岡山工業高校は1901年(明治34年)に岡山県下初の工業学校として設置認可されました。その後、1914年(大正3年)に設立認可された岡山市立岡山工芸学校と統合し、現在の岡山県立岡山工業高等学校となりました。
 
1901年(明治34年) 岡山県立工業学校設立認可
1902年(明治35年) 岡山市南方に校舎竣工・開校
1914年(大正 3年) 岡山市立岡山工芸学校設立認可
1945年(昭和20年) 空襲により校舎焼失
1949年(昭和24年) 両校を統合し岡山県立西高等学校となり、南方校舎・東古松校舎と称す
1953年(昭和28年) 校名を岡山県立岡山工業高等学校に改称
1960年(昭和35年) 現在の岡山市伊福町の校舎に移転統合
2001年(平成13年) 創立100周年記念式典挙行
2011年(平成23年)
 創立110周年記念式典挙行
 
 
岡山県立岡山工業高等学校 〜開校から現在まで〜



もどる