卓球部団体戦 関西高校(優勝校)に対して善戦

 6月6日(土)、「きびじアリーナ」で行われた岡山県総合体育大会兼全国高等学校卓球大会県予選の団体戦において、岡山工業高校の卓球部は優勝校の関西高校に対して善戦しました。

 1回戦は城東高校に3-0、2回戦は総社高校に3-0で勝利を収めた後に、ベスト8入りをかけた3回戦で今回優勝した関西高校と対戦しました。最初のシングルスで主将の木山 誉彬(電気科3年)君が1ポイントを取り、木山 誉彬・木山 翔平(機械科2年)が組んだダブルスでは最初の2セットを奪ってリードしましたが、最後に惜しくも逆転されました。結局、1-3のスコアで敗れましたが、全試合を通じて関西高校からポイントを奪ったのは岡山工業高校だけで、この健闘に対して会場からは惜しまない拍手が鳴り響きました。

  table-tennis

                      木山 誉彬・木山 翔平  ペア