カテゴリー別アーカイブ: 部・同好会

【弓道部】インターハイ男子団体優勝🏆

8月7~10日,宮崎県都城市早水公園体育文化センターにおいて全国高校総体弓道競技が開催されました。本校からは男女団体と女子個人が出場しました。台風8号の直撃で,予定されていた公式練習が中止になり,ぶっつけ本番での試合となり波乱のスタートとなりました。初日の個人戦は各県代表の96名が争います。本校からは宮本さん(化3)が出場し,予選,準決勝を突破し決勝に進出しました。25名で行われた決勝は,1本ずつ射て外れたものから脱落します。3本目まで的中しましたが4本目が惜しくも的枠を蹴って外れ,入賞(8位)まであと一歩の10位タイとなりました。
翌日の団体予選は,女子から始まりました。5年ぶり2度目出場の女子は全国大会の独特の緊張感の中,今一つ的中が伸びずあと1本のところで残念ながら予選敗退となりました。続く男子は,女子の分まで頑張り,的中を伸ばして初のトップでの予選通過となりました。翌日からの決勝トーナメントは32校で争われますが,抽選の結果,トップ通過の2校が1回戦で対戦するという珍しい組み合わせとなり,いきなりの山場となりました。その長野日大(長野)との1回戦は,息詰まるプレッシャーとの戦いになりましたが,後半までリズムを崩さず快勝することができました。2回戦は多治見西(岐阜)に1本差で際どく勝利し,最終日を迎えました。
準々決勝は伝統の強豪校である慶應義塾(神奈川)との対戦でしたが,集中を切らさず快勝することができました。準決勝はトーナメントで高的中を連発している白河(福島)との一戦となり,お互い譲らず同的中で決定競射にもつれ込みました。ここで先手を取った本校が5人とも的中させ大一番を制し,遂に決勝進出を果たしました。
決勝戦の相手は,愛媛県の強豪新田高校でした。本校が先行しましたが,相手も粘り強く追いかけ,勝負は本校大落(おち=大将)の最後の1本に託されました。息を呑んで観衆が見守る静寂の中,放たれた矢は見事的を貫き,ここに県勢初のインターハイ団体優勝を達成することができました。
1940年(昭和15年)創部以来80年目及び令和元年という節目に,9度目の挑戦での日本一となりました。ここに至るまでに多くの方に支えていただいたことに心から感謝いたします。選手たちは戦い抜いた充実感と達成感,緊張から解放された安堵が混ざった表情が印象的でした。また予選敗退の後,一生懸命男子のサポートと応援に回ってくれた女子にとっても涙の優勝でした。
多くの保護者やOBの方々が遠路はるばる応援に来てくださり,心強くありがたかったです。また,台風の影響で会場が閉鎖になった際に練習場所を提供してくださったり,会場まで送ってくださった他県の先生方,応援してくれた多くの仲間にも心から感謝いたします。
これからもこの結果に驕ることなく,経験を次につなげて,岡山工業の名をさらに磨いていきたいと思います。応援ありがとうございました。

※下記から動画が見られます。(全国高体連弓道専門部提供)

https://www.youtube.com/channel/UCUZIeKeHRncSo6f52JeGN_g

【野球部】岡工野球部 新チームで奮闘中!!

皆様 今夏の熱い戦いに対しまして、並々ならぬ応援 誠にありがとうございました!! 岡工野球部は、とても悔しいベスト8ならずでしたが、選手一同一生懸命頑張りました。 次は、自分の進路に向けて、必死に、そして真剣に取り組んでいる最中であります。今後とも 岡工野球部を引き続き熱き応援よろしくお願いいたします。 夏休みの練習試合・公式戦の日程です。よろしくお願いいたします。 🙇‍♂️  

🌻8/1(木)高梁 12:30~W 於:岡山工G

🌻8/3(土)明誠学院 10:00~W 於:明誠学院G

🌻8/4(日)津山工 10:00~W 於:岡山工G

🌻8/6(火)西舞鶴・東舞鶴 11:00~W 於:岡山工G

🌻8/8(木)玉島商 9:30~W 於:玉島商G

🌻8/11(日)兵庫工 10:30~W 於:兵庫工G

🌻8/12(月)須磨友ヶ丘  9:30~W 於:Hotto Mottoスタジアム

🌻8/4(水)岡工野球部OB会 9:30~W 於:岡山工G

🌻8/17(土)林野 10:00~W 於:エイコンスタジアム

🌻8/18(日)高梁日新 9:30~ 小松(愛媛県)12:30~ 於:有漢球場

🌻8/24(土)岡山御津 12:30~S 於:明誠学院G (東部予選)

🌻8/31(土)関西 10:00~W 於:マスカット補助球場(東部予選)    

