カテゴリー別アーカイブ: バスケットボール部

バスケットボール部県総体 準優勝

6月17~18日、全国高校バスケットボール選手権大会岡山県予選会(県総体)の準決勝と決勝戦が笠岡市民体育館、笠岡総合体育館で行われました。本校バスケットボール部は、商大付属高校と準決勝、学芸館高校と決勝を戦いました。残念ながら3年連続インターハイへの出場はかないませんでした。

 

6月17日(土)に行われた準決勝では、商大付属高校と対戦しました。序盤、相手に主導権を握られ、前半、33対35と岡工ビハインドで終わり、後半第3ピリオドまでほぼ互角の戦いとなりました。最終ピリオドでなんとか引き離し、68対56で勝利し、決勝進出を決めました。

 

18日(日)に行われた決勝は、昨年同様に学芸館高校との対戦となりました。出だしはお互いに互角、第2ピリオドで相手の連続得点を許し、岡工が28-36のビハインドで前半を終えました。後半に入っても終始、相手のリードで試合は進み、第4ピリオドに入り岡工がオールコートで激しくプレッシャーをかけ、追い上げましたが、54-68で敗れました。

それぞれ持ち味を十分発揮した選手、声を出し続けて選手を鼓舞したベンチメンバー、また、応援席で声援をし続けた部員、保護者・OBの方々全員に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

『臥薪嘗胆』、次のウインターカップ予選に向かい精進していきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

バスケットボール部 中国選手権大会

本校バスケットボール部は、4月22~23日津山市で行われた春季県大会において準優勝し、中国高校バスケットボール選手権大会に出場しました。

5月12~14日の日程で山口市の維新記念スポーツセンターで行われました。

12日に公開練習、開会式が行われ、13日に1・2回戦。初戦、松江東(島根)と対戦し、残念ながら60対85で敗退となりました。

この敗戦から学んだことを活かし、修正し、必ずや6月に行われます岡山県総体で結果を出したいと思います。

いつも遠くまで来ていただき、力強い応援をしていただいた保護者、OBの皆様、大変ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

バスケットボール部 全国大会出場決定

11月5日・11月6日、全国高校バスケットボール選抜優勝大会岡山県予選会の準決勝と決勝戦が玉島の森体育館、理科大学加計体育館で行われました。本校バスケットボール部は、学芸館高校との決勝戦で勝利し2年ぶり4回めとなる優勝を果たすことができ、全国大会出場の切符を手にすることができました。

11月6日(日)に行われた決勝は、県総体決勝と同じく学芸館高校との対戦となりました。出だしはお互いにロースコアの展開となり、34-22で前半終了。後半も、両チームとも強いディフェンス、リバウンド争いを見せました。最終ピリオドは相手チームの激しいディフェンスに追い上げられる場面もありましたが何とか逃げ切り、69-55で勝利することができました。

連日遠くまで応援に来てくださった保護者、OBの皆様、大変ありがとうございました。

12月22日から東京体育館で開催される全国大会での応援もよろしくお願いします。

 

 

バスケットボール部 インターハイ報告

7月30~8月2日、本校バスケットボール部は、広島で開催された全国高校バスケットボール選手権大会(インターハイ)に出場しました。

30日には開会式、31日に1回戦が行われ、土浦日本大学高校(茨城)と対戦しました。

昨年度のウインターカップ全国大会の準優勝校ということもあり、チャレンジャー精神で臨みました。立ち上がりこそ堅さがみられたものの序々にリズムを取り戻し14-16と何とか食らいつき1Q終了。2Qの途中からゾーンをしき速攻を出すがリードを広げられてから追い上げる展開となり39-32で前半を終えました。後半出だしからディフェンスをしかけ、スチールを連発し、開始2分で41対40と追いつき52-62と逆転に成功して3Q終了。4Qに入り相手の追い上げが始まるが落ち着いてゲームコントロールでき78-89で試合終了。昨年の屈辱を晴らすべく1回戦突破を果たすことができました。

翌日の8月1日、県立総合体育館に場所を移し2回戦は北海道代表の東海大札幌と対戦しました。 前半、相手の守りが堅く、また、こちらのシュートもリングに嫌われ得点が伸びず18対32で終了。後半追い上げを見せたものの届かず50対62で試合終了。

残念ながらベスト32という結果に終わりました。

遠くまで応援に来てくださった保護者、OBの皆様、大変ありがとうございました。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%94%a8

 

