−硬く冷たい鉄に、思いが伝わるような気がします−

 

 

 

 機械科は本校創立時から設置された、歴史と伝統をもつ科です。機械設備は産業のあらゆる場面で欠かせません。昔は熟練した技術者が動かしていた機械も、今はコンピュータが制御します。
 機械科では機械設備についての基礎から最新技術までを実験・実習を通じて体験的に勉強します。またより高い技術を目指して、大学などへの進学を希望する生徒に対して、専門科目の一部を普通科目との選択にしています。

 

 

 

●専門科目

 

●機械科の関連情報

 

 

 

機械製図
1年では、製図の基礎的知識・技術を習得し、製作図を正しく理解し、作成できる能力を身に付け、基礎製図検定合格に向けて頑張ります。

2年では、種々の機械部品の製図について学び、機械製図検定合格に向けて頑張ります。

3年では、設計製図として機械全般について総合的な知識を身に付け、製図コンクール出展に向けて頑張ります。

機械設計
機械に必要な部品、役割、材料などの機械設計の基本を学びます。(1,2,3年)

機械工作
各種の機械に使われる材料とその加工法を学びます。(2,3年)


原動機
ガソリン・ディーゼルエンジンなどの原動機、またポンプ・水車などの流体機械について学びます。(2年)

生産システム技術

機械設計に必要な電気・電子情報技術など基礎知識を総合的に学びます。(2年)

 

・機械科の実習内容の紹介
・進路に関するページ
 NEW!
・卒業生からのメッセージNEW!
ものづくりコーナーのページ
機械科生徒の活躍(ブログ記事

 

 

 

 

 

 

 

 

旋盤作業