作成者別アーカイブ: 広報企画室

【情報技術科】高校生ものづくりコンテスト 電子回路組立部門 中国大会3連覇!

6月15日,山口県の防府地域職業訓練センターにおいて,2019年度「高校生ものづくりコンテスト(電子回路組立部門)中国地区大会」が開催されました。
制限時間2時間30分の中で,回路設計と組立,与えられた仕様を満足する制御コンピュータのプログラム作成を行い,その技術レベルが評価される競技で,情報技術科3年の山下君が岡山県代表選手として参加し,みごと優勝しました。
電子回路組立部門の中国地区大会は3連覇!
4度目の全国大会への出場となります

【野球部】⚾️毎年恒例のナイター戦

令和元年6月12日(水) 毎年恒例のナイター戦 (マスカット補助球場)

岡山工 6-4 笠岡工  18:00~  於:マスカット補助球場

各選手は燃えていた。気合いの入ったかけ声・息の合った動き・執念とも思えるプレー
どれをとっても、気持ちが漲っていた!!
試合が始まった。1-1で迎えた3回表。先頭バッター三村が四球を選び、1アウト後、香本も四球を選んだ。このチャンスに平岡・金谷涼の連続安打、さらに四球を挟んで2アウトを取られても、続く廣瀬と中川がまた連続安打を放ち、打線が繋がった結果、この回だけで一挙に大量5点を追加。まさに燃えたぎる気持ちと執念の安打であり、素晴らしい攻撃であった。このもぎ取った得点、計6点を先発三宅が3回を2失点、2番手時光が4回を2失点に抑えゲームを作り、3番手土師が1回を無失点、そして最終回に川野が1人のバッターを渾身のストレートで空振り三振に打ち取り、締めは金谷航が2人のバッターをなんなく抑え、結果6-4で快勝しました。

この試合を通じて、チームはさらに一つになった感じがしました。夏の大会がとても楽しみです。
熱い夏の大会に向けてより「投・攻・守・走」共にレベルアップさせます。一層全力で頑張ります。今後とも熱い応援方よろしくお願いいたします。

岡工野球部一同

【デザイン科】夏花壇!🌻🌻

🎨デザイン科棟前の花壇を
🌸春の花から🌻夏の花へ
デザイン科の1年生で植え替えました
😃😃😃😃😃😃😃😃😃😃😃😃😃😃
ぜひ3年生の保護者のみなさま!懇談の合間にご覧くださいませ‼️

だんごむし可愛い💕(らしい・・です)

完成!記念にパチリ📸

【野球部】⚾️6/1~6/2近況報告

令和元年6月1日(土)
岡山工 1-1 興譲館  9:20~ 於:興譲館G
先発川野が5回を被安打1,四死球4でまとめ、無難にこなした。試したい変化球が精度良く決まり、今後に明るい材料となった。打線の方は、安打は出るものの、なかなかタイムリーが出ず苦しんだ。特に重要な場面でのサインミスが最後まで尾を引いた。内容で勝っていたが結果1-1で引き分けた。

岡山工 7-3 津田(香川県)  12:00~ 於:興譲館G
2試合目、1回に打線が繋がり、一挙4点を先制。しかし、なかなか追加点が奪えず苦しんでいた状態に、相手打線がじわじわと活発になって、3点を献上。接戦のまま終盤で相手を突き放す1打が飛び出し、勢いづくと、さらに加点し、結果7-3で快勝した。
2試合共、終盤で得点出来たのは大きい収穫となった。だが、まだまだ打線の勝負強さを発揮したい。

令和元年6月2日(日)
岡山工 13-8 藤井(香川県) 10:00~ 於:岡工G
先発川野が、序盤思い切り振ってくる相手打線につかまり、6点を献上。しかしここから自軍の心に火が付き連打が生まれ、四死球も絡み、中盤に一気に逆転に成功。終盤にやや追い上げを食らったが、そのまま結果13-8で逃げ切った。大量失点からの逆転ゲームに価値を見いだす。

岡山工 7-1 藤井(香川県) 13:00~ 於:岡工G
2試合目も先発杉山と金谷航が踏ん張って、最少失点に抑えた。打線の方は、先制点を挙げた後、着実に追加点を加え、危なげなく大差で勝利した。

熱い夏の大会に向けてより「投・攻・守・走」共にレベルアップさせます。一層全力で頑張ります。今後とも熱い応援方よろしくお願いいたします。

岡工野球部一同

【野球部】近況報告

平成31年4月29日(月)
岡山工 10-3  東岡工  8:30~ 於:東岡工G
打線が繋がり、初回に2点、中盤に5点・2点と追加点を取り、結果10-3で快勝した。
岡山工  3-13 東岡工  11:00~ 於:東岡工G
2試合目、逆に本校投手が早々と相手打線に捕まり、投手交代をしても相手の勢いが止まらず、結果13-3で大敗した。
岡山工  8-5  東岡工(7回まで) 13:30~ 於:東岡工G
3試合目、1年生も何人か出場した。相手投手の乱れもあり、着実に加点して、計8点を取った。相手も踏ん張り、得点を5点取った。結果8-5で勝利した。

