Quality of Teeth 〜ずっと噛みしめていたい〜

会場見取り図



準備の様子


学校歯科医の難波先生に抜歯した歯をいただき、歯の溶解実験をしました。
実験後も、歯にどのような変化が起こっているかのアドバイスをいただきました。

  
  

コーラやワインの変色は、その液体自体の着色ではなく、むし歯であること等を教えていただきました。
難波先生、ありがとうございました!

歯の巨大模型を作成中。
歯の形に切った発泡スチロールの表面に水で濡らした半紙を貼って歯を作り、
歯ぐきは段ボールで作成しました!

  

巨大な歯も作成。
歯によって歯ブラシのどの部分を使って磨けばよいかをわかりやすくするために、色分けをしました。

  

立体的に展示物を見せるために工夫したり、わかりやすくするために、図やイラストを入れた展示物を作成しました。

  

  

景品のミサンガも作りました。
今年度からは、ミサンガだけでなく、キャンドルやぽんぽんも景品として用意しました。

  



完成!!

   

    

準備の様子

  

  

   

   

  

  


      保健委員長より
      

     今年度も各班の班長が中心となり、学年や科を越えて、皆で協力し合い、仲良く和気藹々と作業に
    取り組む事ができ、これまで以上に団結力が深まったことで、良い展示発表にすることが出来ました。

     その結果、大勢の方々が展示を見に来て下さり、部・同好会・委員会の展示発表部門で最優秀賞を取る
    ことが出来ました。展示を見に来て下さった方からのアンケートには、「歯を大切にしようと思った。」
    「毎年工夫がされていて、すごく勉強になっています。」「毎年楽しみにしています。」      
    など、たくさんの言葉をいただきました。

       私たちも、今回学んだことを活かしながら、自分の歯を大切にし、きれいな歯を保てるようにしていきたい
    と思います。そして、これからこれからも岡工生の健康のために保健委員会一丸となり頑張っていきたいと
    思います。