自転車競技部 平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)

「平成29年度全国高等学校総合体育大会 自転車競技大会」が7月27~30日、福島県を舞台に開かれ、本校からは7人が出場。個人種目では細中翔太(電3)が念願の全国大会初優勝を手にしました。

[表彰台の頂上で笑顔を見せる細中]

 

27~29日はトラック競技がいわき平競輪場(福島県いわき市)で行われ、初日の27日は、一番力を入れてきた団体種目「4km団体追い抜き」の予選に岡﨑大志(土3)、岡村郁弥(土3)、晝田宗一郎(土3)、細中が出場。強豪校の好タイムに触発されるように序盤からハイペースを刻みますが、中盤に入ると疲れが見え始め、ラップを維持できず4分36秒119でフィニッシュ。全体でも14位となり、悔しい結果となりました。

[4km団体追い抜きスタート前。緊張した表情を見せるメンバー]

 

トラック最終日の29日は個人種目の決勝戦が繰り広げられ、「4km速度競争」に細中が挑みました。序盤から勝負を仕掛け、予選、準決勝ともに1着で勝ち上がった細中。決勝では戦法を変え、後半勝負のために集団内で息を潜めます。残り4周、アタックを仕掛けた他県の選手を追うように飛び出した細中は、勢いそのままに先頭に立ち、独走を開始。最後は後続を数十メートル引き離す圧巻の走りで全国大会初優勝を成し遂げました。このほか、選抜大会覇者として「スクラッチ」に出場した岡村は、集団スプリントの末、惜しくも9位。「1kmタイムトライアル」で優勝を狙った晝田も8位の選手に0.039秒及ばず、9位となりました。

[独走でゴールを目指す細中]

[スクラッチ決勝。集団で走る岡村]

[苦しそうな表情でペダルに力を込める晝田]

 

 今大会は、優勝者が出たものの、他の種目では力及ばず、下位入賞すら逃してしまいました。今後は大会を通じて感じた弱点を克服することが一番の課題になります。国民体育大会など、今年度の残された大会でリベンジできるよう、これからも頑張って参ります。

 

そのほかの結果や写真を以下に掲載します。ぜひご覧ください。

 

[ポイントレース。岡﨑 20位]

[3km個人追い抜き。安光大樹(電3) 3分42秒425 17位]

[ケイリン。橋本凌汰(土2) 2回戦敗退]

[スプリント。服部幸之助(情3) 11秒557 17位 予選敗退]