カテゴリー別アーカイブ: 化学工学科

高校生ものづくりコンテスト中国大会化学分析部門 出場

平成29年度・高校生ものづくりコンテスト中国地区大会が

6月17日 広島県立広島工業高校にて

広島県・岡山県・山口県・鳥取県より

工業化学系学科に在籍する生徒が8名集い

「キレート滴定法により、試料水中のCaとMgの定量を行い、

各硬度を求める」という課題で競技が行われました。

本校化学工学科3年の福山皓大君が出場しました。

今回は上位入賞は叶いませんでしたが、

岡山県代表として努力を重ね、健闘した事は

良い経験になったと思います。

応援いただいた方々、ありがとうございました。

 

高校生ものづくりコンテスト岡山県大会化学分析部門 5連覇

平成29年度・高校生ものづくりコンテスト・岡山県大会が

5月27日 岡山県立岡山工業高校にて、行われました。

 

県下6校の工業化学系学科に在籍する生徒が12名集い、

「キレート滴定法により、試料水中のCaとMgの定量を行い、

各硬度を求める」という課題で競技しました。

 

本校化学工学科3年の福山皓大君が優勝。

同じく化学工学科3年の中原悠斗君が3位入賞しました。

優勝した福山君は、

6月17日・広島県立広島工業高等学校で行われる中国地区大会に

岡山県代表として出場する予定です。

 

化学工学科 「きらり輝け!岡山さんフェア2016」に参加しました

平成28年11月12日(土)、岡山県津山総合体育感で行われた「きらり輝け!岡山さんフェア2016」において岡山県下の工業高校を代表し、研究成果を発表させていただきました。
発表内容は「地域と共に学ぶ 遺伝子リテラシー教育」です。
岡山工業高校 化学工学科で取り組んでいる大腸菌のオワンクラゲの緑色蛍光タンパク質を導入し、光らないはずの大腸菌を光らせる実験について発表しました。
一般的には難しい内容なので、親しみを持って理解していただけるよう、着ぐるみを使って発表するなど、工夫しました。
発表を聞いて下さった皆様、ご来場していただき、ありがとうございました。

copyp1270499 copyp1270495 copy-p1270507 copyp1270497

化学工学科 「2016 京山祭 科学キッズフェスティバル」参加

平成28年12月11(日)、岡山県生涯学習センターで行われた「2016京山祭 科学キッズフェスティバル」に工業化学科が参加しました。

岡山県のキャラクター「ももっち」「うらっち」だけでなく、「さるっち」「いぬっち」「きじっち」などのプラ板を用意させていただき、キーホルダー製作のサポートをさせていただきました。

当日は100名以上の幼稚園~小学生の皆さんとその保護者の方々に、ご来場いただく事ができました。

沢山のご来場、ありがとうございました。

copyimg_2222

dsc_0144

copydsc_0142dsc_0145copyp1040881dsc_0146

 

化学工学科 全国ものコン優勝の藤本君 Radio MOMO出演

11月22日(火)、Radio MOMOパーソナリティーの河田奈央さんが、再び来校され11月13日〔日〕に行われた「第16回高校生ものづくりコンテスト全国大会(北海道)化学分析部門」で優勝した化学工学科3年 藤本一斗君に対して、優勝するまでの練習や、競技の様子などを取材していただきました。

radiomomo%e5%8f%96%e6%9d%90%e8%97%a4%e6%9c%ac%e4%b8%80%e6%96%97

化学工学科 RSKラジオ生出演 

11月15日(火)18:10からの、RSKラジオ「岡山ニュースの時間」に化学工学科3年藤本一斗君が生出演しました。
坂 俊介アナウンサーの質問に答えて、高校生ものづくりコンテスト全国大会化学分析部門で優勝するまでの練習の様子や競技内容、大会当日の意気込み、第1位の成績発表の瞬間の気持ちなどについて話しました。

20161115_173525 20161115_181515_lls 20161115_181948_lls

化学工学科 日本一の栄誉!高校生ものづくりコンテスト化学分析部門

全国の高校生が一堂に会して、技術・技能を競う「高校生ものづくりコンテスト」の全国大会(主催:全国工業高等学校学校長協会)が開催され、県立岡山工業高等学校化学工学科3年生藤本一斗君が化学分析部門に出場し、見事全国優勝しました。藤本一斗君には文部科学大臣表彰等が授与されました。(県立岡山工業高等学校の化学分析部門出場は2回目。初優勝!)

今大会は、9ブロック10名が出場(1名棄権)。
今年度の課題は難しく、出場9名中3名しか制限時間内に分析を完了することはできなかった。
藤本君は日頃から練習している経験や知識から、分析途中に試料に含まれる物質の濃度を推定し分析時間の短縮を図り、終始落ち着いて分析作業を終えることができ栄誉を勝ち取った。

p1090706 p1090693 p1090702

p1090814 p1090812 p1090826 p1040825

 

 

化学工学科 RadioMOMOに出演

10月27日(木)、RadioMOMOの取材がありました。
今回取材を受けたのは、化学工学科3年 藤本一斗君です。
藤本君は、11月12日(土)~13日(日)に、北海道札幌市で行われる「第16回高校生ものづくりコンテスト全国大会(北海道)化学分析部門」に中国地区代表として出場します。
RadioMOMOパーソナリティ河田奈央さんの質問に対し、全国大会に向けての意気込みと練習の状況を話しました。
11月10日(木)8:00~RadioMOMOで放送されます。お楽しみに

p1090635

p1090638