カテゴリー別アーカイブ: 専門科

【デザイン科】「藤森運輸株式会社 60周年記念壁画 作品募集」において最優秀賞を受賞しました!

 岡山県倉敷市にある、藤森運輸株式会社の創立60周年記念事業の「持続可能な社会」をテーマに、未来のトラックや新たな輸送手段を表現する、県内高校生を対象とした絵画コンクールに応募したところ、デザイン科2年生の大村 栞莉さんの作品が最優秀賞を受賞しました。
 さらに、優秀賞としてデザイン科2年生の永原 誠治くん、木多 羽桃さんの作品が、また、佳作にも同じくデザイン科2年生の池畠 百花さん、遠藤 千礼さん、片山 友花さん、菅野 愛桜さん、小林 芽生さん、田中 伽朋さん、難波 佐和さん、星島 りらさん、宮本 咲来さん、山口 さくらさんの作品が選ばれました。
 最優秀賞の大村さんの作品は、岡山市南区曽根にある藤森運輸株式会社 岡山流通センターの壁面に壁画として展示される予定です。

【機械科】製図検定特別表彰

第53回機械製図検定で機械科2年の 岡本優大 君と 笠松拓海 君が特別表彰を受賞しました。今年度は総受検者13,812名中、特別表彰者は全国で4名、本校からは2年生2名が選ばれました。コツコツと粘り強く練習した結果が成果となりました。

【化学工学科】2022年度高校生ものづくりコンテスト化学分析部門中国地区大会第2位

 令和4年7月23日(土)に東岡山工業高校で高校生ものづくりコンテスト化学分析部門中国地区大会が開催され化学工学科3年岸本歩さんが第2位となりました。惜しくも全国大会出場は叶いませんでしたが、日頃の練習の成果を発揮することができました。

【デザイン科】全国高校生ポスターコンクール最優秀賞(文部科学大臣表彰)を受賞

岐阜県大垣市にある日本国際ポスター美術館が主催する「第21回全国高校生ポスターコンクール」において、「まつり」をテーマにポスターコンクールが開催され、全国の高校生作品の総数830点の中からデザイン科2年 難波佐和さんがトップの最優秀賞(文部科学大臣表彰)を受賞しました。その他、大垣市長賞にデザイン科2年 山口さくらさん、優秀賞にデザイン科3年 入野谷葉琉さん、奨励賞にデザイン科2年 菅野愛桜さん、入選作品にデザイン科2年 齋藤彩芭さん、森 絢雅さんが選ばれるなど、多くの生徒が入賞することができました。
8月20日には、日本国際ポスター美術館で行われた表彰式に、難波さん、山口さん、入野谷さんが参加し、表彰していただきました。
また、上位入賞者、入選者を数多く輩出された学校として評価され、学校賞をいただきました。

最優秀賞(文部科学大臣表彰)
デザイン科2年  難波 佐和
「今年こそ。」
大垣市長賞
デザイン科2年  山口 さくら
「遠いとぼやけるなぁ…花火。」
優秀賞
デザイン科3年  入野谷 葉琉
「世界のまつり」
奨励賞
デザイン科2年  菅野 愛桜
「どの金魚をすくおうかな?」
入選
デザイン科2年  齋藤 彩芭
「今年は花火見れるかな。」
入選
デザイン科2年  森 絢雅
「宝の道」

【地域貢献活動】小学6年生ものづくり体験教室in岡工

「小学6年生ものづくり体験教室in岡工」をおこないました

 本日令和4年8月20日(土)、近隣小学校6年生を対象に「ものづくり体験教室」を実施しました。児童は、建築科のペーパークラフトで家の模型づくり・デザイン科のアクリル板に絵を描こう・土木科の廃木材を使ったものづくりの3つのショップの中から希望のショップを体験してもらいました。

以下その様子です。

 今回の小学生を学校に呼んでの地域貢献活動は、本校では初めての試みでした。児童のみんなは楽しそうにものづくりに取り組んでくれました。本校生徒も「楽しかった。」「意外と保護者の方と話すのも楽しかった。」「小学生のアイデアすごい。」などと、お互いに実りある体験教室でした。

 ちなみにテレビ局・新聞社合わせて4社取材に来られました。生徒はそっちの方に緊張した様子でした^^

 各科有志の皆さん、今日のために様々な準備を重ねて来たと思います。みんなのそのプロセスが今日の成功につながったのだと思います。本当にお疲れ様でした。

【デザイン科】国際化対策推進広報用ポスター表彰式

岡山県警察が主催する国際化対策推進ポスターコンクールにおいて、デザイン科2年 星島 りらさんの作品が優秀賞に選ばれ、本日8月8日、岡山県警察本部庁舎で行われた表彰式に出席しました。
表彰式後は県警本部庁舎の通信指令室と交通管制センターの見学をさせていただきました。

また、同じくデザイン科2年  村野 蓮珠さん、小若 舞理愛さんの作品も、同コンクールにおいて佳作に選ばれました。

       優秀賞:デザイン科2年  星島 りら
         佳作:デザイン科2年  村野 蓮珠
      佳作:デザイン科2年  小若 舞理愛

【デザイン科・建築科】東京造形大学ガイダンスを実施しました

本日令和4年8月3日(水)、東京造形大学より3名の先生方をお招きし、ガイダンスを実施しました。
参加者はデザイン科と建築科の1・2年生の希望者で、学年や科を超えた取組みとなりました。
初めに進路担当の先生より大学紹介をしていただき、次にデザイン学科 室内建築専攻領域の酒匂先生と、デザイン学科 アニメーション専攻領域の和田先生より、各専攻領域の説明や課題、特徴など分かりやすく説明していただきました。
生徒たちは非常に真剣に聞き、最後には活発に質問している姿も見られ、大変有意義なガイダンスとなりました。
お越しいただきました東京造形大学の先生方、どうもありがとうございました。

【土木科課題研究OCP実践班】おかやまSDGsプラザ夏の交流会2022に参加しました

令和4年8月1日(月)おかやまコンベンションセンターを会場に、「おかやまSDGsプラザ夏の交流会2022」に、土木科3年課題研究OCP実践班が参加しました。今回は小学生対象のワークショップ「木材の廃材を使ったものづくり」をひらきました。
以下その様子です。(画像には一部加工がしてあります)

生徒は今日までに、どんなワークショップをひらくか、どのように材料を調達するか、どのように準備を進めていくのか、当日は誰がどんな役割をするのかなど、先のことを考えながら進めてきました。
参加してくれた小学生はみなものづくりを楽しんでくれたようでした。本校の生徒は「小学生のアイデアって本当にすごい。」「一緒にやってこっちも楽しかった。」「今回失敗したことがあったから、次回は直してもっとよくしたい。」「最初は不安だったけどやってみると楽しかった。」とみんな満足した様子でした。自分たちで計画しておこなったことで、生徒ひとりひとりが自分事として取り組めた証だと思います。また、そばで見ていると、小学生だけでなく保護者の方ともしっかりコミュニケーションをとりながら、一緒にものづくりをしていました。こうしたことから年齢の異なる人ともしっかりコミュニケーションをとることの大切さを学べたのではないでしょうか。そして最後に「おにいちゃんありがとう。」と言ってもらえたことで、自己肯定感も育まれたことでしょう。
OCP実践班の皆さんお疲れ様でした。次回は校内でおこなうワークショップですね。今度こそ会場も学校です。1から10まで自分たちで作り上げるワークショップです。頑張っていきましょう。