★岡工野球部へ、ひきつづき熱き応援 よろしくお願いいたします。

岡工野球部顧問・生徒一同

【自転車競技部】JOCで二階堂(化2)が2種目で3位

 17歳以下の選手で争われるJOCジュニアオリンピックカップ自転車競技大会U-17が8月17,18日、長野県の美鈴湖自転車競技場で行われ、二階堂輝生(化2)が2種目で3位に入るなど好成績を残しました。

二種目で3位入賞となった二階堂(後列の一番右)

 二階堂はケイリンと1kmタイムトライアルに出場しました。ケイリンでは全国大会初出場の緊張からか1回戦を落としますが、敗者復活戦、2回戦と力強い先行で1着となり、決勝戦へ進みました。決勝では残り1周半から先頭に出て、後続を一気に突き放します。最終コーナーを抜けるとロングスパートの疲労からか失速し、最後は2選手に抜かれますが、粘りの走りで僅差の3位となりました。

ケイリンのゴール前。内側で粘る二階堂

 1kmタイムトライアルでは1分8秒台を目標に掲げスタートからぐんぐんとスピードをのせます。残り1周までは7秒台も狙えるペースでしたが、苦手なスタートで力を使いすぎたせいか後半にタイムを落とします。それでも目標を達成する1分8秒288の好記録をたたき出し、3位を勝ち取りました。

1kmタイムトライアルスタート前
1kmタイムトライアルを走る二階堂

 橋本大和(土2)は3kmインディヴィデュアル・パーシュートとスクラッチに出場。3kmインディヴィデュアル・パーシュートでは自己ベストを更新する3分39秒874で7位、スクラッチでは逃げを見せるなど積極的な動きを見せましたが残り1周半で落車に巻き込まれリタイアとなりました。

3kmインディヴィデュアル・パーシュートで自己ベストを出した橋本
スクラッチを走る橋本

 今後も秋季大会、国体、新人大会と今シーズンの戦いはまだまだ残っています。気を緩めず練習に打ち込んで参りますので、引き続き応援よろしくお願いします。

~今後の試合予定~

8月31日(土) 秋季大会(玉野競輪場)

9月1日(日) 中国地域選手権(玉野競輪場)

9月29~10月3日(日~木) 国民体育大会(茨城県)

10月27日(日) 新人大会ロード(広島県中央森林公園)

11月4日(月) 新人大会トラック(玉野競輪場)

【自転車競技部】 インターハイで学校対抗4位入賞

 7月30~8月2日の4日間、インターハイの自転車競技が沖縄県で開催され、本校は主将の吉野太晟(建3)がケイリンで2位になるなど合計4種目で入賞し学校対抗で総合4位の成績を残すことができました。

学校対抗4位の賞状を掲げる吉野(前列一番左)

 ケイリンは時速50kmまで誘導員がペースを上げ、誘導員の離脱からゴールまでの着順を競うスピード感あふれる競技です。本校からは吉野が出場し、1回戦を2位、2回戦を1位、準決勝を2位と順当に勝ち上がり、6人で争う決勝へ駒を進めました。決勝ではくじ引きの結果誘導員の真後ろからレースを展開することとなりました。誘導員が離脱すると風圧を直接受ける不利な状況にもかかわらず1周半を残してスピードを上げ、レースを作ります。残り200メートルの時点で後続も追い上げを見せますが内側で粘り最後の直線へ。ゴール手前で1人に抜かされたものの、見事な先行で自身初の全国入賞、2位表彰台を勝ち取りました。

ケイリンで2位となった吉野

 4kmチーム・パーシュートには小西涼太(機3)、吉房暖人(デ3)、柏野健吾(土2)、橋本大和(土2)が出場。強風の影響で隊列が乱れたり落車したりしてタイムを失うチームが多発する中、抜群のチームワークで予選を4位で走り抜け、3・4位決定戦へ挑みました。決定戦では相手に臆することなく予選に比べて前半からハイペースを刻み、序盤の1kmではほぼ互角、2km過ぎには約1秒のリードを築きレースを折り返します。終盤にさしかかり本校に疲労が見えてくる中、相手校がラストスパート。序盤のリードを少しずつ削られ、最後は約1秒差を付けられ敗退しました。しかし、チームとして一番力を入れてきたこの種目では5年ぶりの入賞となり、また、記録は4分30秒550と10年ぶりに岡山県高校記録を塗り替える好タイムで個人種目の活躍の原動力になりました。

