カテゴリー別アーカイブ: 奨学会(PTA)

奨学会進路指導委員会が工場見学を実施しました

三井造船株式会社見学集合写真藤原先生抜き20131210[1]12月10日(月)、奨学会の進路指導委員会が、三井造船玉野事業所で工場見学を行いました。
参加人数は11名と少なかったのですが、6万トン級の貨物船を作っている現場を間近で見学したり、家ほどもあるディーゼルエンジンの試運転を見学したりと、大変貴重な体験をすることができました。

見学後は、卒業生の話を聞くことができ、その成長ぶりに目を見張りました。寒い日でしたが、その寒さを忘れさせる有意義な体験のできた1日でした。

参加された保護者の皆さま、ご案内いただいた三井造船玉野事業所の皆さま、ありがとうございました。

奨学会バザーへのご協力ありがとうございました

11月9日(土)の岡工祭一般公開で、恒例の奨学会バザーを開催しました。 当日は例年と同様に盛況で、多数の保護者の皆様から提供していただいた品物が、ほぼ完売となりました。

DSC_1349DSC_1350

また、10月3日(火)に行われた体育祭では、パン・飲み物の販売を実施しましたが、こちらも完売でした。

奨学会総務運営委員会一同、皆さまのご協力にお礼を申し上げます。これらの収益金は部活動推進のために有効に活用させていただきたいと考えています。

奨学会(PTA)進路指導委員会ニュースを掲載

奨学会の進路指導委員会が発行している「進路指導委員会ニュース」を、創刊号から最新第10号まで掲載します。(PDFファイルが開きます。少し時間がかかります。 第5号、第8号は掲載していません)

 

奨学会(PTA)評議員会を開きました

6月4日(火)15:00から、奨学会(PTA)第1回評議員会が開催され、役員、評議員の皆さん約40人が参加しました。

P1070736 P1070743 P1070747

総務運営、生徒指導、進路指導、管理厚生、図書情報の5つの委員会ごとに、平成25年度の事業計画が話し合われ、次のような活動計画が報告されました。

総務運営委員会

体育祭でのパン販売、岡工祭でのバザーをいっそう充実させる。各種研修会に積極的に参加する。

生徒指導委員会

列車保導、市内保導に1人3回程度参加する。他校のPTAの方とも交流を深める。
進路指導委員会 進路委員会ニュースを定期的に発行する。記事に保護者の生の声を反映させる。
工場見学に参加し、その様子もニュースで発信する。
管理厚生委員会 生徒がAED講習に参加できるよう、委員会として考えていく。岡工祭では保護者のブースを作って展示する。
図書情報委員会 委員全員が、図書だよりに投稿する。委員会独自の集まりを設ける。県立図書館のバックヤード見学、年末の図書館整備に積極的に参加する。

P1070748 P1070752 P1070755

今年、転勤してこられた先生が、「楽しそうに話をしとられるなぁ」と思わずつぶやいてしまうほど、和気あいあいとした雰囲気の中にも真剣な話し合いが続きました。

お忙しい中参加していただいた役員、評議員の皆さまありがとうございました。

自動体外式除細動器(AED)の講習会を実施しました

5月21日(火)午後、本校柔道場で自動体外除細動器(AED)講習会が行われ、職員と奨学会(PTA)の保護者約20名が参加しました。

講師をお願いした日本赤十字社岡山県支部の小長光さんと山本さんから、心肺蘇生の方法やAEDの使い方の説明と模範演示があった後、3人1組のグループに分かれて、実技練習を行いました。

周囲の安全を確かめる、倒れている人に大きな声で呼びかける、周りの人に協力を求める、心肺蘇生をする、AEDで除細動を行うなど、救命のための一連の手順を体験しました。

ひととおり体験した後、「心肺蘇生の経験のない生徒がAEDを持ってきた」という設定が急きょ用意され、参加者たちは突然のハプニングにとまどいながら、必死で「救命」にあたっていました。約2時間の講習がとても短く感じられました。

P1070558 P1070552 P1070565

P1070602 P1070603 P1070604

P1070605 P1070607 P1070608

指導していただいた小長光さん、山本さん、ありがとうございました。今日の講習をいざというときのために活かしたいと思います。

奨学会(PTA)総会を開きました

5月14日(火)の午後、奨学会(PTA)総会が行われました。

総会は、樋口会長の、「岡工の生徒はみんな我が子、という思いで活動してきました。子どもたちの安全と充実した高校生活のために、これからもがんばりましょう」という挨拶で始まりました。

P1070495 P1070499

議事では、

  1. 平成24年度会務報告
  2. 平成24年度決算報告並びに監査報告
  3. 役員の改選並びに評議員の承認
  4. 奨学会雇用職員の給与に関する規定(案)
  5. 平成25年度事業計画(案)
  6. 平成25年度予算(案)

について話し合われ、いずれも拍手で承認されました。

P1070509 P1070510

P1070515 P1070521

総会の前には授業参観、総会後には学年別進路説明会も行われ、多くの保護者の方が参加してくださいました。夏を思わせる暑さの中、学校に足を運んでいただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。

奨学会 理事・評議員会を開催しました

4月30日(火)の午後、奨学会(PTA)の理事・評議員会を開催しました。

理事・評議員会は15:00から始まりました。議案は次のとおりでした。

  1. 平成24年度会務報告
  2. 平成24年度決算報告並びに監査報告
  3. 役員の改選について
  4. 奨学会雇用職員の給与に関する規定について
  5. 平成25年度事業計画について
  6. 平成25年度予算について

いずれの議案も拍手で承認され、奨学会総会に原案のとおり提案されることになりました。

P1070043 P1070045
続きを読む

奨学会主催の震災ボランティア報告会を行いました

12月20日(木)の午後、奨学会(PTA)主催の「震災ボランティア報告会」が、百周年記念館で開催されました。

3.11の震災から1年9ヶ月、被災地のために出来ることは何かという模索の中で企画された今回の報告会。奨学会の保護者の方や本校職員など約40名が参加しました。報告したのは、電気科の万波先生です。先生は、震災の50日後に初めて被災地に入って以来、岩手、宮城、福島各県で計8回のボランティア活動を続けています。また今年3月には、卒業したばかりの生徒5人とともに宮城県でボランティア活動を行いました。

報告では、先生が被災地ボランティアを始めたきっかけに続いて、これまでの8回に及ぶ活動が紹介されました。畑や住宅のがれき撤去、津波に遭った墓地の片付け、現地の方の憩いの場作りなどの作業の様子が紹介されました。先生は、「うれしかったこと」として、岡山県の工業高校の建築科が協力して、「まごころベンチ」を贈ったことを挙げられていました。

震災後、月日が経過する中で、ボランティアに求められるものは、がれきの片付けなどのハード的な作業から、生活を助け、潤いをもたらすような施設や行事づくりなどのソフト的な内容に次第に変化しているそうです。報告の最後で先生は、被災地から遠い私たちにとって何より大切なのは、震災を忘れないこと、被災地とつながり、寄り添うことだと話されていました。

報告後、お子さんをボランティアに送り出した電気科卒業生の保護者の方お二人が、「心配したが、参加させてよかった」とお話しされていたのがとても印象的でした。