作成者別アーカイブ: 広報企画室

【LHR】3年生人権教育 LHR 「わたし」と「あなた」を知る~対人援助の基礎から~

6月22日(水)3年生人権教育LHR 「わたし」と「あなた」を知る~対人援助の基礎から~

川崎医療福祉大学より医療福祉学部子ども医療福祉学科の岡正寛子先生に講演をしていただきました。高校3年生の生徒は同じ年齢であり、同じ趣味を持つ人も多く、価値観は比較的似たような環境で生活しています。しかし、就職先の環境では、上司や先輩など年が大きく離れた人と関わり、同じ趣味を持つ人も今より少なくなり、これからは、価値観の違いに戸惑う経験をしていくと思います。そこで今回は、価値観の違いをどのように解決できるかをテーマに授業を行っていただきました。
最初に「ぬいとうつとこめのなやでこちぼんああさいこどうぶしほなおた」の答えは「ねこ、うし、いぬ」のどれでしょう?と問題が出ました。生徒は皆目見当がつかない表情でした。この問題の意図は、「学習障害の子どもは平仮名の区別が難しい。‘ぬ⇔ね⇔め’‘い⇔こ’などの文字が同じに見えてしまう。教室の中にいても見た目や行動はみんなと同じように普通に生活しているが、文字の判別がつきにくい人がいます。人それぞれに考え方や得意なことは異なっています。」と見え方が人によって異なることを学びました。
次に、「桃太郎のお供の3匹(犬・猿・雉)の中から、鬼退治への貢献度に応じてランキングをつけよう。その理由も考えてみよう。」という演習をグループで行いました。意見が同じになるのはなぜか?意見が分かれたとき何を優先させたか?最も優先させた価値は何か?などグループで話し合い、多数決をせずにグループの意見をまとめてみました。
ランキングも理由も多種多様であり、自分の意見を相手に一生懸命伝えようとする姿が各教室で見られました。この演習から、人と人との関わりは、「異なる価値観」を持つ者同士の関わりであることが実感でき、楽しく勉強していました。しかし、現実の社会では、異なる価値観を理解できず、さまざまな問題がおきています。その一つに「児童虐待」があり、虐待を受けている子どもの気持ち、虐待をしている親の気持ちを考えてみました。「虐待をされていても親のことが大好きな子どもが多くいること」「子どものことがかわいくてしょうがないけど虐待をしている親が多くいること」を学びました。このような社会問題を解決するためには、①自分自身で解決する②親しい人に解決してもらう③専門機関に相談するというプロセスが一つあります。しかし、誰にも相談できず、悩みを抱えこんでしまう人も多くいます。そのような状況で自分は何をすべきか、何ができるかを考えました。
生徒の中では、「子どもの時と今とでは親に対する考え方や捉え方が異なっていることに気づいた。自分が親になったとき、自分の親のように接することができるのか不安になったけど、そんなときこそ親しい人や専門機関に相談することが一番だと思った。」「周りの大人として、もし児童虐待が起きているのであれば、自分は相談に乗ることが一番だと思う」など、生徒それぞれに人権課題を自分のこととして一般化してくれていました。
最後に講師の方から、「同感は、私もそう思う」という意味であり、「共感は、自分と相手は違うことを前提として理解する」という意味であり、同感ではなく共感することが大切であると言われ、「共感の気持ちで、上司や子どもなどいろいろな人と関わっていきたい」と前向きなコメントをしてくれた生徒もいました。

【電気科】卒業生を囲む会

卒業生を囲む会が6月15日に開かれ、企業に勤める先輩方の話に耳を傾けました。 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となり、今回は、JFEプラントエンジ株式会社の安食さん、株式会社中電工の井上さん、JFEスチール株式会社の清綱さんの3名を招き、講演をしていただきました。現在の仕事内容のほか、高校時代の取り組みなども話していただき、生徒たちは真剣な表情で聞き入っていました。最後には質問にも答えていただき、今後進路を決めていく上での貴重な時間になったと思います。