先頭から吉房、小西、柏野、橋本

 スクラッチには小西が出場しました。この種目は8kmで争われ、細かいルールはなくゴール着順で順位が決定することからトラック種目のロードレースとも呼ばれます。圧倒的なスプリント力を見せつけ1位で予選通過を決めた小西は、決勝でも最後のスプリント争いに向けて息を潜める作戦で勝負をかけました。レースは単発的な逃げが繰り返されるものの、強力な動きも集団が封じ込め、最終局面へさしかかります。前方で3人の選手がスピードを上げてスプリントを開始する中、集団に埋もれて反応が遅れた小西は少し離れた位置から追いかける展開に。先頭へは届かない距離に見えましたが、ぐんぐんとスピードを上げてゴール手前で先頭を捕らえました。最後は横一列でゴールへ飛び込んだものの僅差で敗れ4位入賞となりました。

集団で走る小西

 半周ごとに設けられる先頭責任の回数と着順で順位を決める4km速度競走では、橋本が果敢な走りを見せました。インターハイ初出場ながら10人で争う決勝に挑んだ橋本は抜け出した4人の先頭集団に入り損ね、苦しいレースとなります。しかし、後方から一人でアタックを仕掛け、約2周をかけ単独で先頭集団に追いつきます。先頭に加わった後も積極的にレースをすすめ先頭責任も2回獲得。一人で追い上げた際の疲労から、最終盤の優勝者の動きにはついて行けなかったものの、粘りの走りを見せて5位でゴール。先頭責任の関係で最終順位は6位となりましたが、大会記録を塗り替えるほどのスピードで争われたこのレースで初入賞を決めました。

集団前方で動きを見せる橋本

 このほか、柏野は3kmインディヴィデュアル・パーシュートで12位、吉房はポイントレースで15位、海野晃太郎(土3)はスプリントで25位となりました。

吉房
柏野
海野

 今大会は一年の中で最大目標であり、そうした大会で総合4位という予想以上の結果を持ち帰ることができました。好成績を勝ち取れた要因は、保護者をはじめとした日頃から応援やサポートをしてくださる方々の支えと目標に向けて厳しい練習に打ち込んできた部員一同の努力の成果と考えています。この経験が生徒たちの人生の糧となってくれれば嬉しいと思います。

 今後は8月中旬に開催されるJOCジュニアオリンピックカップ(17歳以下のカテゴリー)や秋に行われる国民体育大会が目標です。気持ちを切り替え、これからも良い成績を残せるよう精進して参りますので、引き続き応援よろしくお願いします。

~今後の試合予定~

8月17,18日(土・日) JOCジュニアオリンピックカップ(長野県)

8月31日(土) 秋季大会(玉野競輪場)

9月1日(日) 中国地域選手権(玉野競輪場)

9月29~10月3日(日~木) 国民体育大会(茨城県)

10月27日(日) 新人大会ロード(広島県中央森林公園)

11月4日(月) 新人大会トラック(玉野競輪場)

【弓道部】県夏季大会 兼 県知事杯 男子団体女子個人入賞

7月20日,21日に吉備津弓道場において夏季大会兼県知事杯弓道大会が行われました。この大会は3年生が出場できる最後の県大会となります。本校は男女ともAチームを2年生主体として臨みました。初日の男子の部では,的中が伸び悩んだものの、何とかAチームが踏ん張り、順位決定戦の結果3位に入賞しました。また、翌日の女子は、Aチームが4回にわたる順位決定戦の末、惜しくも入賞を逃しました。個人では宮本さん(化3)が6位に入賞しました。 会場の準備や片付けなども皆で頑張りました。 9月の新人戦に向けてこれからしっかり力を付けていってほしいと思います。OBや保護者の皆様方応援ありがとうございました。次はいよいよインターハイです。

【大会結果】
男子団体 3位 Aチーム
女子個人 6位 宮本愛子(化3) 

(次の大会)
8月7日(水)~10日(日) インターハイ 於:早水公園体育文化センター(宮崎県都城市)   
8月9日(金) 岡山市総合体育大会  於:吉備津弓道場
8月24日(土)~25日(日) 国民体育大会中国ブロック大会 於:出雲ドーム(島根県出雲市) ※岡山県選抜選手として男子3名,女子1名が出場します。

応援よろしくお願いします。

【野球部】岡工野球部 ベスト8ならず!!

