カテゴリー別アーカイブ: その他

【総合的な探究の時間】デザインコンテストのアイデアを提案します

令和3年10月6日(水)総合的な探究の時間ではOCP活動として取組んでいる、「デザインコンテスト」のアイデア発表を行いました。

先週までのこの授業は、12月に応募するアイデアコンテストに向けてまずは個人でアイデアを練っていました。そして今日からはこのプログラムの最も盛り上がってくる「チーム学習」へと移行し、各自で持ち寄ったアイデアをそれぞれ提案しました。各チームにおいて最も共感を得たアイデアを自分たちのチームアイデアとし、今後はそのアイデアに手を加えながら、12月の応募へとつなげます。

この総合的な探究の時間では、課題解決学習の手法や協働の手法について、体験を通して学んでいきます。その学んだ手法を3年次での課題研究やその他の活動で活かしていくようになります。「何を学び、どこで活かすのか。」学年を超えて学んでいく…持続可能な学びとなっていきそうです。

【主権者教育】岡山市長選挙

 10月3日には岡山市長選挙がおこなわれます。岡山市長選挙啓発ポスターには本校デザイン科3年生の塩田さんのポスターが採用されています。現在このポスターは岡山駅や岡山市内を走る路面電車やバスの中でよく見かけます。本校にもたくさんのポスターを掲示して、岡山市長選挙に関する意識付けをおこなっています。各クラスや廊下、図書室、食堂などの選挙啓発ポスターの近くには、両候補者がどのような政策を実施するつもりなのか、山陽新聞の「県都と未来」から読み取ってまとめたものや、選挙公報などもポスターの近くに掲示しています。
 選挙は自分一人で決めるものですが、自分のみの利益で投票をするのではなく、どちらの候補が自分の地域社会の利益になるかという視点で投票してほしいと伝えています。自分の住んでいる地域が5年後、10年後にどのような姿になっていたら嬉しいかを考えることによって投票行動が促進されるのではないかと思っています。

【学校行事】生徒総会

本日令和3年5月25日(火)梅雨空のもと、本年度の生徒総会が放送にて実施されました。

生徒総会を簡単に説明しますと、昨年1年間の活動の総括と会計決算報告、今年度の活動と予算等についての説明があり、それらについて全校生徒から意見や要望を求め、生徒会執行部が中心となって回答し進めていくという、大切な会です。しかし緊急事態宣言下、全校生徒が集まる集会は実施できないため、昨年度と同様このような実施形態となりました。

 滞りなく終え、今年度の活動等が決まりました。いよいよ今年度も様々な行事が本格的に動き始めます。生徒教員一丸となって、前を向いて頑張っていきましょう。

【機械科】第51回機械製図検定特別表彰

全国で岡工生2名のみ受賞

製図に関する知識の習得と技術・技能の向上を目的に実施された「第51回機械製図検定」において、総受験者10,862名中25名の特別表彰該当応募者があり、協会の規定する採点基準により再審査の結果、機械科2年生の岸上大樹君と辻谷光輝君の2名のみが特別表彰の受賞者に決定しました。

特別表彰規定
◇第1次、第2次試験の合計成績が230点以上の者を審査対象とする。
◇特別表彰審査は、協会の規定する採点基準により行う。

株式会社アルバ・エル様とおかやま信用金庫様から連名で寄付をいただきました。

「おかやましんきんSDGs寄付型私募債」 による寄贈品贈呈式

  株式会社アルバ・エル様とおかやま信用金庫様から連名で「おかやましんきんSDGs寄 付型私募債」による寄贈品として「携帯型デジタルトランシーバー1組」をいただき、次の とおり贈呈式を行いました。

1.日 時 令和2年9月14日(月)15:00~
2.場 所 岡山県立岡山工業高等学校 応接室
3.出席者
株式会社アルバ・エル 代表取締役 秋山法雅【敬称略。以下同じ。】
おかやま信用金庫
 価値創造部第二部長 白神章倫
 価値創造部課長 黒原 禎 花尻支店 支店長代理 阿部祐二朗
岡山県立岡山工業高等学校 校長 文谷元信
4.寄附物品 携帯型デジタルトランシーバー 1組(2台)

(株)山陽設計様とトマト銀行様の連名で寄付をいただきました。

「学校寄付型私募債」による寄贈品贈呈式

株式会社山陽設計様とトマト銀行様から連名で「学校寄付型私募債」による寄贈品として 「デジタル簡易無線機1組」をいただき、次のとおり贈呈式を行いました。

1.日 時 令和2年9月4日(金)15:30~
2.場 所 岡山県立岡山工業高等学校 応接室
3.出席者
株式会社山陽設計 代表取締役 荒島信昭(S41 土木科卒)【敬称略。以下同じ。】
株式会社トマト銀行原尾島支店 支店長 田中創太郎
岡山県立岡山工業高等学校 校長 文谷元信 生徒2名
4.寄附物品 デジタル簡易無線機 1組(2台)

【総合的な探究の時間】~エッグドロップコンテスト開催~(2年生)

昨年度から取り組んでいるOCP(Okako Creative Project)活動として、2年生の「総合的な探究の時間」を使ってエッグドロップコンテストを開催しました。本来ならミックスホームルームで取り組む予定でしたが、コロナウイルス感染症対策から各ホームルーム単位での実施となりました。
エッグドロップコンテストとは、校舎の3階から生タマゴを落としても割れない機体(プロテクター)を作るコンテストです。
各チームに与えられた材料はA3ケント紙(2枚)とセロハンテープだけです。4人で知恵を出し合い、採点項目であるデザイン性、コントロール、スピード、そしてなによりタマゴが割れないで「きみを守る」ことができるのか…。各チーム結果にドキドキしながら楽しい取組となりました。

きょうから学校再開(6月1日)

4月20日から続いてひと月半ほどの臨時休業がようやく終わり、本日から学校が再開しました。きょうは30分遅れの始業で、とまどいを感じた生徒も多かったのではと思います。その最初ということで朝のSHRの時間を少し長めにとり、校長先生からのお話を聞いてからの始業になりました。先週までの分散登校とは様子が違って、やっと学校らしい姿に戻ったところではありますが、まだまだ予断を許せない状況は続いています。今回の事を不運と思わず、打ち勝つ強さを身につけていってほしいものです。