【進 学】

 今年度は、進学者のうち、約7割が大学・短大・高専に進学し、残り3割が専門学校へ進学しています。例年よりも大学等への進学が多くなっています。受験方法は、指定校推薦入試・専門高校(工業高校)対象の推薦入試・一般推薦入試・AO入試など、多岐にわたっています。

■進学状況の特徴
◎大学・短大・高専

・進学する学部は工業高校の性格上、工学部が多いですが、デザイン科では、ほとんどの生徒が芸術系の学部へ進学します。
・その他では医療(臨床工学)・栄養系への進学が増加する傾向にあります。
・また、部活動関係では、スポーツ推薦で進学する生徒もいます。

◎専門学校

専門学校への進学は、主に次の2系統に分けることが出来ます。
1 高校の専門を生かした進学・・・(芸術・デザイン系への進学・情報系への進学)
2 専門的な技術を修得できる専門学校への進学・・・(2級自動車整備士・2級建築士・認定眼鏡士・看護師・放射線
                           技師・保育士理学療法士・柔道整復師・調理師など)

【留意事項】

(1) 近年、国公立大学の中には、工業高校に門戸を開いている大学が多くあります。その結果、工業高校生を対
 象にした入学定員も増えており、高校入学後、早い時期から準備を始めれば、それらの国公立大学への進学も
 十分に可能です。また、岡山県立大学のように、センター試験を課さない入試での受験が可能な国公立大学も
 あります。今年度は早い時期から準備をした結果、国公立大学に9名の生徒が合格しました。

(2) 岡山工業高校では、進学を保証するために、2年次から数学・英語を、3年次には数学・英語・物理を選択
 科目として受講できます。また、放課後、進路補習を行っており、1年次から取り組むことで、学力の向上が
 望めます。

(3)専門学校へも多くの生徒が進学していますが、進学するに当たって、進学する専門学校の専門分野、その専
  門分野に対する自分の適性について、しっかり考え、周りに相談し 、更に学校選びでも、オープンキャンパ
  スや学校説明会に何度も足を運んで、納得のいく学校を選びをしています。