【化学工学科】令和4年度高校生ものづくりコンテスト岡山県大会化学分析部門優勝

 令和4年6月18日(土)に東岡山工業高校で高校生ものづくりコンテスト岡山県大会化学分析部門が開催され見事に化学工学科3年岸本歩さんが優勝しました。本校からは同じく化学工学科3年磯野沙依さんも出場しました。岸本さんは「日頃の練習通りの力を発揮することができて良かったです。中国大会に向けて、更に練習を頑張ろうと思います。」次の中国大会は7月23日(土)に東岡山工業高校で行われます。暑さに負けず日頃の力を出してください。

【土木科課題研究】岡山道路パトロール隊産官学合同説明会をおこないました

 令和4年6月17日(金)課題研究「岡山道路パトロール隊」(産官学共同活動)班が、本校を会場に合同説明会をおこないました。

 この岡山道路パトロール隊は、本校土木科、津山工業高校土木科、笠岡工業高校環境土木科の県下3校の生徒有志が、国道の安全をパトロールする活動をおこなっており、今年で6年目となりました。この活動は昨年度、「おかやまSDGsアワード2021 特に優秀な取組」「土木学会第1回インフラメンテナンス チャレンジ賞」「国土交通省 第5回インフラメンテナンス大賞 優秀賞」と、県下の土木系学科を有する学校の地道な活動が、様々なところで評価して頂きました。

 今年度もそのバトンを引き継いだ3年生が、世紀東急工業株式会社様や国土交通省の皆様方と一緒に学び、活動していきます。
 以下その様子です。

【デザイン科】卒業生を囲む会を行いました

令和4年6月15日、6時間目のLHRで「卒業生を囲む会」を行いました。
2年生は実習室で直接講演を聞き、1・3年生はそれぞれの教室でリモート実施という、デザイン科全体での行事です。
お招きした先輩は、本校デザイン科を卒業後、大学に進学されて現在は県内のデザイン関係の企業に勤められており、高校生当時のお話や、どういった経緯で進路選択をされたのかなどを中心に講演をしていただきました。
また、当時の思い出や後輩たちに伝えたいこと、現在の仕事内容や、今考えていることなども幅広く教えていただき、生徒たちにとって大変貴重な会となりました。
講演会の最後の質問コーナーでは、次々と生徒からあがった質問に対しても非常に丁寧にお答えいただきました。

今回の講演会で聞いたことは生徒たちにとって進路を決めるうえでとても参考になりました。
お忙しい中、快く講演依頼を受けていただきまして、どうもありがとうございました。

「発輝祭」について(グローバル係と社会科)

現在本館1階から3階にかけて文化部や同好会、専門科の作品が多数展示されています。どの作品も日頃の学習の成果が見られる、すばらしい作品ばかりです。この発輝祭は新型コロナウィルスの影響で2年間中止になっていたため、在校生全員が初めての参加になります。

今回グローバル係と社会科(地理の授業内容)で、「2年ぶりの発輝祭を少しでも盛り上げるため、我々も日頃の学習の成果を展示しようではないか」と初めて参加しました。

本校はカンボジアにある「ロタ高校」「バベット高校」と姉妹校の関係にあります。カンボジアでは長引く内戦(特にポルポト派による原始共産制は学校の破壊、教科書の破棄、教師の虐殺などがおこなわれ、都市住民は強制的に農村に強制移住させた)の影響で、多くの学校がなくなってしまいました。内戦終了後、教育再生を掲げたカンボジア政府は日本の工業高校に視察に来ます。そのとき本校にもカンボジアの方が来校され、岡山工業高校とカンボジアの繋がりが生まれました。これが姉妹校を結ぶきっかけとなります。

カンボジアをはじめ東南アジアの各地には、教育問題、貧困問題、ゴミ処理問題などさまざまな地球規模の課題があります。地理の授業では、東南アジアで起きている課題を調べるとともに、どのような解決策がおこなわれているのか、SDGsの視点から調べて発表しようという授業をおこなっています。今回の発輝祭では、生徒が調べ発表した内容を展示し、またその発表資料からクイズを出し、正解者には東南アジアグッズをプレゼントしています。生徒の発表では、「カンボジアで栄養価の高い食事を提供する日本のNPO団体を紹介」「カンボジアのゴミ処理には日本の技術が使われている」など多くのことを調べ、自分なら何ができるかと考えていました。

