【野球部】岡工 対 城東・岡工 対 天城

平成30年6月16日 練習試合① 於邑久球場
岡山工業 対 岡山城東 (⑥-6)
序盤に先制点を奪い試合を優位に進めて迎えた7回、投手を継投してから相手に4本のヒットと3つの四球で逆転を許しました。しかし9回先頭の小橋がレフト線へのツーベースヒットで出塁すると、相手のバッテリーエラーのあと藤澤のタイムリーで同点としました。

平成30年6月16日 練習試合② 於邑久球場
岡山工業 対 岡山城東 (③-2)
相手の四死球に送りバントを絡めてチャンスをつくるものの得点につなげることができない展開の中、6回に福明のスクイズで先制点を挙げました。9回、先頭の日下部がヒットで出塁しチャンスをつくると森下が押し出しの四球を選び、1点を勝ち越しました。その裏、四球とヒットでピンチを招きましたが、後続を抑え3-2で勝利しました。

平成30年6月17日 練習試合① 於岡山工業グランド
岡山工業 対 倉敷天城 (⑥-2)
初回、相手の3本のヒットで先制されますが、2回に沖田のスクイズで同点とすると続く石下もタイムリーを放ち逆転しました。3回にも小橋、藤澤にタイムリーが飛び出し、追加点を奪いました。守備ではランナーを背負いながらも投手の石下、川野が踏ん張り、6-2で勝利しました。

平成30年6月17日 練習試合② 於岡山工業グランド
岡山工業 対 倉敷天城 (③-2)
初回にツーアウトから廣川がスリーベースヒットで出塁すると古谷の内野安打の間に先制点を挙げました。その後3回に逆転を許したものの中盤の6回、7回でチャンスをつくり逆転しました。第二試合も第一試合同様、投手陣が追加点を許さず、3-2で勝利しました。

【野球部】岡工 対 商大附・岡工 対 津山工業

平成30年6月23日 練習試合① 於岡山商大附グランド
岡山工業 対 岡山商大附 (④-6)
2回、エラーの間に先制点を奪われますがその裏、日下部のタイムリーですぐに同点に追いつきました。4回にはランナーを三塁に置いて森下の2ランホームランで2点を勝ち越しました。先発の石下は6回投げて1失点と好投しましたが、投手が代わった7回にエラーと四球などで4点を失い逆転を許しました。その後、チャンスをつくり得点したものの相手投手を捉えきれず4-6で敗戦しました。

平成30年6月24日 練習試合① 於岡山工業グランド
岡山工業 対 津山工業 (④-3)
1回、三浦、小橋、森下、小野の4連打で3点を先制しました。その後ヒットで2点を奪われ1点差となった7回、四球のランナーを三塁まで進めると3番の森下がレフトへタイムリーを放ち貴重な追加点を挙げました。8回の守りではタイムリーのあと、なおも一死満塁と攻められますがダブルプレーで切り抜け、最少失点で抑えることができました。9回の守りでもランナーを背負ったものの土師が抑え、4-3で勝利しました。

【野球部】近況報告

30年 6月9日 練習試合① 於大手前高松グランド
岡山工業 対 大手前高松(①-13)
攻撃ではチャンスを作りながらもタイムリーが出ず1得点に終わり、守備ではツーアウトからのエラーがらみの失点が響き敗退しました。しかし春の四国大会優勝校相手に得点差以上に実りある試合になりました。

平成30年6月9日 練習試合② 於大手前高松グランド
岡山工業 対 大手前高松(②-6)
時間の都合により5回までのゲームとなった第二試合はメンバー変更の後に、終盤にて得点されながらも、最終回に日下部のヒットなどでチャンスをつくり、得点しました。

平成30年6月9日 練習試合③ 於岡山朝日グランド
岡山工業 対 岡山朝日(⑮-2)
序盤、相手の攻撃に押されて1点を先制されましたが後半岡工の粘りを見せ、7回の攻撃で二年小野の三塁打から一気に点を取り、結果そのまま勝利しました

平成30年6月9日 練習試合④ 於岡山朝日グランド
岡山工業 対 岡山朝日(⑮-11)
この試合は、ほとんどの一年生が出場し初出場の選手も大勢いる中、攻守ともに全力でプレーをしました。後半、岡工による失策や四死球が出始め、点差が近づきましたが、一年投手が粘り強く抑え勝利することができました。

【機械科】「卒業生を囲む会」を開催しました

平成26年度の卒業生4名、(㈱デンソー,日本ゴア㈱ポリマーサイエンスセンター,川崎重工㈱,㈱神戸製鋼 加古川製鉄所に御勤務)をお招きし、「卒業生を囲む会」を開催しました。プレゼンテーションやパフォーマンスにより後輩たちに進路選択や学校生活についてアドバイスをしていただき、「何事もチャレンジ!」「敵は己だ!闘え!」などの言葉に皆、奮起を誓いました。

【自転車競技部】中国大会ロード

「平成30年度中国地域高等学校対抗自転車道路競走大会」(中国大会ロード競技)が6月11日、島根県のさくらおろち湖自転車競技周回コースで行われ、本校の近藤康裕(化3)と吉房暖人(デ2)が8月に静岡県で行われるインターハイの出場権を獲得しました。


