岡山県立岡山工業高等学校

OKAYAMA TECHNICAL HIGH SCHOOL

専門科紹介

化学工学科 繊維や薬品など製造の化学から 環境を守る化学までを学びます。

石油や鉱石からガソリンやプラスチック、繊維、薬品などを作るのが化学工業です。化学工業のおかげで、私たちは快適で便利な生活を送ることができます。しかし一方、水や空気の汚染、地球の温暖化のように、かけがえのない地球に大きな負担をかけることになってしまいました。化学工学科では、環境に関する内容をたくさん取り入れ、地球にやさしい化学工業のありかたを学習し、これからの社会に役立つ人材を育成しています。

化学工学科のTOPICS
高校生ものづくりコンテスト 全国大会優勝
第16回高校生ものづくりコンテスト岡山大会で、第1位に藤本一斗君、第3位に德田行哉君のいずれも3年生が入賞し、4連覇を達成しました。また、藤本一斗君は岡山県立水島工業高等学校で開催された中国大会でも優勝し、11月に北海道札幌琴似工業高等学校で開催された全国大会でも優勝することができました。全国優勝は本校では初めてのことです。 第16回高校生ものづくりコンテスト岡山大会で、第1位に藤本一斗君、第3位に德田行哉君のいずれも3年生が入賞し、4連覇を達成しました。また、藤本一斗君は岡山県立水島工業高等学校で開催された中国大会でも優勝し、11月に北海道札幌琴似工業高等学校で開催された全国大会でも優勝することができました。全国優勝は本校では初めてのことです。
専門科目

●工業化学:化学の基礎と工業との結びつきをしっかり学びます。(1、2、3年)

●化学工学:化学工業での設備(プラント、メカニズム、機械設備)について学びます。(2、3年)

●地球環境化学:大気・水・土壌などの環境汚染の現状・分析・対策などについて学びます。(2、3年)

●セラミック化学:セラミックの基礎と新素材について勉強します。(2年)

●バイオ化学:バイオテクノロジーの基礎と工業や環境への活用法を学びます。(2年)

●課題研究:自らが研究したいテーマを考え、1年間を通してその問題を探求していきます。(3年)

進路状況
化学工業には、石油・プラスチック・電力・鉄鋼・繊維・薬品・バイオなどの幅広い分野がありますが、卒業生は、化学技術者として各分野で高い評価を受けています。また、大学へ進学後、企業や大学院で化学や環境の開発研究者として活躍する卒業生もいます。

●主な就職先三井化学/ホンダエンジニアリング/関西ペイント/旭化成/JXTGエネルギー/三菱ケミカル/三菱マテリアル/三菱自動車/日本合成化学工業/明星産商/オハヨー乳業/日本触媒/デンソー/カネカ/クラレ岡山/大阪ソーダ/三造試験センター/源吉兆庵など

●主な進学先徳島大工学部/香川大工学部/徳島文理大/千葉工業大/金沢工業大/大阪工業大/広島工業大/東海大/大阪体育大/名城大/岡山理科大/倉敷芸術科学大/川崎医療福祉大/環太平洋大/米子工業高等専門など

取得可能な資格
危険物取扱者(甲種,乙種4類他)/ボイラー技士(2級) 公害防止管理者/高圧ガス製造保安責任者 消防設備士/情報技術検定など
各種コンテスト
・ものづくりコンテスト化学分析部門入賞 ・こども祭りボランティア活動 ・善行表彰(日本善行会・岡山PTA連合・岡山西警察署)受賞など
卒業生メッセージ

社会人になるための土台をつくれるところ

岡工で過ごした高校生活は、私にとって貴重な3年間でした。勉強や部活動はもちろんですが、化学工学科では、専門教科の面白さを学び興味を持って、知識を身に付ける事が出来ました。また、体育祭や岡工祭などの学校行事では、生徒が中心となって、一から作り上げて行くため、やり甲斐と達成感があります。集団活動の中で、自分の意見を主張する事や、技術や研究成果を発表する機会など、自分磨きの時間を、楽しく過ごす事が出来ます。岡工は社会人になるにあたっての土台を作ってくれる素晴らしい学校です。オープンスクールでは、その一部ですが体感出来ると思います。是非参加してみて下さい。 
Copyright © 岡山県立岡山工業高等学校 岡工 All rights reserved.
掲載の記事・写真及び、図版の無断転記を禁じます。すべての著作権は岡山県立岡山工業高等学校に帰属します。