令和元年 5月3日(金)
岡山工 10-11 大手前高松 9:30~ 於:大手前高松G
初回から打線が爆発して、一気に7点を先制。さらに2・3回にも3点を追加し、一方的と思われたが、相手打線の粘り強さと勢いに会い、終盤に怒濤の追い上げで結果、10-11で逆転負けを喫した。
岡山工 11-12 今治工 12:30~ 於:大手前高松G
序盤はお互い静かな立ち上がりだったが、中盤にお互い打線が繋がり、点の取り合いになった。終盤まで取られ取りつつ結果11-12の惜敗に終わる。しかし、2試合とも新しい顔ぶれの選手が躍動した内容の濃い試合となった。

令和元年 5月5日(日)
岡山工 3-2 明誠学院 9:30~ 於:明誠学院G
2年生左腕杉山が先発。序盤2点を献上したが、粘り強く投げてその後は要所を抑えた。その粘投に打線も答えて終盤に3点を一気にもぎ取り、逆転に成功して3-2で逃げ切った。
春季県大会ベスト8進出 Bシードの明誠学院に勝利したのは、今後の糧になる。
岡山工 11-5 松山城南 12:30~ 於:明誠学院G
3年生金谷航が先発。本校は最近力を入れてきた打線が好調で、序盤から点を重ね5点を先制。相手も打線が踏ん張り3点を奪取。終盤に着実に追加点をもぎ取り計11点。結果11-5で快勝した。

この度は、春季県大会において熱い応援 誠にありがとうございました。
本校野球部の長い歴史の中で、県大会に2年連続で出場するという快挙を成し遂げた事、皆様の平素よりのお力添えと思っております。心より感謝申し上げます。
熱い夏の大会に向けてより一層頑張ります。今後とも熱い応援方よろしくお願いいたします。

岡工野球部一同

【野球部】⚾️春季県大会に出場決定!!

平成31年度春季高等学校野球東部地区予選 県大会出場決定戦
4/20(土) (Dゾーン2位)岡山工 4ー2 邑久(Eゾーン2位)
12:30~ 於:邑久球場
先発川野が完投。チームは序盤にタイムリーが出て1点を先制。しかし、相手打線に捕まり2点を献上し逆転された。しかし、中盤に相手投手を攻略し、再び逆転に成功した。さらに、終盤に1点を追加して、そのまま川野が粘り強く投げて逃げ切った。
結果 4-2 で勝利と共に春季県大会に出場を決めた!!🎊✨
素晴らしいのは、我がチームが大切な試合でノーエラーで守り切った事だ。それと、
2年連続で県大会に出場するという事が、今までなかった事だ。😀😀😃😀😃😃😃

この緊張感を保ちながら、春季県大会も全力で一戦一戦、戦い抜きたいと考えています。
今後共ぜひ熱い応援方よろしくお願いいたします。🙇‍♂️
岡山工業高等学校 硬式野球部一同

【野球部】⚾️平成31年度春季高等学校野球東部地区予選 4/13(土)・4/14(日)🌸

平成31年度春季高等学校野球東部地区予選 4/13(土)
岡山工 1ー4 岡山東商 10:00~ 於:マスカット補助球場
先発川野が完投。チームは1回タイムリーが出て1点を先取。しかし、序盤本校にミスが続いて2点を献上し逆転されたが、8回まで投手川野の粘投と粘り強い守備で2-1をキープ。そして、最終回に痛打を浴び勝ち越しを許す。その裏打線も粘ったが惜敗

平成31年度春季高等学校野球東部地区予選 4/14(日)
岡山工 7×ー6 瀬戸 12:30~ 於:マスカット補助球場
金谷航が先発。1回に1点を先制されるが、相手のミスもあり、すぐに大量5点を奪う。その後相手との攻防が続く。取りつ取られつしながら、苦しんだが結果、7-6で逃げ切った。これで東部地区Dゾーン2勝1敗となり、2位をキープ。

4/20(土)12:30~ 於:邑久球場 にて、Eゾーン2位の邑久高校との試合が県大会出場決定戦なので、勝利すれば春季県大会に出場が決まります。ぜひ応援方
よろしくお願いいたします

【野球部】⚾️近況報告4月6日(土)・7日(日)

平成31年度春季高等学校野球東部地区予選 4/6(土)
岡山工 5×ー4 岡山芳泉 10:00~ 於:明誠学院G
先発川野が完投。チームは序盤今年度初戦とあって、緊張で体が動かない状態が続いたが、中盤までに2点を先制。ピンチもセンター塚田が2度に渡って得点を阻止。しかし、終盤に逆転され劣勢になったが、チームの持ち味である粘りと奮起で、再逆転に成功し、その勢いで9回にサヨナラ勝ちを収めた。1点差であるが、勝利したことに価値がある。まずは1勝である。


  1. 対外試合 4/7(日)於:岡山工G
    岡山工 8-4 倉敷南  9:30~ W 於:岡山工G
    岡山工 10-5 倉敷南 12:30~
    1試合目。先発金谷航が序盤コントロールが定まらず相手打線に捕まり、いきなり3点を献上。しかし、中盤で相手のミスもあり一気に6点を取り、主導権を握った。終盤にも得点を重ね、結果10-5で逃げ切った。
    2試合目。2年生先発杉山が好投して5回まで、0-0で緊迫した試合展開となった。しかし、投手が交代と同時に打ち合いになり、攻撃が頑張った結果10点を取ったが、守備力も課題を残し、5点を献上した。結果10-5で勝利。