【チーム最高位の9位でフィニッシュした近藤】

レースはさくらおろち湖の周り(12.3㎞)を7周する計86.1㎞で行われ、中国5県の84人が参加。本校からは近藤、三宅悠斗(機3)、吉房、 小西涼太(機2)、西崎教太(化2)の5人が出場しました。レースは比較的スローペースで進んでいきましたが、コースの2㎞地点と11㎞地点に設定されている登り坂で有力選手がペースを上げ、集団は分裂。本校のメンバーもふるいにかけられ、先頭集団に食らいつけたのは近藤と吉房のみとなりました。さらに先頭集団ではアタックが繰り返されたことで逃げ集団が形成され、後ろの集団に取り残された近藤と吉房は他チームと協力しながら前を追う展開になりました。結局先頭には逃げ切りを許してしまいましたが、後方集団で粘り強い走りを見せ、近藤が9位、吉房が10位。集団から遅れながらもあきらめずに走り切った小西が27位となりました。この結果、近藤と吉房はロードレースでのインターハイ出場を決めることができました。

インターハイは静岡県のサイクルスポーツセンター内にあるコースを使用してのレースになります。起伏に富んだコースで消耗戦が予想されますが、苦手なロードレースでも好成績を残せるようこれからも精進してまいります。

以下にそのほかの写真を掲載します。


【近藤とともに先頭集団に残り10位で完走した吉房】


【27位でのゴールとなった小西】

【三宅】


【西崎】

【自転車競技部】中国大会トラック19連覇

「第50回中国地域高等学校対抗自転車競技選手権大会」(中国大会トラック競技)が6月15~17日、広島競輪場で開かれ、学校対抗19連覇を達成したほか、4㎞チーム・パシュートなど7種目でインターハイ出場権を獲得しました。

【学校対抗19連覇を達成。賞状を持つ主将の橋本(左)とカップを手に喜ぶ服部】

16日の午前に行われた4㎞チーム・パシュートには、橋本凌汰(土3)、服部幸之助(情3)、大森健太朗(電3)、小西涼太(機2)が出場。2位に甘んじた県総体の反省を生かし、余裕を持ったスピードで序盤の周回を重ねました。残り4周を切った時点で大森が力を出し切って離脱。ハイスピードのままラスト3周に入ると、服部と橋本が先輩の維持を見せて小西を引っ張り、ペースを落とすことなくゴールまで走り切りました。結果は昨年度本校がたたき出した大会記録を塗り替える3分35秒043で優勝し、インターハイの出場を決めました。チームスプリントも勝利を収め、団体競技は2種目とも制覇。午後には3㎞インディヴィデュアル・パシュートが行われ、橋本が3分41秒577で3位、大森が3分47秒749で6位となりました。

【大会新記録で優勝した4kmチーム・パシュート。(前から)小西、服部、橋本、大森】

6種目の決勝戦が繰り広げられた17日は入賞ラッシュとなりました。アタック合戦となった4㎞速度競争は、終始先頭でレースを進めた吉房暖人(デ2)がラスト200mで独走態勢に持ち込んで優勝。

【後続を突き放してゴールに飛び込んだ吉房】

ポイントレースでは力強いスプリントを見せた小西が2位、果敢に逃げを打った近藤康裕(化3)が3位表彰台をつかみました。

【ポイントレース2位の小西】
スプリントは、服部が決勝戦に挑みました。1本目はスタートから全速力で逃げを打った相手を冷静に封じ込めた服部が先着。2本目は純粋な力勝負となりましたが、最終コーナーを抜けてから伸びを見せた服部が相手を突き放し、力の差を見せつける勝利を飾りました。服部は1㎞タイムトライアルでも1分8秒301という記録で2位となり、短距離種目のエースとして奮闘しました。

【最終コーナーで相手と競り合う服部】

このほか、ケイリンでは橋本が4位、吉野太晟(建2)が5位。スプリントで吉野が4位。4㎞速度競争で小西が5位。スクラッチで大森が8位でした。
今後は8月3日から静岡県で開催されるインターハイに向けて合宿などを含め、一層ハードな練習に励みます。昨年度に引き続き優勝者を出せるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

以下にそのほかの写真を掲載します。

【優勝を飾ったチームスプリント。(前から)小西、服部、橋本】

【3kmインディヴィデュアル・パシュート3位の橋本】

【ポイントレースで逃げを打ち、3位となった近藤】

【スプリントの3,4位決定戦を戦う吉野】

【1kmタイムトライアルを走る服部】

【スクラッチで8位の大森】

【マイコン同好会】プログラミングコンテストへの道

6月23日土曜日に岡山情報ビジネス学院で行われたプログラミングコンテストの道(全4日間)にマイコン同好会1年生が参加しました。
午前中はICT業界の最前線で活躍されているさくらインターネット株式会社の江草 陽太さんの講演を聞いて、午後からはMONACAという開発環境でスマートフォンアプリの開発方法を学び、とても充実した1日になりました。
最終日には、開発したアプリの発表会もあるようなので、満足できる作品ができるように頑張って完成させたいです。