バスケットボール部県総体を制し、2年連続インターハイ出場へ

6月18~19日、全国高校バスケットボール選手権大会岡山県予選会(県総体)の準決勝と決勝戦が笠岡市民体育館で行われました。本校バスケットボール部は、学芸館高校との決勝戦を制し、インターハイへの出場権を得ました。
6月18日(土)に行われた準決勝では、倉敷工業高校と対戦しました。序盤から岡工優勢の展開となり、43-22で前半を終了しました。後半も着実に得点を重ねた岡工がリードを広げ83-50勝利し、決勝進出を決めました。
19日(日)に行われた決勝は、学芸館高校との対戦となりました。出だし相手のゾーンにリズムがつかめず、ロースコアの展開ながら、2Qに連続得点を決めた岡工が36-23で前半を終えました。3Qに入っても終始、岡工のリードで試合は進み、63-35で終了。4Qに入り学芸館がオールコートマンツーで激しくプレッシャーをかけてきましたが落ち着いてリードを保ちながら3年生全員出場し粘り強く守り、走った岡工が、82-59で勝利しました。
それぞれ持ち味を十分発揮した選手、声を出し続けて選手を鼓舞したベンチメンバー、また、応援席で声援をし続けた部員、保護者・OB全員で勝ち取った優勝でした。
この結果、7月30日から広島で開催される第69回全国高等学校バスケットボール選手権大会(インターハイ)への出場権を得ました。

連日応援に来てくださった保護者、OBの皆様、大変ありがとうございました。全国大会もよろしくお願いします。

インター用

 

バスケットボール部 春季大会優勝、中国大会出場

本校バスケットボール部は、4月23・24日に津山東高校体育館で行われた岡山県高校バスケットボール春季優勝大会に出場しました。
23日の1・2回戦を勝利し、24日に準決勝で倉敷工業と対戦しました。1ピリオドで39-6とリードを広げ59-22で、前半終了。後半、リードを守り、94-51で勝利しました。
決勝は学芸館と対戦、序盤で速攻がよく決まり44-16と突き放し、最終スコアは84-41で勝利しました。
この結果、5月6~8日に広島県で行われる中国選手権大会に出場が決まりました。
遠くまで来ていただき、力強い応援をしていただいた保護者、OBの皆様、大変ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

バスケットボール部 中国選手権大会3位

本校バスケットボール部は、5月6~8日に広島県立総合体育館・東区スポーツセンターで行われた中国高校バスケットボール選手権大会に出場しました。

6日は公式練習、開会式がありました。

7日に1・2回戦。1回戦の柳井(山口)戦を勝利し、2回戦に臨みました。相手は2月の中国新人大会準決勝で敗れた如水館(広島)。第1ピリオドこそ21対21と同点で終わったものの、第2ピリオドで引き離し、77対62でタイムアップ。新人大会のリベンジを果たしました。

8日には準決勝で豊浦(山口)と対戦しました。出だしこそ互角でしたが相手の強固な守りにシュートミスがつづき、終始相手のペースとなり、結果、40対65で敗れました。

この敗戦から学んだことを活かし、修正し、必ずや6月に行われます岡山県総体で結果を出したいと思います。

いつも遠くまで来ていただき、力強い応援をしていただいた保護者、OBの皆様、大変ありがとうございました。今後どもよろしくお願いいたします。

バスケットボール部 中国新人大会3位

本校バスケットボール部は、2月12日~14日にジップアリーナ岡山で開催された中国高等学校バスケットボール新人大会に出場しました。
12日に公式練習、組合せ抽選、開会式があり、13日の1回戦、山口県代表の宇部工業と対戦しました。
前半はほぼ互角の展開から徐々に岡工がリードを広げ36-27。後半に入り強いディフェンスから攻撃に展開する岡工の持ち味を発揮し点差を広げ、81-67で勝利しました。
続く2回戦は島根県代表の松江東と対戦。2Qに逆転を許し前半を33-38で折り返しましたが後半に再逆転し69-59で勝ち、ベスト4に残りました。
14日の準決勝は、広島県1位の如水館と対戦しました。
岡工のインサイド、如水館のアウトサイドの対照的な両チームの試合は最後までシーソーゲームを繰り広げましたが、一歩及ばず、68-71で敗れ3位で大会を終えました。

応援に来ていただいた保護者、OBの皆様ありがとうございました。

次の大会である、4月・津山での春季大会、5月・広島での中国選手権に向けて頑張りますのでご声援のほどよろしくお願いします。