 7/23(火)9:00~ 倉敷翠松 於:倉敷市営球場   

ベスト8を懸けて  

序盤から中盤にかけて一進一退の展開を演じていた。しかし、5回表に本校のミスが重なり、一挙5点を献上。さらに、7回表にもピンチからの守りにミスが出て、相手に追加点を献上した。チーム全体が意気消沈ムードになっていた時、誰ともなく奮起する声が一つ二つと沸き上がり、その裏、先頭の8番武本がセンター前にヒットを放つと、一気にチームのムードが一変。 怒濤の攻撃でいきなり5連続ヒットを放ち2点。押し出し四球や併殺崩れの間にさらに追加して一挙5点を返してもう1点差に迫ったが、もう一本が出ず、この回は5点止まりとなった。  これで一挙に試合展開・ムードが変わり、8回表をなんなく3人で抑えたその裏、またまたヒットと四球走者をバントで送り、1アウト2.3塁のチャンス。雰囲気は最高潮。しかし、このチャンスに2人の打者が連続三振に打ち取られる。この天国と地獄のような展開が野球である。  9回裏、必死の攻撃も2アウト。迎えた最後のバッターが、今までずっと野球部員を支えてきたキャプテン最上!! チーム全員が必死の応援。本人も必死のスイング。でも力!及ばず、ファーストフライに討ち取られ、ゲームセット。 キャプテン最上本人が号泣。皆も泣いていた。ここまで頑張ったのに・・・・・ 勝てると思ったのに・・・・・悔しくてたまらない。 

   でも、時間が経つにつれ、頭を切り換える生徒達。悔いがないとは言えないが、精一杯やってきた。高校野球  最高!!  保護者の皆さんも泣いていました・・・ ありがとうございました。岡工野球部!!  ありがとうございました。高校野球!! それぞれが最高の想い出を残して・・・・・進路へ向けて次のステップへ一歩進んでいた。 今まで最高の応援をしていただいた皆様 本当に熱い応援ありがとうございました!! 特に保護者の皆様 毎日毎日選手のお弁当や、休みの日には選手の送り迎えに、様々な分野で陰ながら支えていただき、心から感謝申し上げます。いろいろな日々だったと思います。 子供がわがままを言ったり、悩んだり、喜んだり、議論になったり、家族全員が青春でした。 今思えば、最高の日々でした。本当にサポートありがとうございました。                         

岡工野球部顧問・生徒一同

【野球部】やったー❗❗夏の大会2回戦突破 岡工野球部ベスト16❗岡工 3ー2 邑久 於:エイコンスタジアム

さあ~試合が始まった❗
岡工3回裏、2アウト2塁から2番三村がセカンド右に鋭い打球を放つ。その打球をセカンドがライト方面にはじき先制。しかし、4回表2アウト満塁からライト前に飛球が…懸命にライトが飛球を追うが、及ばず。2点を取られ逆転を許す。しかし、5回裏、2アウト2塁から1番三浦がセンター前にタイムリーヒットを放ち同点とする。さらに、終盤に入り、7回裏に2アウト2塁から、また1番三浦が右中間にタイムリー2塁打を放ち、逆転に成功して、3ー2 とする。先発左腕川野は終始粘り強い投球を披露。終盤7回~9回 まで得点圏にランナーを許しながら要所を抑える投球。


本当によく頑張ってくれました。僅差を制して、チームがさらに一つになった瞬間であった❗❗
この度の熱い応援本当にありがとうございました🎵また次全力で頑張ります❗❗また応援よろしくお願いいたします🎵
次の試合は7/23(火)9:00~ 倉敷球場 岡工野球部一同

【野球部】全国高等学校野球選手権岡山大会 岡山工―岡山操山

7/17(水)11:30~ 岡山工―岡山操山  於:マスカットスタジアム

岡 山 工    0 0 0 1 3 3 2   9  (7回コールド)
岡山操山  0 0 0 1 0 0 0   1

岡工野球部がいよいよ初戦を迎えた。当日は朝からナインが皆 燃えていた。
岡工野球部全員 今までの努力を最高の形にしたい!!

マスカットスタジアム到着後、早速補助球場でウォーミングアップ。相手チームより気持ちの入った元気いっぱいのアップ。すでにこの段階で一歩リードした感があった。

ゲームが始まり、1-1で迎えた5回表、ノーアウト1塁から1番三村の送りバントに対し、相手投手が暴投し、ノーアウト1・3塁のチャンス。1アウト後、足を絡ませ1アウト2・3塁から4番露口が左前打。さらに敵失などで3点を追加した。
続く6回表にも下位打線からチャンスを作り、1アウト2・3塁から2番三村がライト線へ2塁打を放ち、2点を追加。さらにチャンスを広げ、4番露口のスクイズで加点し、計3点を奪った。
最後は、武本と代打安井の連続タイムリーヒットで2点を加え、計9点を挙げた。
結果 9-1 の7回コールド勝ちを収めた。

このコールド勝ちは、久々らしく記憶にない。次の2回戦の試合も(7/20 11:30~ 対邑久 エイコンスタジアム)チャレンジャーとして挑む所存であります。

皆様 熱い応援 誠にありがとうございました。今後共にさらなる熱き応援よろしくお願いいたします。
次の試合も岡工野球部全員の力で全力で最後まで力の限り戦います。

岡工野球部 一同