優勝した情報技術科3年 山田大貴君と,準優勝の電気科 福井大知君の2名が参加,山田くんが見事優勝しました。

山田君は今年11月に広島で行われる全国大会へ出場します。

 

 

高校生ものづくりコンテスト中国大会化学分析部門 出場

平成29年度・高校生ものづくりコンテスト中国地区大会が

6月17日 広島県立広島工業高校にて

広島県・岡山県・山口県・鳥取県より

工業化学系学科に在籍する生徒が8名集い

「キレート滴定法により、試料水中のCaとMgの定量を行い、

各硬度を求める」という課題で競技が行われました。

本校化学工学科3年の福山皓大君が出場しました。

今回は上位入賞は叶いませんでしたが、

岡山県代表として努力を重ね、健闘した事は

良い経験になったと思います。

応援いただいた方々、ありがとうございました。

 

高校生ものづくりコンテスト岡山県大会化学分析部門 5連覇

平成29年度・高校生ものづくりコンテスト・岡山県大会が

5月27日 岡山県立岡山工業高校にて、行われました。

 

県下6校の工業化学系学科に在籍する生徒が12名集い、

「キレート滴定法により、試料水中のCaとMgの定量を行い、

各硬度を求める」という課題で競技しました。

 

本校化学工学科3年の福山皓大君が優勝。

同じく化学工学科3年の中原悠斗君が3位入賞しました。

優勝した福山君は、

6月17日・広島県立広島工業高等学校で行われる中国地区大会に

岡山県代表として出場する予定です。

 

岡工だかこそ聞ける! 卒業生を囲む会(機械科)

6月14日(水)卒業生を囲む会がありました。今年度の卒業生は以下の5名でした。

(株)牧野技術サービス    鳥羽 将真 氏 (H25年度卒業)

コアテック(株)         米原  徹 氏 (H20年度卒業)

オークマ(株)      奥山 裕介 氏 (H26年度卒業)

西日本旅客鉄道(株)    髙杉 恭平 氏 (H26年度卒業)

JFEプラントエンジ(株)金谷 陸矢 氏 (H26年度卒業)

県外の工作機械メーカーと県内の設備メーカー,JRなど、3年生が今まで校外学習で行けていない業種の先輩を選んでみました。

3年生ばかりでなく、多くの2年生が話を聞いた企業に行ってみたいと発言があったことからも、良い刺激になったことがうかがえます。



 

 

 

 

 

 

 

後輩へのアドバイスを職員室で書き残してくれたものを一部ですが紹介します。

後輩へのアドバイス

❑仕事場では幅広い世代の方とお話しする機会がたくさんあります。自分の趣味等があれば会話のネタにもなると思うので今のうちにどんどんいろんな事にチャレンジして欲しいと思います。先輩方もお話ししたいと楽しみに待っています。どんどん話しかけてみてください!

❑目の前のこと全てに全力で取り組んでたくさん苦労して、良い経験をしてください。面接で武器になります。自分の嫌いなことにこそチャレンジしてください。

❑サービス業はお客様と接する仕事なので、満足していただいたときは直接感じる事が出来ます。進路を考えるときは、仕事内容は自分に合っているか、やりがいを感じるかを考え、ずっと続けられる進路先を見つけてください。部活や文化祭など学校行事も全力で楽しみ、思い出をたくさんつくってください。たった3年間しか経験出来ないことなので、何事にも全力で取り組むと後に良い思い出、経験としてずっと残っていきます。

先輩からのアドバイスで必ず出てくると言っても過言でない「コミ二ケーション能力」。やはり今回も随所にその意味合を含んだアドバイスがありました。就職すると、周囲は先輩ばかり、しかも年齢が40才以上も離れた別世代の先輩も大勢おられます。そのような中で気に入られるように振る舞うことができなければ、毎日の仕事はとても辛いものになってしまうでしょう。希望の会社に合格することも大切ですが、その先の「人間力」を磨くことも高校生活の中で頑張らなければならない重要な要素のひとつであるということがわかったと思います。

また、奥川君の言っていた「仕事のことを好きになること」というのが印象的でした。どんな仕事であっても嫌がっていては何の成長もない。頑張ってやっていればこそ、面白さがわかってくる。今では自分のやっていることが大好きだと言い切っていました。これば仕事だけでなく、全てのことにつながると感じました。これまでの自分を振り返り、残された学校生活を全力で過ごして欲しいと思います。

土木科2・3年生 校外学習in玉島

428日(金)に土木科23年生は、今年初めての校外学習として、倉敷立体事業(倉敷市船穂)高梁川高潮・耐震対策事業(高梁川河口付近)の2カ所の現場見学を行いました。普段見ることのできない施工中の橋梁下部工事の特殊工法や護岸工事のコンクリート打設などを見学させていただけるだけでなく、建設業や工事の目的、やりがいなどわかりやすく説明してくださいました。
生徒は、スケールの大きさや難しさ、初めて見たり聞いたりする土木技術の奥深さを感じていました。
質疑応答でも生徒から、「これまで最も苦労したことは何ですか」「感動したことは何ですか」「失敗の経験とどのように対処したか教えてください」など進路の参考にしたいと多くの生徒が質問をしていました。
また各現場に本校卒業生の若手技術者を呼んでいただけるなど配慮していただき、進路を真剣に考えていかなければならない生徒に貴重な経験を多くさせていただきました。
最後にお忙しい中、私たちのために見学会を催してくださり親切丁寧に工事を御説明してくださいました国土交通省中国地方整備局 岡山国道事務所及び岡山河川事務所様、西松建設、三幸工務店、藤原組の企業の皆様ありがとうございました。本当に感謝を申し上げます。無事に工事が完成できますよう願っております。

 

建築科作品展

建築科作品展を開催しました。卒業生、保護者の皆さんをはじめたくさんの方にご来場いただきました。
1年生から3年生までの自主設計作品の展示があり、平面図や立面図、パースを一斉に見ることができました。

ご来場いただいた皆さまに感謝申し上げます。

 

 

 

自動姿勢制御自転車教材贈呈式

2月20日(月)放課後、タマデン工業株式会社様から自動姿勢制御自転車教材贈呈式が開催されました。

転ばない自転車の開発とともに、NPO法人自動姿勢制御自転車教材普及推進委員会を立ち上げたタマデン工業(株)武下工場長から、組み込み制御技術についての講習後、『転ばない自転車TTJ31A』の取り扱い方法について教えていただきました。また、研究に取り組む熱意や視点についてもお話を伺うことができました。

現在、『工場で活躍するロボットを製作できる人材育成』を目標に、第1回岡工ロボット競技大会開催など様々な取組をしている岡工生にとって貴重なお話でした。

貴重な教材を進呈していただきありがとうございました。