また、台湾にある「国立岡山高級農工職業学校」(我々は「台湾の岡工」と呼んでいます)とも本校は交流しています。これは、「台湾の岡工」が「日本にある岡工」と一緒に勉強したいという想いから実現したものです。

地理の授業では、「台湾とは国なのか?地域なのか?」「台湾の企業と特徴とは?」など、台湾の地誌について勉強した内容を、グループでプレゼンテーション発表するという授業をおこないました。今回の発輝祭では、このときの発表内容を展示し、そこからクイズを出し、正解者には台湾銘菓である「パイナップルケーキ」をプレゼントしています。

今回グローバル係と社会科によるはじめての発輝祭の展示は、デザイン科2年生遠藤さんと木多さんによって素敵な展示スペースとなっています。二人とも主体的に考え、見てもらえる工夫や見やすい工夫を各所に取り入れてくれました。デザイン科で学んだことが、「発揮」されていました。

来年も日頃の学習の成果が「発揮(発輝)」された作品を見るのを楽しみにしています。

【土木科】卒業生を囲む会をおこないました

令和4年6月15日(水)5・6時間目、卒業生をお招きし「卒業生を囲む会」をおこないました。この取組は高校生のキャリア教育の一環で、今回は高校卒業後、公務員、県内ゼネコン、県外ゼネコン、大学・大学院進学へと様々な分野に進まれた4名の方々から、それぞれの仕事内容や面白さ、高校生活を振り返ってのお話しなどを、ディスカッション方式でお話し頂きました。
以下その様子です。

高校生活で熱中したことについてのお話しをきっかけに、高校生活で身につけておくべきスキルや、進路決定で悩んだこととその解決方法について話して頂きました。休憩を挟み後半は、社会人の良さや大学の良さ、所属している会社の良さなどざっくばらんに話して頂いたおかげで、生徒は真剣にメモをとりながら聞くことができました。また、最後は3年生の生徒から様々な質問もあり、ひとつひとつ丁寧にお答え頂き、あっという間の2時間が終わりました。
 先輩方はその後も学校に残り、放課後の時間を使ってもっとお話が聞きたいという3年生への対応をしてくださいました。

 ご多忙中にもかかわらず、後輩のために駆けつけてくださいました4名の先輩の皆様および、ご配慮くださいました所属されている職場や学校の皆様に心より感謝申し上げます。

【山岳部】県総体6連覇!令和4年度 県高校総合体育大会の結果

4月23日(土)・24日(日)の一次予選会では、0.6点差で3位でした。しかし、6月4日(土)に岡山朝日高校、5日(日)に新庄村毛無山一帯で二次予選会が開催され見事に逆転し、県総体6連覇を達成しました。成績等は以下のとおりです。

団体男子 岡山工業 第1位
○一次予選会メンバー
   藤井(化3)・北村(建2)・廣本(建2)・蓚(*たけかんむり)(電2)
○毛無山大会メンバー
   濱田(土3)・須郷田(土3)・岡(建2)・廣本(建2)

様々なアクシデントがありましたが、日頃の練習成果を発揮することができ、県総体で優勝するとともに、岡工山岳部の選手層の厚さを感じる大会となりました。8月5日から香川県で開催されるインターハイへの出場権を得ました。昨年度4位を更に上回る上位入賞を目指して、日頃のトレーニングに励みたいと思います。
大会男子の部では、岡工Aチーム・岡工Eチーム・岡工Fチームが同点で第1位に輝きました。上位の大会へは繋がってはいませんが、岡工が上位を独占しました。

大会男子
 ○岡工Aチームメンバー
  北村(建2)・蓚(*たけかんむり)(電2)・今村(土3)・小西(機1)
 ○岡工Eチームメンバー
  松本(電3)・柏原(情3)・眞壁(化1)・吉川(機1)
 ○岡工Fチームメンバー
  藤田(建2)・萱原(建2)・近藤(建1)・飯田(電1)