岡山県立岡山工業高等学校

OKAYAMA TECHNICAL HIGH SCHOOL

専門科紹介

建築科 住みやすい住居・建物から都市空間までの、 設計や施工を学びます。

住宅や一般の建築物をはじめ、都市全体の計画から完成までが建築の仕事です。一つの建物が完成するまでには、企画・計画・設計・施工など、多くの段階の仕事があります。そのどれもが大切な仕事です。建築科では、材料・構造・設計など建築の基礎知識を学び、将来、建築関係の技術者として活躍できる人の育成を目指しています。また、卒業後3年の実務経験を経て、2級建築士、2級施工管理技士の試験が受験できます。

建築科のTOPICS
第53回岡山県工業高校建築設計競技会
毎年夏に行われる設計競技会は、県内建築系学科4校から選抜された3年生20名が参加し、4時間で設計を行う競技会です。2年連続で最優秀賞を受賞しました。

●最優秀賞受賞 山﨑真愛さん(真備東中出身)●優秀賞受賞 佐藤歌弥さん(岡輝中出身)、北口幸輝君(竜操中出身)

平成29年度日本建築学会中国支部優秀卒業設計作品コンクール
建築科の生徒にとって最も重要な課題、それが卒業設計です。約半年を掛けてA1ケント紙10枚の図面を仕上げます。中国地区の審査会へ各校から4作品を応募して、本年度は4作品全てが最優秀賞に輝く快挙を成し遂げてくれました。
●最優秀賞 佐藤歌弥さん(岡輝中出身)●最優秀賞 宮川裕右君(日生中出身)●最優秀賞 市川小夜子さん(香和中出身)●最優秀賞 吉原知穂さん(御南中出身) 第24回ワンデーエクササイズの取組
岡山県内で建築を学ぶ大学生、専門学校生、工業高校生を対象とした、設計とプレゼンテーションを競う「ワンデーエクササイズ」に、本校建築研究同好会が高校生としては毎年参加しています。今年は「両備賞」を受賞しました。 第8回高校生の建築甲子園ベスト8入賞!!
今回の課題は、「地域のくらし~空き家を活かす~」でした。私たち建築科3年課題研究コンペ班は、身近な「奉還町商店街」をテーマに、商店街に人が集まる仕組みを考え図面化しました。
専門科目

●建築構造:建築物の基本構造、建築材料とそれに伴う構造、建築物の保守と防災について学びます。(1、2年)

●建築施工::実際の建築工事の過程や工事方法、工事用の機器・器具、関係する技術者、工事見積などに関する知識と技術を学びます。(2、3年)

●建築構造設計:建築構造物に加わる各種の力、建物の安定した構造、材料の強度など、建築物の安全性について学びます。(2、3年)

●建築計画:建築の歴史、形態や色彩、気候との関係、設備、一般住宅、集合住宅、都市計画との関係など建築物を作る際の諸問題について学習します。(1、2年)

●建築法規:建築に関係する各種の法律を学びます。(3年)

進路状況
建築会社や住宅関連会社で、設計・監理・施工の技術者として活躍しています。設計事務所に入る生徒もいます。公務員として勤める卒業生もいます。中には棟梁を目指して大工になる生徒もいます。また、より高い技術を学ぶために、上級学校へ進学する生徒も多くいます。

●主な就職先 アイサワ工業/アイムコラボレーション/荒木組/大本組/きなりの家/岸本建設 山陽設計/坂本工務店/重藤組/清水建設/匠和/積和建設/タウンハウス 中国建設工業/戸田建設/なんば建築工房/福富建設/藤木工務店/藤田建築設計事務所/ミサワホーム中国ほか

●主な進学先 名古屋工業大学/岡山県立大学/千葉工業大学/東京理科大学/日本工業大学 名城大学/愛知工業大学/京都精華大学/成安造形大学/大阪工業大学/摂南大学 近畿大学/岡山理科大学/倉敷芸術科学大学/福山大学/広島工業大学 西日本工業大学/明石高専/呉高専/京都建築大学校/大阪工業技術専門 岡山理科大学専門ほか

各種コンテスト
・大学•専門学校主催コンペ ・岡山県工業高校建築設計競技会 ・日本建築学会中国支部優秀卒業作品表彰 ・岡山県建築士事務所協会優秀卒業作品表彰 ・岡山県建築設計クラブ「ワンデーエクササイズ」など
取得可能な資格
2級施工管理技士(学科)/測量士補/計算技術検定/情報技術検定/レタリング技能検定/トレース技能検定/危険物取扱者(乙種)/ボイラー技士(2級)など
卒業生メッセージ

自分の仕事に誇りを持って働いています

岡山工業高校は就職、進学ともに充実していて自分のやりたいことを見つけるためにとても良い環境だと思います。私は就職をして建築の仕事はとても大変で辛いと思う時もありますが、建物が完成した時の達成感は素晴らしかったです。また、自分が関わった建物が地図に残ると思うととても誇らしいですし、とてもやりがいを感じます。これからも自分の仕事に誇りを持って仕事をしたいです。 
Copyright © 岡山県立岡山工業高等学校 岡工 All rights reserved.
掲載の記事・写真及び、図版の無断転記を禁じます。すべての著作権は岡山県立岡山工業高等学校に帰属します。